「渾身の日本料理」がここにあった! 1日5人だけしか経験できない、おもてなしの舞台は「店主の邸宅」

2018年01月10日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 東京
  • 日本料理
  • 隠れ家
  • 会員制
  • プレミアム記事
「渾身の日本料理」がここにあった! 1日5人だけしか経験できない、おもてなしの舞台は「店主の邸宅」
Summary
1.1日5〜6人だけしか経験できない、おもてなしの舞台は“店主の邸宅”
2.シェフの家に招かれた人のみが知る、究極の“大阪料理”とは
3.完全会員制の「浪速割烹」に読者限定で入店できる特典あり!※期間は2018年2月28日まで

住所・電話番号を公表しない店主のワケ

東京・某所の住宅街にある、小さなランプの灯る民家。レストランの面影を一切感じさせない、こちらの邸宅が今回の舞台だ。看板など一切なく住所も電話番号も非公開。チャイムを鳴らせるのは、限られた人だけ、というヒミツの隠れ家である。

「1階がレストラン、2階が僕の住まいなんです」と話すのは、店主の橋元健さん。大阪・法善寺横丁で愛され続ける老舗『浪速割烹 喜川(きがわ)』で修業後、西麻布に1日1組限定の『二戀(にこ)』をオープン。星付きレストランとして名を馳せた後、2017年から住居兼レストランとして、この地でひっそりと『八雲 はし元』を開いた。

「築50年の家をフルリノベーションしました。自宅のリビングで寛いでいるような空間の中で、ホッと息をつくことができる料理店を創りたかったんです」と、住所非公開の理由について柔らかい物腰で話す橋元さん。

華々しい経歴の持ち主だが、大阪出身とあってお話し上手。一度会員になれば、「会員制割烹」という敷居の高さが拭い去られ、何度も通いたくなってしまう。

“真の隠れ家”で過ごす特別な時間は、女将の真心からはじまる

江戸時代の旧家から引き継いだという和箪笥に欄間、格子戸など年期の入ったアイテムが、洋間のリビングにしっとりと馴染む。

邸宅だけあって開放感あふれる空間だが、「実際に来て見て、楽しんでほしい」という橋元さんのお言葉通り、体験した人だけがその滋味深い空間にハマり込んでしまうらしい。

さて、漆黒のカウンターに着くと、抹茶を点てるような心地良い音色とともに、甘い香りに包まれ、期待感が一気に高まる。

女将の直美さんが点てているのは、コース料理の1品めに供される “座付”の「下仁田ネギのすり流し 茶筅(ちゃせん)仕立て」(写真上)。

1時間かけてじっくりと炒めた下仁田ネギは、辛味が拭い去られて甘みだけが溢れ出す。茶せんで点てられたスープは、泡がふわりと舌を転がって、飲めば胃が温まり、自然と食欲が湧いてくる。

先代の親方から受け継いだ、楽しい盛合せ「楽盛」という献立

そもそも『八雲 はし元』の料理は、大阪を代表する“浪速料理”を基本とする。橋元さんは、歴史を振り返りながら“浪速料理”についてこう説明してくれる。

「料理表現の一つに“京の持ち味・大阪の喰い味”という言葉があります。京懐石を繁栄させた貴族たちは、汗をかくほど身体を動かさないから、塩分を摂る必要がないため、上品な薄味が好まれていました。それに比べて大阪は、汗をかいて働く商人の街。食べた瞬間においしいと感じる味付けが好まれていたんです。さらに日本中から良い食材を集めて創意工夫し、自分たちのものに変えてしまうというのも特徴の一つ。まさに“ええとこどり”ですね」。

そんな浪速料理の醍醐味を味わえる料理が「楽盛」(写真上)。この「楽盛」は、修業先の名門『喜川』の親方が考え名付けた一皿で、“楽しい盛り合わせ=楽盛(らくもり)”という一つの献立として、型にはまることなく旬の食材を自由に表現アレンジしたものだ。

「鞍掛け茄子の鴨しんじょ」、黒くなるまで熟成させた「丹波の焼き枝豆」、「寒サバの棒寿司」、甘辛くタレ焼きにした「滋賀県産モロコのみぞれ酢」、「松葉ムカゴ」、自家製のイクラがのせられた柚子釜には「セコ蟹と水菜のお浸し」、「キンキの酒塩焼き」、そして、今にも泳ぎだしそうな躍動感溢れる「本シシャモの天ぷら」を盛り合わせている。

この“楽盛”はシーズンはもちろん、お客の要望やお食事のシーンに応じて盛り付けのパターンが変わる。晩秋の旨みを詰め込んだ“楽盛”は、食器ではなく“花桶”で供されることもあり(写真上)、見目麗しいお皿も楽しめる。

大阪の旨みが凝縮された、渾身の椀物

「浪速割烹」を創り続ける橋元さんにとって、だしは命となる存在。まずは、何十種類ものミネラルウォーターを取り寄せたり、高価な浄水器を買ったりして試すところからはじまった。

旨みの元となる利尻昆布を2時間かけて弱火でじっくりとひいては、気候や天候で日々変化するだしの出方をこまめに確認。そこに足りない旨みだけを加えて調整していくという。

大阪を代表する料理の一つ“ハリハリ鍋”をアレンジした「熊のハリハリ仕立て」(写真上)は、季節に合わせて鯨や鴨と風合いを変えて登場する。

この日、たっぷりの脂をまとってだしの中を泳ぐのは、仕留められたばかりの秋田県産ツキノワグマ。肉汁と脂がだしに溶け込んで、旨みが年輪のように甘く濃厚に重ねられていく。実に美味なお椀である。

名門のワザが光る料理と親しげなトークが楽しい『八雲 はし元』

『八雲 はし元』の料理はとにかく見て楽しく、食べて納得の逸品ばかり。名門『喜川』の伝統的なワザをベースに、自由な発想で作られる料理は他店では味わえない。そこに、橋元さんの親しげなトークが加わり、肩肘張らない雰囲気に溶け込んでいく。

そんな“浪速料理”をもっと東京に広めたいと、「浪速割烹」を食いだおれる機会をいただいた。一度食べたら、絶対に忘れられない、こちらの『八雲 はし元』で至福のひと時をどうぞ。

※期間は2018年2月28日まで

この記事にはまだ続きがあります

今すぐ続きを読む

プレミアム記事をすべて読むには、ぐるなびプレミアム会員登録が必要です

関連記事

身体的経験もなく無自覚に情報だけで店を選んでいるだけの客は実は店からもその「程度」を見抜かれている

【店づきあいの倫理学】店は生きものであり「おいしさ」や「楽しさ」は数値化できない。だから顔の見えない他者からの情報「評価」を比較して店や食べるメニューを決めたりすることは無効だ。その店だけの「固有の身体感覚」のようなものがあり、その場その時の「代替不可能な店側/客側のコミュニケーション」が、その店の真価を決定づけている。「店と客の関係性」をもとに「よりおいしく食べるための店づきあい」の方法とは?

絶対に見つけられない最強の隠れ家があった! 新進気鋭のモダンガストロノミー『sanmi』【赤坂】

1.クラウドファンディング飲食店部門の資金調達額で日本記録を更新した、今春一番の話題店『sanmi』 2.シェフは世界No.1レストランに輝いたシカゴの名店『アリニア』で研鑽した若手料理人と老舗料亭の家系に生まれた“ビネガーの魔術師” 3.読者だけの特典!会員権&おまかせコースを3名様にプレゼント!

植木祐梨子
ライター
最強レモンサワー酒場『The OPEN BOOK』店主が案内する、コワくない新宿ゴールデン街の歩き方
最強レモンサワー酒場『The OPEN BOOK』店主が案内する、コワくない新宿ゴールデン街の歩き方

【連載】幸食のすゝめ #032  食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン