ウニ、かに、ローストビーフまで! ご当地の絶品「丼ぶり」が勢ぞろいの「ふるさと祭り東京」が開催

2018年01月04日
カテゴリ
イベント
  • グルメフェス
  • 東京
  • ご当地グルメ
ウニ、かに、ローストビーフまで! ご当地の絶品「丼ぶり」が勢ぞろいの「ふるさと祭り東京」が開催
Summary
1.今年で10回目を迎える新春のグルメイベント「ふるさと祭り東京2018」が東京ドームで開催
2.お肉に海鮮料理、パンにスイーツまで、380ブース以上ものご当地グルメが勢ぞろい
3.絶品どんぶりがしのぎを削る「全国ご当地どんぶり選手権」も開幕!

お祭りムードのグルメイベント「ふるさと祭り東京2018」が東京ドームで開催

2018年1月12日(金)~21日(日)の10日間、「ご当地グルメ」を一度に楽しむことのできる「ふるさと祭り東京2018-日本のまつり・故郷の味-」が東京ドームで開催される。新春恒例のグルメイベントとして毎回大盛況の同イベントは、なんと今年で10回目! 会場には日本各地からの選りすぐりのグルメが380ブース以上集結する。

勝負をかけたご当地丼ぶりはどれも個性派ぞろい!

「ふるさと祭り東京2018」で注目したいのが、ご当地丼ぶりナンバーワンの座を競う「全国ご当地どんぶり選手権」だ。ご当地丼ぶりにフォーカスしたこの選手権では予選を勝ち抜いた11種の丼ぶり、前回上位を獲得した3つの「シードどんぶり」、そして同選手権で過去2回以上グランプリに輝いた2つの「殿堂入りどんぶり」の計16種の丼ぶりが登場予定。そんなご当地自慢の丼ぶりをいくつかピックアップして紹介しよう。

まるで本物のわらじ! とんかつと豚の味噌漬けを一度に楽しめる

まるで「わらじ」のようなビジュアルがインパクト大の「秩父わらじ豚味噌丼」(写真上)。秩父伝統の醤油仕立てのとんかつと秩父名産の豚肉の味噌漬けがてんこ盛り。大きく口を開けてかぶりつきたい一品だ。

一杯まるごとカニづくし! カニを存分に味わえる一杯

カニの本場、福井のカニとイクラがじゅうたんのように敷き詰められた「越前!蟹飯かに丼ぶり」(写真上)。炊きたてのカニのうまみが凝縮されたカニの炊き込みごはんにもみ海苔を乗せ、カニのほぐし身、カニみそ、イクラの醤油漬けなど、冬の海鮮の幸を贅沢に味わおう。

十勝牛を使用した、やわらかい牛トロにもうトリコ!

十勝牛を使用した「十勝牛とろ丼」(写真上)。広大な十勝平野で育ち、飼育法からこだわった上質な牛肉ならではのうまみ、やわらかさにトリコになること間違いなしだ。

定番の「豚肉」も地域ごとで個性豊かな丼ぶりに!

ジューシーな豚肉をひつまぶし風にアレンジした「信州高森PORKひつまぶし丼」(写真上・左)。信州のおいしい水で育ったこだわりの豚肉を使用した変わり種のひつまぶしは、最後にだしをかけ入れれば、また異なる味わいも楽しめる。
2年連続で準グランプリに輝いた「志布志発かごしま黒豚三昧」(写真上・右)。トロトロに煮込まれた黒豚の角煮や炙り角煮、卵で角煮を包んだだし巻き玉子、煮卵がトッピングされ、食べごたえ抜群の一杯だ。

身が引き締まった地鶏のうまみとコクがたまらない「名古屋コーチン親子丼」(写真上)。また、卵も名古屋コーチンを使用しており、卵のとじ方にもこだわりがあるそう。ふわふわの卵と地鶏のハーモニーであっという間に平らげてしまいそうだ。

過去に2回以上グランプリを獲得した「殿堂入り」のご当地丼ぶりが今年も登場

食材の宝庫・北海道からやってきた『食堂丸善』の「うにめし丼」(写真上・左)。利尻昆布とウニの煮汁で炊いたご飯にウニとイクラをたっぷりトッピング。北海道で収獲された贅沢な海の幸をとことん噛み締めたい。
青森県八戸市のサバ料理専門店『サバの駅』からは「八戸銀サバトロづけ丼」(写真上・右)がお目見え。冷たい海流で育ち、脂がほどよくのった銀サバを漬けに。漬けダレのコクとサバのうまみに箸が止まらない一品だ。

スイーツは別腹!フォトジェニックなご当地スイーツも見逃せない

会場ではブランド牛や海産物などの海山の幸、麺類、地酒・地ビールなどが並び、あちこちで実演販売や試飲・試食が楽しめる。ご当地丼ぶりを堪能した後は、〆のスイーツを楽しみたい。「ご当地スイーツマルシェ」には「ふるさと祭り東京2018」のために開発した「名古屋マカロンタワー」をはじめとして「焼酎チョコ」といったお酒に合うスイーツなども登場する予定だ。
新しい一年のはじまりに「ふるさと祭り」に足を運び、お気に入りのご当地グルメを見つけてみてはいかがだろうか。

【概要】
名称:「ふるさと祭り東京2018-日本のまつり・故郷の味-」
期間:2018年1月12日(金)~ 21日(日)
時間:10:00~21:00(21日(日)は18:00閉場)※いずれも入場は閉場の30分前まで
会場:〒112-8575 東京都文京区後楽1-3-61 「東京ドーム」
料金(一例):
・当日券1,700円(前売券1,500円)※会期中有効
・特別観覧席付前売入場券 2,200円 ※土日のみ・日付指定
・平日限定当日券1,400円(前売券1,200円)
・イブニング券1,200円 ※会期中16:00以降有効(公式HPにて販売。会期中は16:00以降会場窓口にて販売。)
※価格はすべて税込
※小学生以下は、大人1名の付き添いにつき4名まで無料
※飲食/物販は、別途有料
問い合わせ:03-5800-9999(東京ドームシティわくわくダイヤル)
公式HP:https://www.tokyo-dome.co.jp/furusato/

関連記事

北海道から沖縄まで、全国各地のウマすぎ「麺」が大集結! 「ふるさと祭り東京」が今年も開催
北海道から沖縄まで、全国各地のウマすぎ「麺」が大集結! 「ふるさと祭り東京」が今年も開催

1.新春のグルメイベント「ふるさと祭り東京2018」が今年も東京ドームで開幕 2.ご当地麺を食べると素敵な賞品をゲットできるかも!? 「イケ麺スタンプラリー」が開催 3.10周年記念の特別企画「ふるさと ジュー!ジュー!サブサンドフェア」ではできたできたてパンと人気ベーカリーに注目

dressing編集部

全国60店以上の絶品グルメが勢ぞろい!日本最大級のグルメフェス「まんパク」が立川で6月5日まで開催中
全国60店以上の絶品グルメが勢ぞろい!日本最大級のグルメフェス「まんパク」が立川で6月5日まで開催中

1.巨大野外フードフェスティバル「まんパク2017」が、立川「国営昭和記念公園みどりの文化ゾーン」で6月5日(月)まで開催中 2.60店舗以上の飲食店や物産店など、日本全国から絶品グルメが大集結! 3.毎日通っても飽きない! 朝から夜までたっぷり楽しめるほど内容が盛りだくさん!

dressing編集部