パン好き大歓喜! 全国から大人気のパンが集結する「パンのフェス」が横浜赤レンガ倉庫にて開催

2018年02月25日
カテゴリ
イベント
  • グルメフェス
  • 横浜
  • パン
パン好き大歓喜! 全国から大人気のパンが集結する「パンのフェス」が横浜赤レンガ倉庫にて開催
Summary
1.日本最大級のパンの祭典! 横浜赤レンガ倉庫で「パンのフェス2018」が開催
2.行列のできる人気ベーカリーから老舗ベーカリーまで、全国各地から注目のベーカリー約60店が出店
3.『シニフィアン シニフィエ』など人気ベーカリー3店の「予約限定パン」も見逃せない

全国から絶品「パン」が勢ぞろい! 「パンのフェス」が今年も横浜赤レンガ倉庫で開催

パン好きには見逃せないイベント「パンのフェス2018春 in 横浜赤レンガ」が2018年3月2日(金)〜4日(日)に横浜赤レンガ倉庫で開催される。開催4回目を迎える同イベントは、昨年14万人以上を動員した人気ぶり。今回は全国から選りすぐりの約60店のベーカリーが集結し、それぞれの店のパンの魅力をたっぷりお届けする。遠方で普段なかなか味わえないパンをはじめ、名店やニューカマー、そしてフェス限定のパンなど、バラエティ豊かなパンが勢ぞろい。その中でも特に注目したいパンを紹介していこう。

1日1,000本も売れた、行列のできるベーカリーの「ブルーベリーづくし」のパン

栃木・那須にある行列のできるパン屋『ペニーレイン』。1日最高1,000本を売り上げたことのある人気No.1のパンが「ブルーベリーブレッド」(写真上)だ。オリジナルのブルーベリーソースをたっぷり練り込んだ生地に甘酸っぱいブルーベリージャムが渦巻き状に練り込まれた、とことん「ブルーベリー尽くし」の一品。ジャムがとろりとこぼれるパンの切り口は、思わず写真を撮りたくなる。(全日出店)

かわいらしいミニサイズのパンを食べ比べよう!

出店店舗の中で最南端・沖縄県宜野湾市の『茶のま乃ぱん処』からは、1つのカップの中に数種類のパンがつまった「バラエティーカップ」(写真上)を引っさげ登場。見た目にも愛らしく、オードブル感覚で楽しめるミニサイズのパンはどれも素材にこだわったものばかり。家族や仲間と食べ比べてみるのも楽しい。(全日出店)

なつかしい味わいにほっこり。 老舗ベーカリーの「変わり種あんぱん」

40年以上もの歴史がある「羊羹ぱん」(写真上)は高知県宿毛市(すくもし)で誕生した『菱田ベーカリー』の看板メニュー。表面が羊羹でうすくコーティングされたあんぱんはプレーン、栗、柚子、抹茶、紫芋、小倉&ホイップの6種類。羊羹のほどよい甘みがそれぞれのパンの味わいとマッチ。パンや和菓子が好きな方はもちろん、甘いものが得意でない方にもおすすめだ。(全日出店)

香り高いバターの風味とサブレの食感にもうトリコ!

1987年に三重県鈴鹿市でフランス人のドミニク氏が開業した『ドミニクドゥーセの店』。焼きたてのパンやフランス菓子を常時約100種類そろえる同店からは、フランス・リジューの自社工場で製造されたバターを使用した「サブレ ナンテ」(写真上)がお目見え。こんがりと黄金色に焼き上がった豊かなバターの香るサブレで、優雅なおやつタイムを過ごそう。(全日出店)

予約必須! 『シニフィアン シニフィエ』など超人気ベーカリー3店の「予約限定パン」をゲットしよう

世田谷区・三宿にある名店『シニフィアン シニフィエ』からはイチゴをふんだんに使ったケーキ感覚のパンがお目見え。生地に練り込まれているのはストロベリーパウダーや洋酒漬けしたドライストロベリーのほか、新緑をイメージしたピスタチオ。仕上げにイチゴのリキュールシロップに浸して発酵させているため、ブランデーケーキのような大人の味わいを楽しめる。

トリュフがたっぷり入った「クリームパン」は必見!

『ミシュランガイド東京 2017』で一つ星に輝いたフランス料理の『レストラン タテル ヨシノ 銀座』の直営のベーカリー『ブーランジェリー タテル ヨシノ プリュス』からは、香り高いトリュフをふんだんに使った「トリュフ クリームパン」、こだわりの食材がぎっしり詰まった「栗と洋ナシとクルミのカンパーニュ」(ホール)のセットが登場する。奥行きのあるリッチな味わいを堪能したい。

※限定パンセット引換券の予約についてはこちらをご参照くださいhttp://w.pia.jp/t/pannofes/
※会場で販売されるパンの種類は予告なく変更される場合があります。

【概要】
名称:パンのフェス2018春 in 横浜赤レンガ
期間:2018年3月2日(金)〜4日(日)
時間:11:00~19:00 (最終日11:00〜17:00)
会場:神奈川県横浜市中区新港1-1「横浜赤レンガ倉庫イベント広場」
アクセス : ◯JR京浜東北・根岸線、横浜市営地下鉄ブルーラインの「関内駅」、「桜木町駅」より徒歩15分
入場料:無料(パン屋エリアのみ)
※パン屋エリアは各日17:00まで
※雨天決行
先行入場 11:00〜14:30 400 円(税込)
一般入場 15:00〜17:00 無料
※小学生以下無料
※在庫が無くなり次第、パン屋は閉店
公式サイト: https://pannofes.jp/

関連記事

パン好き集まれ! 日本最大級のパンの祭典「パンのフェス2017 in 横浜赤レンガ」が3月に開催決定
パン好き集まれ! 日本最大級のパンの祭典「パンのフェス2017 in 横浜赤レンガ」が3月に開催決定

1.日本最大級のパンの祭典! 横浜赤レンガ倉庫で「パンのフェス2017」開催 2.売りきれ必至! 超人気ベーカリー『シニフィアン シニフィエ』のイベント限定パンも 3. 名店からニューカマーまで、全国各地から注目のベーカリーが出店! 要チェックはこのパン!

dressing編集部

全国から選りすぐりのパンがずらり! パン好きのための祭典「青山パン祭り」が2018年も開催
全国から選りすぐりのパンがずらり! パン好きのための祭典「青山パン祭り」が2018年も開催

1.パン好き大歓喜! 「青山パン祭り」が5月12日(土)~13日(日)の2日間、青山・国連大学前広場で開催 2.全国から大人気のベーカリーが約70店大集結! 3.パン職人の想いが詰まった「シグネチャーブレッド」の販売や、メープルシロップの食べ比べも楽しめる

dressing編集部