1日限りのプレミアムな花見の宴!世界遺産「元離宮二条城」で楽しむイベント「花見の宴」開催【2018】

2018年03月30日
カテゴリ
イベント
  • グルメフェス
  • 京都
  • 日本料理
  • 和食
  • お茶
  • 老舗
1日限りのプレミアムな花見の宴!世界遺産「元離宮二条城」で楽しむイベント「花見の宴」開催【2018】
Summary
1.世界遺産「元離宮二条城」の非公開の庭で開催! 1日限りのスペシャルな花見
2.京都を代表する料理人が腕をふるう! 当日限定の極上オリジナル「花見弁当」
3.満開の桜の下、茶人によるお点前を堪能する至福のひととき

たった1日限りのプレミアムな花見の宴

桜色に染まる京都は1年で最も華やかな季節。咲き誇る満開の桜を愛でる京都の花見を、毎年心待ちにしている人も多いのではないだろうか。今年、その花見をさらに特別にするイベントを紹介しよう。

それが、世界遺産に指定されている元離宮二条城 清流園で、見ごろを迎えた桜を楽しみながら、京都を代表する老舗『京料理 木乃婦(きのぶ)』と『御料理 井傳(いでん)』が作る当日限定のオリジナル花見弁当と、茶人によるお点前を堪能する、1日限りのプレミアムなイベント。

京都の食と文化により深く触れることができるWebサービス『KYOTO365』のオープニングイベントとして、「『花見の宴』京料理とお茶を楽しむ」が4月4日(水)に開催される。

非公開の名庭園に咲き誇る桜を満喫する

元離宮二条城内にある「清流園」は通常は非公開のエリア。江戸初期の豪商・角倉了以の屋敷から建物や庭石を譲り受けて作られた庭で、茶室や池、小川を配した和風庭園と、広々とした芝生が開放感のある洋風庭園との調和が美しい名園だ。

桜の季節は、緑の芝生を縁取るようにソメイヨシノや八重紅シダレサクラが咲き誇り、まるで一幅の絵のよう。4月4日(水)ならば、ちょうど見ごろのピークを迎えそうだ。

京都を代表する若手料理人と老舗仕出し店の味の饗宴

花見弁当を担当する『京料理 木乃婦』は、創業70年目を迎えた京都を代表する料亭だ。三代目店主、高橋拓児さんは、日本料理をより深く学ぶため『吉兆』の湯木貞一氏に師事。その後、海外の料理人と交流したり、京都大学でうまみについて学んだりするなど、伝統の中にも新しい技法を積極的に取り入れた料理を生み出し注目されている。

もう一つの店『御料理 井傳』は、明治40年創業の老舗仕出し店。四季折々の旬の素材を大切にし、焼き物は備長炭で焼き、煮物は伝統のだしをきかせるなど一品一品丁寧に作り上げた料理は、京都人の間で「『井傳』の弁当なら間違いない」と言わしめるほど定評がある。

この2つの老舗がイベントのためだけに作ったオリジナル花見弁当は、二段重ね仕立て。京都の春の味を絵画のように詰め込んだお弁当は、お腹も心も満たしてくれるだろう。

お弁当を楽しんだ後は、席を移して、茶人によるお点前をいただく。祇園にある老舗茶舗『祇園辻利』から提供された抹茶と、イベントのためだけに用意される、京都の老舗和菓子店『松寿軒』のプレミアムな和菓子を楽しんでいただく趣向だ。桜の花びらが舞う中でいただく、香り豊かなお茶と見た目も美しい和菓子。まさに五感で味わう京都の春といえるだろう。

本物の京都に出逢う感動を365日いつでも提供

主催する『京都料理芽生(めばえ)会』は、京都の若主人たちが、日本料理の発展と、伝統と格式のある京都の食文化を次世代に継承しつつ、新しいことにチャレンジしていこうと1955年に設立された会。この京都料理芽生会が、京都の食と文化の真髄に深く触れ合う体験ができるWebサービス「KYOTO365」を株式会社ぐるなびと共にオープンする。そのお披露目として「花見の宴」が開催される。

なお、本イベントに着物で参加すると500円引きになるという特典も。着物姿で花見に臨めば、気分もぐんとアップする。桜咲く京都の春を楽しみながら、旬の味わいの詰まった花見弁当と、お茶を堪能するひととき。きっとこの春一番の思い出になるはず。ぜひ出掛けてみてはいかがだろう。

<イベント詳細>
▼日時
2018年4月4日(水)

▼時間
1. 12:00~12:50
2. 13:00~13:50
3. 14:00~14:50

※受付は各回10分前より。
※雨天決行予定。天災、災害時はやむをえず中止となる場合あり。
※当日は二条城桜まつり開催期間中。
※インターネット、電話での事前予約は、各回とも人数に限りがございますので、売切れ次第販売終了。
※13:00、および14:00の回については、会場受付で若干数の当日券販売(現金支払いのみ)を予定。先着順となり、売切れ次第販売終了。

▼場所
元離宮二条城 清流園
京都府京都市中京区二条通堀川西入二条城町541

▼チケット価格
一般 3,500円(税込・自由席)
※当日着物で来場された方は、受付時に500円を返金
※当日二条城入口にて別途入城料が必要

▼公式サイト
http://kyoto365.jp/

▼チケットに関するお問い合せ・ご予約
ローソンチケットで販売(Lコード:59888)
http://l-tike.com/event/kyoto365/
TEL:0570-000-777
受付時間:自動音声案内(24時間)オペレーター対応(10:00~20:00)

▼イベントに関する問い合わせ先
京都料理芽生会「花見の宴」事務局(ぐるなび内)
TEL:06-6442-8443
受付時間:10:00~18:00(平日のみ)

関連記事

1日限定の京野菜を使った特別懐石が味わえる! 「現代の京の伝統野菜のあり方を考える」イベント開催
1日限定の京野菜を使った特別懐石が味わえる! 「現代の京の伝統野菜のあり方を考える」イベント開催

1.苔むす竹林の庭、美しい日本建築が自慢の『京懐石 美濃吉本店 竹茂楼』で開催される1日限定の食文化体験イベント 2.京都を代表する料理人が腕をふるう、当日限定の極上懐石コース 3.『ミシュランガイド京都・大阪』にて10年連続三つ星として掲載された『南禅寺 瓢亭』も参画!

dressing編集部

『美山荘』『草喰なかひがし』も登場!一夜限りの「コラボ懐石」を十六夜に味わうイベント「月見の宴」開催
『美山荘』『草喰なかひがし』も登場!一夜限りの「コラボ懐石」を十六夜に味わうイベント「月見の宴」開催

1.和ろうそくが灯る空間での横笛鑑賞。京都・洛北で十六夜に月を愛でるイベントが開催 2.比叡山や高野川を望む景勝地。舞台は、京の風情ゆかしい料亭『山ばな平八茶屋』 3.京都・北地区有数の日本料理店が勢ぞろい。『ミシュランガイド京都・大阪2018』で二つ星に輝いた『美山荘』『草喰なかひがし』も!

dressing編集部

料理、お茶、芸舞妓―― 京都の春を五感で味わう1日だけの饗宴「春の京文化の世界へ」開催
料理、お茶、芸舞妓―― 京都の春を五感で味わう1日だけの饗宴「春の京文化の世界へ」開催

1.文化庁は地域の食文化と芸術文化を組合せて新たな価値創造を目指す「日本食文化レガシー」創出事業を展開 2.3月は京都『渉成園』で春の京文化が体験できる催しを実施 3.複数の老舗名店による懐石料理、芸舞妓、お茶、着物を通じて様々な春の表現を五感で堪能

dressing編集部