路地裏にこそ名店あり! 極上「金目鯛」から名物「いかメンチ」まで、知られざる【熱海グルメの穴場】3選

2018年05月23日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 静岡
  • 魚料理
  • 割烹
  • 定食
  • 洋食
  • 日本酒
  • ランチ
路地裏にこそ名店あり! 極上「金目鯛」から名物「いかメンチ」まで、知られざる【熱海グルメの穴場】3選
Summary
1.「熱海」のグルメ巡りは路地裏や駅遠の名店を目指すのがツウ
2.昼飯も夜飯も早めに入店必須! 注文は「今日のおすすめは?」の質問でスタート
3.昼酒も夜酒も地酒を選ぼう! 水の良い静岡県は銘酒が揃う

温泉地「熱海」は、熟した風情ある名店が魅惑

日本を代表する観光地「熱海」。東京駅から新幹線利用なら1時間弱。JR東海道本線でも1時間30分という魅力の温泉地だ。海と山に囲まれて、四季を通じて地産地消が叶う豊かな場所で、古くから文化人や食通たちを唸らせてきた。

四半世紀前はハネムーンのメッカとして繁栄し、一時はさびれ閑古鳥が鳴くも、昨年頃から再ブームが到来。年間300万人の観光客が押し寄せているという。テレビの情報番組では行列ができるファストフード店などに話題が集中するが、実は、路地裏や駅遠にこそ、知る人ぞ知る名店が点在するのだ。

ガイドブックは持たず、嗅覚だけを頼りに、いざ!

1.ランチ3種だけという潔さ! 昭和20年創業の「割烹」

原宿竹下通りのようににぎわうアーケードから、細く怪しい路地を進むと最初の角地に『割烹 大西』がある。

あまりにもレトロで、一瞬入るのをためらうが、看板が傘さしている光景に店主の心意気が見えて、暖簾をくぐる。店内は、磯の香りが染み付いていて、カウンターがやたら広く、うまい魚を楽しむにはもってこい。切り盛りするのは3代目の保坂勇三さん。

「昭和20年10月に屋台のおでん屋から始まって、今年で73年目になります。最盛期は板前が3人、広い宴会場もありました」と華やかだった頃を語ってくれる。今は、保坂さん夫妻が、昼定食3種類、限定40食を、ひそやかに丁寧に提供。夜の営業は、常連客の予約を受ける程度だという。

たった3つのメニューの中からチョイスしたいのは「伝承の味 金目鯛煮付」(写真上)。すると、保坂さんは「煮魚はインスタ映えはしないけど、おいしいよ」と、ニヤリ。続けて、「うちは新鮮な魚に支えられているからね」と言い放つ。

ほどなくして登場したキンメの大きさに、わお! でっかい目玉にドキリ。濃厚そうな煮付けだが、意外にサラリとしていて甘さは控えめで、添えられた豆腐にも味がじんわりしみて、白飯がすすむ。

網代の魚市場などに日参して、水揚げしたての鮮魚を調達するので、内容は日替わり。ちなみに、この日の「天ぷら盛り合わせ定食」は、エビ、サクラエビのかき揚げ、山菜、旬の野菜。「さしみ盛り合わせ定食」は、メジマグロ、ヒラウオ、スルメイカ。

11時30分を境に、熟年夫婦やナイスミドルな観光客がカウンターを埋め始め、あっという間に満席に。『割烹 大西』を目指すなら、開店と同時に暖簾をくぐるのがいい。

【メニュー】
天ぷら盛り合わせ定食 1,200円
煮魚定食(金目鯛) 1,200円
さしみ盛り合わせ定食 1,200円
地酒「英君」(特別純米ひやおろし) 800円
※価格は税込

割烹 大西

住所
〒413-0011 静岡県熱海市田原本町5-6
電話番号
0557-81-3746
営業時間
11:00〜(売り切れ次第閉店)、夜は2人以上要予約(予算は5,000円〜)
定休日
水曜
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/9b6d4s020000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

2.熱海名物「いかメンチ」を、昭和2年創業の老舗で

ショーウィンドウのサンプルにそそられる『食事とお酒の店 るな。』。この場所は、現在にぎわっているアーケードができる前、熱海のメイン通りだった。昭和2年の創業は、界隈でも超古株だ。

4代目の浅井弘有(こうゆう)さんが、先代から受け継ぐ味を守り厨房に立つ。熱海の繁栄を見てきた母・幸子さんが気さくな接客で心地良さを醸し出す。地元民と観光客の胃袋を、地元の幸で満たしてくれる名店なのだ。

『るな。』に来たなら、注文必須は「いかメンチ」。今では熱海グルメとして知られるが、『るな。』には「シーフードメンチ」の名で昔からメニューにあった。イカとアジとタマネギを使用して、魚嫌いの子どもでもおいしく食べられる自慢料理だ。

接客を担当する幸子さんのおすすめは、アジフライ。「うちのアジフライを食べたら、よそのは食べられない」と、断言するほど。なぜだろう?

「ひと手間かけているからね。開いて、ショウガ汁を垂らして、ひと晩置きます。するとアジ特有の臭みが消えるだけでなく、アジの味がノッてくるんです」

メニュー表に、いかメンチとアジフライセットになった「イカメンチ定食B(いかメンチ+アジフライ)」(写真上)を発見。注文すべきはこれだ!

揚げたてアツアツのゴールデンコンビは、黄金色に輝いている。肉厚のアジは、サクッ、ふわっ。なのに食べごたえたっぷり。「いかメンチは何もつけないでね。味が付いているから」と浅井さん。ジューシーで軽く、うまみが凝縮されていて、もう1個食べたくなる。そんな気持ちになる人が多いのだろう、「いかメンチ1個380円」で追加注文できる。

入口近くに鎮座する保冷箱をのぞくと、大きな金目鯛と目が合った。下田港で水揚げされた、2kgほどある肉厚のキンメ。「次回は、キンメを食べてね。このサイズが一番おいしいし、うちで食べるとリーズナブルなんですよ」と、幸子さんが自信たっぷりに話す。再訪を約束。

【メニュー】
イカメンチ定食B(いかメンチ+アジフライ) 1,000円
刺身定食 1,500円
キンメ煮つけ 1,500円
カキフライ定食(冬季限定) 1,600円
三ケ日豚のとんかつ 1,100円
生しらす 450円
いか塩辛 350円
あじ干物 500円
三ケ日みかんハイボール 550円
※価格は税別

食事とお酒の店 るな。

住所
〒413-0011 静岡県熱海市田原本町8-12
電話番号
0557-81-5469
営業時間
11:00〜20:30(L.O.)
定休日
火曜(不定休あり)
公式サイト
https://www.facebook.com/atamiekimae/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

3.和食と洋食が一度に味わえる、根っからの地元客が愛す『和洋食 竜田』

湯めぐり観光を楽しみながら、市役所方面へ。糸川沿いは遊郭があった場所で、「糸川べり」と呼ばる熱海で最もディープなエリア。細い路地をくねくね入っていくと、今も名残の建物があり、小さな飲食店が集まっている。

そんな町並みに凛とした外観が印象的な『和洋食 竜田』は、根っからの地元客、熱海マンション族が通う人気店だ。

2代目の加藤慎也さん(写真上)と、姉の寛子さんが迎えてくれる。カウンター越しに見える水槽で泳ぐアジが気になり、まずはアジから注文する。

刺身と迷った挙句、「お酒に合うのはなめろうですね」と慎也さんの助言で、なめろうを注文。すると、「今日は大きいアジなので、お刺身も少しつくりますか?」。この気配りに、瞬時に心奪われてしまう。

日本酒は、全国の銘酒のほか、静岡の地酒がある。「富士正」の特別純米は、ふっくらボリュームがあるのにスーッとキレが良く、ねっとりしたなめろうにピッタリだ。

『和洋食 竜田』は、その名の通り洋食も充実するのがユニークなところ。メニューには、海老グラタンやビーフシチューなど、ひと通りの洋食が揃う。「父がもともと洋食をやっていたので、それを受け継ぎました。洋食と、私が得意な和食の両方を味わっていただけます」。

一人でも注文しやすいサイズの「メンチ・カニコロセット」(写真上)は、日本が誇る日本生まれの食文化、正統派の「洋食」。温泉地で日本酒を傾けながら食べる洋食はなんとなくミスマッチに感じる。が、食べ進むうちに、熱海×洋食×日本酒が、妙にしっくりくる不思議……。

慎也さんの一番のおすすめは「海老れんこん団子」(写真上)だ。お椀のふたをあけると、まず澄んだ銀あんに驚く。中央に鎮座するれんこん団子は、山芋のふわふわ感とれんこんのもちもち感の中に、しめじや海老などいろんな歯ごたえが残り、食感の楽しいことと言ったら……。シェアせず一人で一椀を満喫したい。

【メニュー】
アジのなめろう 900円
アジのお刺身 900円
海老れんこん団子 800円
メンチ・カニコロセット 800円
ビーフシチュー 2,300円
熊本産馬刺 1,800
ヒレカツ煮 1,100
※価格は税別

和洋食 竜田

住所
〒413-0015 静岡県熱海市中央町5-3
電話番号
0557-81-3751
営業時間
11:30〜14:00(L.O.13:30)、17:00〜22:00(L.O.21:30)
定休日
月曜
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/mvg3bm1r0000/
公式サイト
https://www.facebook.com/%E5%92%8C%E6%B4%8B%E9%A3%9F-%E7%AB%9C%E7%94%B0-176900635797655/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

ツウぶって杓子定規な注文をするより自分の好みを見つけるほうがゴキゲンな酒の飲み方
ツウぶって杓子定規な注文をするより自分の好みを見つけるほうがゴキゲンな酒の飲み方

【連載】正しい店とのつきあい方。  店や街とのつきあい方がわからない人が増えている。初めてなのに常連と同じように扱われないと怒る人や金さえ払えば何でもしてくれると思う人。お客様は神様、などではない。客としてのあり方を街と店に深い考察を持つ江弘毅氏が語る。

一度食べたら忘れられない!新進気鋭の職人が打つ日本古来そば「在来種」が味わえる 西麻布『蕎麦おさめ』
一度食べたら忘れられない!新進気鋭の職人が打つ日本古来そば「在来種」が味わえる 西麻布『蕎麦おさめ』

1.今注目される新世代のそば職人が独立!西麻布の路地裏に誕生したオトナの隠れ家『蕎麦おさめ』 2.挽きから打ちまですべてにこだわった、日本古来の品種、在来種のそばの極上の味に唸る 3.これぞオトナのたしなみ。極上の酒と至福の料理で過ごす“そば前”のひととき

小田中雅子
ライター
「日本酒」選びに迷ったら? 騎士団オフィシエがこっそり教える、年末年始に飲むべき旨い「日本酒」

みんな大好き「お酒」だけれど、もっと大人の飲み方をしたいあなた。文化や知識や選び方を知れば、お酒は一層おいしくなります。シャンパーニュ騎士団認定オフィシエによる「お酒の向こう側の物語」 ♯年末年始にオススメの「日本酒」

岩瀬大二
ワインナビゲーター/酒旅ライター/MC