旬の「アジ」はワインと相性抜群!簡単でお洒落な洋風おつまみレシピ3選

2018年05月15日
カテゴリ
レシピ・キッチン
  • レシピ
  • 魚料理
  • ワイン
旬の「アジ」はワインと相性抜群!簡単でお洒落な洋風おつまみレシピ3選
Summary
1.旬の「アジ」で作る、ワインにぴったりなおつまみレシピ3選
2.5~7月のアジは脂のノリが抜群! おいしいアジの見分け方は◯が透き通っていること
3.アジでトマト&チーズを包むアレンジ「インボルティーニ」が特にオススメ

季節問わず、比較的リーズナブルに手に入るアジだが、旬はというと5~7月。脂がのっていて、舌の上でそっととろけるような、ほのかな甘みが特徴だ。
市場でおいしいアジを見極めるコツは「目」を見ること。目に濁りがなく、透き通っているものほど新鮮だ。ドリップが出すぎているものは避けよう。

アジの濃厚な脂の甘みは、しっかりめのワインによく合う。
今回はワインのお供にぴったりな、アジを使った洋風おつまみレシピを紹介しよう。

■アジで包むのは、モッツァレラチーズとトマト! イタリアの家庭料理「アジのインボルティーニ」

インボルティーニはイタリア語で「包む」という意味で、野菜や肉で食材を巻いてローストした料理のことを指す。本場イタリアで親しまれている家庭料理だ。

今回紹介するレシピでは、刻んだトマトとモッツァレラチーズをアジで巻き、パン粉をふりかけてオーブンで焼きあげる。
トマトの酸味と、アジの脂の甘み、ニンニクとパン粉の香ばしさが絶妙な組み合わせで、おもてなし料理としても喜ばれる一品に仕上がる。

■材料 (2人分)

・トマト … 1/2個
・モッツァレラチーズ … 100g
・ニンニク … 1/2片
・パン粉 … 20g
・アジ(背開きされたもの) … 4尾
・塩 … 小さじ1/4
・コショウ … 小さじ1/4
・バジルの葉 … 4枚
・エクストラバージンオリーブオイル … 大さじ2

■作り方(調理時間:20分)

① トマトとモッツァレラチーズはそれぞれ5mm幅にスライスする。ニンニクはみじん切りにし、パン粉と合わせておく。

② まな板の上で、皮目を下にしてアジを置き、塩、コショウを振る。尾を奥にした状態で、①のトマトとモッツアレラチーズ、バジルの葉をのせて手前から巻いていく。

③ 耐熱皿に②を並べ、パン粉とニンニクを合わせたものを散らす。エクストラバージンオリーブオイルをまわしかけ、180℃に余熱したオーブンで10分焼く。

④ お好みでバジルの葉(分量外・適量)を飾る。

■濃厚な甘さとうまみ! とろけるおいしさの「アジとアボカドのタルタル」

タルタルは、一説では中央アジアの遊牧民が生肉を香味野菜と一緒に刻んで食べていたものがヨーロッパに伝わり、独自に発展した料理と言われている。いわば「西洋版なめろう」なので、お酒に合わないわけがない。
アボカドと合わせることで、アジの濃厚な味わいがさらに際立つ。辛口のワインに合わせていただきたい一品だ。

■材料 (2人分)

・タマネギ … 1/6個
・アボカド … 1/2個
・アジ(刺身用・皮を引いてあるもの) … 150g
・塩 … 小さじ1/4
・コショウ … 小さじ1/4
・エクストラバージンオリーブオイル … 小さじ1
・エクストラバージンオリーブオイル(仕上げ用) … 小さじ1
・イタリアンパセリ … 適量

■作り方(調理時間:15分)

① タマネギはみじん切りにする。アボカドとアジは1cm角に切る。

② ボウルに①を入れ、塩、コショウ、オリーブオイルを加えてさっと混ぜる。

③ 器にセルクル型を置き、②をしっかり詰めてセルクル型を外す。仕上げ用のオリーブオイルをかけ、イタリアンパセリを飾る。

■オイルの中でじっくり加熱。素材のうまみを味わう「ハーブたっぷりアジのコンフィ」

コンフィは、オイルの中でゆっくりと加熱することで、素材のうまみを閉じ込める調理法。旬のおいしさを味わうにはぴったりだ。

ハーブの風味を移すため、塩コショウしたアジにハーブ類をのせてひと晩寝かせておくのがポイント。
赤ワインと合わせて、コンフィの香りと共に味わっていただきたい。

■材料 (2人分)

・アジ(三枚おろし) … 6枚
・[A]塩 … 大さじ1
・[A]黒コショウ … 小さじ1/2
・タイム … 2枝
・ローリエ … 1枚
・ローズマリー … 1枝
・オリーブオイル … 適量

■作り方(調理時間:20分) ※冷蔵庫で置く時間、オーブンで焼く時間を除く

① バットにアジを並べ、Aをふってタイムとローリエ、ローズマリーをのせてラップをし、冷蔵庫でひと晩置く。

② ①を洗って水気を取り、鍋(オーブン調理もできるもの)に入れてオリーブオイルをひたひたになるまで注ぐ。中火にかけ、オリーブオイルがフツフツするまで熱する。

③ ②を110℃に予熱したオーブンで2時間焼く。

おいしいアジの見極め方と、ワインが進むおつまみレシピを紹介した。
旬の今しか味わえない、とろけるおいしさのアジを活用して、幸せな晩酌タイムを過ごしてほしい。


【撮影・執筆制作】
フードクリエイティブファクトリー
「あなたとあなたの大切な人との暮らしをもっと穏やかで創造的に」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チーム。
食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、
イベントなどを手がけています。
HP:http://foodcreativefactory.com/
Twitter:https://twitter.com/fcf_staff?lang=ja
Instagram:https://www.instagram.com/foodcreativefactory/