餃子のウマさの秘密は、自家製「しょうゆダレ」! 吉祥寺で65年以上愛され続ける町中華『珍来亭』

餃子で巡る世界の旅in東京 #32

2018年06月19日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 吉祥寺
  • 餃子
  • ラーメン
  • 中華料理
  • 連載
餃子のウマさの秘密は、自家製「しょうゆダレ」! 吉祥寺で65年以上愛され続ける町中華『珍来亭』
Summary
1.吉祥寺の商店街「ハーモニカ横丁」にある、昭和の香りが残る町中華『珍来亭』
2.焼き餃子やチャーハン、オリジナルメニューの「油ラーメン」も絶品
3.おいしさの秘訣は、創業から65年以上継ぎ足される秘伝の"特製醤油ダレ”!

どうも、料理芸人のクック井上。です!

これでもかというくらいに、住みたい街ランキングでは、常に上位に入る吉祥寺。住みやすい街、そしておしゃれタウンとしても有名な吉祥寺ですが、北口駅前には戦後の闇市の名残である商店街があります。

その名も「ハーモニカ横丁」。無数に小さな店舗が立ち並ぶ様が、ハーモニカの吹き口のように見えることがその名の由来ですが、その「ハーモニカ横丁」中に、創業65年以上の町中華屋があります。

創業時から継ぎ足されてきた“特製醤油ダレ”がおいしさの秘訣! 吉祥寺の町中華『珍来亭』

やってきたのは、JR吉祥寺駅北口から徒歩3分ほど、駅前の商店街・通称“ハモニカ横丁”にある『珍来亭(ちんらいてい)』です。
戦後すぐに新宿で屋台のラーメン屋として創業した同店は、1951年に吉祥寺に移転。現在の場所に店舗を構えました。

僕は2000年代前半、吉祥寺の隣の駅・西荻窪周辺に住んでいたこともあって、週に何回も吉祥寺を訪れ、その度に『珍来亭』に通っていました。

▲2階の様子

店内は2階建て。歴史あるお店ですが、10年程前に改装して、今は小奇麗に。以前は、小上がりの席には歴史を感じさせるちゃぶ台が置いてあって、そこが僕のお気に入りの席でした。その頃を思い出して、その席へ。

では、まずは…「すいません、餃子一皿!!」

▲「ギョウザ」一皿6個入り

「はいよー」と運ばれてきたのがこちら、いかにも65年の歴史を感じさせる、昭和の餃子! それでは、タレも昭和で、少し酢が多め、安心の配合の酢醤油にラー油を垂らして、いただきます!

▲パクっ

ふぅー、これよこれ! 焼き面はカリッと香ばしく、上部は“もちもち食感”というより心地よい歯ごたえと弾力があって、しっかりとした造り。この皮は製麺所に特注して作ってもらっているそうで、創業時からレシピや製法をほとんど変えていないんだそう。

そして、しっかりとした皮の中からは、シャキシャキとした野菜たち。具材はキャベツ・ニラ・ショウガ・ニンニクとオーソドックスですが、ホッとする味付けの奥に、何とも言えない深み。その正体は、特製中の特製の醤油ダレが隠し味だってさ。何、何、めちゃめちゃ気になるー! 少し図々しく「ちょっと見せて頂けませんでしょうか…?」と聞いたら、「良いですよ!」と。やったーーー! ということで、少々、厨房に失礼します。

その醤油ダレとは、創業時以来、ずっと継ぎ足し継ぎ足しされてきたチャーシューの煮汁。この色は、醤油だけの色ではありません。醤油以外のあらゆる調味料、そして、65年間のチャーシューのうまみの塊! いやさ、今まで携わった店主さんや店員さんの愛情の塊だ。どうりで、餃子の味に深みがあるわけです。これはまさに門外不出の隠し味。真似のしようもありません。

そして、餡に入っているシャキシャキ食感のキャベツは全て手切り。そうそう、このシャキシャキ感はフードプロセッサーでは出せないんですよね。キャベツ以外も、ショウガも手切り。既製品やすりおろしではないので、噛むたびに、口の中にショウガのフレッシュな香りが広がり、この香りでビールもご飯もすすむんです。

ちなみに、ラー油も自家製とのこと。ゴマ油と一味を煮立たせて作ったもので、とっても香りがいいんですよ。餃子専門店ではないのに、このこだわりよう! 手間ひまは、お客さんへの愛情の現れ。そして、お客さんからも65年もの間、愛されている。まさに、相思相愛の老舗の味です。

看板メニューは醤油味のラーメン。 だけど他のメニューも絶品!

いやー、何年食べても飽きの来ない餃子には、チャーシューの煮汁が隠し味で使われていたわけですが、、『珍来亭』の看板メニューといえば、そのチャーシューが乗った、醤油味のラーメンなのです。

鶏ガラや豚足、魚介などでだしを取ったすっきりした味わいのスープに、中太ちぢれ麺がベストマッチ。餃子のうまみの生みの親とも呼ぶべきトッピングのチャーシューは、とろとろしすぎず、ほどよいモイスチャーと歯ごたえ。シンプルかつ正しすぎるラーメン。65年変わらぬ味に、ただただ脱帽です。

ただですね、餃子+ラーメンもいいのですが、是非是非、2人以上で訪れて食べていただきたいメニューがあるんですよ。それが「油ラーメン」と「チャーハン」!

▲油ラーメン+半チャーハンセット

「油ラーメン」は、ラーメンとも油そばとも違う、『珍来亭』発祥のメニュー。
さかのぼる事55年ほど前、常連のお客さんから「油そば発祥の某店のようなメニュー、作れないかな?」と言われたのが始まりだそう。
そこから当時の店主が試行錯誤を繰り返し、例の特製の醤油ダレとダシのきいたスープ、そこにサラっとした多めのラードをプラスして、ラーメンとも油そばとも違うオリジナルのこのメニューを作り上げたんですって。

ラードがかかっているっていうと味がしつこそうですが、油そばよりも汁気が多くてラーメンに近いから、スッキリした味わい。でも、ズズズっと啜ると、油そば要素もあるんだよなー。ここにしかないのに、誰もが懐かしさを感じるような味わいとバランス。半世紀以上、消えずに生き続けてきたオリジナリティです。

そして、セットの「チャーハン」も侮れないクオリティですよ!
具材には、チャーシュー、そこに卵とネギを加えたオーソドックスかつシンプルなチャーハンですが、味付けにはそう、もちろん特製の醤油ダレを使っています。チャーシューから切り離されたうまみを、あとあと味付けに使うという、手の込んだ代物。でもそうしないと、この味が出ないから、料理って面白い。いやー、この特製醤油ダレ、最強でしょ! 『珍来亭』のほぼ全てのメニューを支えている、縁の下の力持ちです。

『珍来亭』にもドラマが! 店を切り盛りするのは3代目飯田さん姉妹

現在お店を切り盛りするのは3代目店主で、創業者の孫にあたる飯田恭子さんと園江さん姉妹。ちなみに、2代目は、飯田さん姉妹のお母様。

▲妹の園江さん

「母が病気になって、姉妹で休日に店を手伝うこともありましたが、この店はあくまで母の店であり、自分が継ぐとは思っていなかった」と園江さん。
それまでは普通の勤め人として働いていて、人手の足りない土日などに手伝いをしていた程度だそうですが、その後お母様が…。お店を継ぐか閉店するか悩んだそうですが、お店の火を消すわけにはいかないと、姉妹力を合わせて、お店を引き継ぐことに。

「当時はすごく悩みましたが、『30年ぶりに来たら変わっていなくてうれしい』と言ってくれるお客様もいるんです。そうやって言ってもらえると継いでよかったと思いますね」と園江さん。

昔、僕もよく見かけました。親子だけでなく、3代揃って『珍来亭』に来店されるお客さんを。
おそらく、おじいちゃんおばあちゃんは初代を、お父さんお母さんは2代目を、今の店主である姉妹の向こう側に見ているんじゃないのかな。

跡継ぎ問題で、老舗の味が消えつつある昨今。初代⇒2代目⇒3代目と受け継いできた『珍来亭』の味、消しちゃいけません。消えてもらっちゃ困ります。

▲最後は、元気いっぱいな飯田さん姉妹とパシャリ!

吉祥寺が“おしゃれタウン”という反面“住みたい街”と称されるのは、『珍来亭』のようなお店があるからに他なりません。

もし、吉祥寺の本当の魅力を体感したいなら、65年以上前から地元民に愛され続ける『珍来亭』に行ってみてください。
餃子・ラーメン・油ラーメン・チャーハン…、あらゆるメニューに、65年の歴史と愛と想いの全てが凝縮された、深い深い味の特製の醤油ダレが使われていますよ!

ぜひご自身の舌で、『珍来亭』が奏でる味のハーモニーを確かめてみてくださいね。


【メニュー】
ギョウザ(6個) 400円
ラーメン 530円
油ラーメン単品 550円
油ラーメンセットメニュー(半チャーハン)750円
ビール 550円
※価格は税込

珍来亭(ちんらいてい)

住所
〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-9
電話番号
0422-22-3842
営業時間
11:30~15:00、17:00~21:00
定休日
水曜
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/azz3x8690000/
公式サイト
https://www.facebook.com/chinraitei/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事