甘~いフルーツがてんこ盛り!京都の新名物スイーツ「やまパフェ」がウマすぎる『FUKUNAGA294』

※この店舗は閉店しました

2018年07月02日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 京都
  • スイーツ
  • 洋食
甘~いフルーツがてんこ盛り!京都の新名物スイーツ「やまパフェ」がウマすぎる『FUKUNAGA294』
Summary
1.京都・河原町にとんかつ店を展開する『株式会社フクナガ』が洋食店をオープン
2.フレッシュフルーツをたっぷりと使ったタワーのようなパフェが大人気
3.夏の新作は、宝石のような「さくらんぼやま」と、抹茶尽くしの「抹茶パフェ」

京都・河原町にオープンした洋食店

国際色豊かな観光客で常に賑わう京都・河原町の繁華街に、2017年10月20日にオープンした洋食店『FUKUNAGA294(フクナガ ニイキュウヨン)』。同店は、京都を中心に『名代とんかつ かつくら』やティーショップ『Sir Thomas LIPTON』などを展開する老舗企業『株式会社フクナガ』の新店舗だ。

「とんかつ」「紅茶」はすでに京都っ子に認知されており、新しいブランドで挑戦してみたいと洋食店をスタートさせたのだが、今注目を集めているのはパフェだという。

人気のパフェはわずか10分で整理券がなくなるほど…

当初から洋食メニューとともにスイーツもメニューに揃えていたが、2018年1月15日にパフェ「いちごやま」がデビューすると、360°どこから見てもいちごで埋め尽くされており、その圧巻のビジュアルが瞬時にSNSで拡散され話題となった。店の前には常に大行列! 開店時間の30分前に整理券を配布するようになると、わずか10分で配布終了するほどだったという。

店長の安部亜加里さん(写真上)は、「私を含めてフレッシュフルーツが大好きな方に向けて、家では食べられないくらい思いっきりフルーツを食べられるパフェを作りたい! と企画部へ提案したところ、今のような状況になって大変驚いています」と語る。

新作は艶々と輝く宝石のような「サクランボやま」

話題の「いちごやま」(写真上)は5月半ばに販売が終了したが、これからも旬のフルーツを使った様々なパフェを展開していきたいという。

「いちごやま」のほか、デコポンやオレンジ、日向夏などを使った「だいだいやま」(5月初旬で販売終了)、ダークチェリー・アメリカンチェリー・グリオットチェリーなどを使った「ルビーやま」(5月末で販売終了予定)に続き、7月中旬頃までお目見えする「さくらんぼやま」など、パフェは旬のフルーツがこんもり。

「さくらんぼやま」(写真上)はキラキラとルビーのような輝きを放つ大粒のサクランボが、これでもか! というほどたっぷりと使われており、堂々とそびえたっている。 なんでも約18個分の国産サクランボが使用されているのだとか。これぞ贅沢の極みだ!

口に運んでみると、大粒でパリップリッとはじける食感が何よりの醍醐味。下の部分は、生クリームやミルクアイス、スポンジケーキ、カスタードクリームがすき間なく埋められている。甘さと酸味の絶妙なバランスで、さっぱりと食べられるので、ボリューム満点にもかかわらずぺろりと完食することができる。

コロンとした円形がかわいい抹茶尽くしのパフェ

こちらは6月初旬に登場した「抹茶パフェ」(写真上)。観光で京都を訪れた人に向けて、和のエッセンスを強く押し出した一品だ。清水焼の器には、円形の抹茶アイスや抹茶ゼリー、抹茶スポンジがぎっしり! トップに抹茶クッキーの帽子をかぶってテーブルへと運ばれてくる。

苔でデコレーションされた緑色の器もあいまって、見た目にも清涼感を誘ってくれるのでこれからの暑い季節にぴったりだ。

名物メニューが一度に楽しめるコスパ抜群のコース

もちろん洋食屋さんなので、お食事メニューも楽しまないと損! こちらのディナーコースは、アミューズ、季節のサラダ、本日のスープ、パン(カンパーニュ)、選べるメイン料理、ミニカレー、デザート、食後のお飲み物の8品が、なんと3,000円で楽しむことができてとってもリーズナブル。

まずコースへの期待値をぐんと高めてくれるのが季節のサラダ。その日の朝に京都『石割農園』で採れた野菜11種以上をスタッフが目の前へ運んでくる。そしてボウルに入れてドレッシングで和えてサラダを作るパフォーマンスにワクワク……。シャキシャキの歯ごたえや、濃い甘みなど素材の良さをたっぷりと堪能することができる。

メインは鶏もも肉のソテーや和牛ビーフシチュー(+500円)など6種からチョイスできる。写真上は「牛肉ハンバーグ」。牛肉100%ならではの肉感が醍醐味で、ナイフを入れた瞬間に、お肉のぎっしり感が伝わってくるほど。噛むほどに肉の甘みとうまみを感じるハンバーグだ。

セットのデザートは、ミニサイズのパフェが季節に合わせて登場。『FUKUNAGA294』の人気メニューを盛り込んだ、いいとこ取りのコースは見逃せない!

「フルーツを使った‟やまシリーズ”のパフェは、今後、桃、マンゴー、イチジク、マスカットなどを使った新メニューを考案中です」と安部さん。ボリューム満点の洋食も合わせて、新しい名物店になりそうな予感。ぜひ足を運んでみてはいかがだろうか。

【メニュー】
さくらんぼやま 1,700円
抹茶パフェ 1,200円
ディナーコース 3,000円
※価格は税抜

FUKUNAGA294(フクナガ ニイキュウヨン)[閉店]

住所
〒604-8033 京都府京都市中京区河原町通蛸薬師上ル奈良屋町294
営業時間
日~木 11:00~22:00(L.O.21:00)、金・土 11:00~22:30(L.O.21:30)
定休日
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/6j6gg5j90000/
公式サイト
http://www.fukunaga294.jp

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

もっちもちの台湾スイーツ「芋園」がウマすぎてアジアで大人気!台湾発のスイーツ専門店『鮮芋仙』が初上陸
もっちもちの台湾スイーツ「芋園」がウマすぎてアジアで大人気!台湾発のスイーツ専門店『鮮芋仙』が初上陸

1.アジアを中心に500店舗以上を展開する台湾スイーツ店が東京・赤羽に日本初上陸 2.伝統的なスイーツ「芋園(イモエン)」「仙草(センソウ)」「豆花(トウファ)」などをラインナップ 3.抹茶やきな粉、黒蜜を使用した“日本限定メニュー”も提供する

つくし家
ライター