「自家製ゴマドレッシング」を作ったら、料理の味付けにも活用しよう!簡単基本の調味料とアレンジレシピ

2018年06月23日
カテゴリ
レシピ・キッチン
  • レシピ
  • 調味料
「自家製ゴマドレッシング」を作ったら、料理の味付けにも活用しよう!簡単基本の調味料とアレンジレシピ
Summary
1.家にある調味料で作れる! 「自家製ゴマドレッシング」の作り方
2.挽きたてのゴマを使うことが芳ばしい香りの秘訣
3.ソースや調味料としても大活躍! 簡単アレンジレシピもあわせて紹介

サラダや肉料理にかける調味料として定番の「ゴマドレッシング」。市販のものを使用する人が多いと思うが、ゴマの風味の良さを求めるなら、自家製をぜひオススメしたい。市販品はやや甘めなものも多いが、自家製にすれば自分好みの味に調整することができる。

今回は、3ステップで簡単な基本の「自家製ゴマドレッシング」と、サラダにかける以外の、ソースや調味料として応用できる簡単アレンジレシピを紹介しよう。

■濃厚なコクと芳ばしい香りがやみつきの味! 「自家製ゴマドレッシング」の作り方

この「自家製ゴマドレッシング」は、フードプロセッサーで6つの材料を混ぜるだけ。濃厚なコクと芳ばしい香りがぎゅっと詰まった味で、一度作ったらきっと手放せなくなるだろう。

甘みづけには、きび砂糖とハチミツをダブル使いするのがポイント。甘みは1種類よりも2種類をかけ合わせることで、複雑な味わいになるのだ。

■材料 (作りやすい分量) 

・白いりゴマ … 50g
・酢 … 大さじ5
・醤油 … 大さじ2
・きび砂糖 … 大さじ1
・ハチミツ … 大さじ1
・コショウ … 小さじ1/6

■作り方(調理時間:10分) 保存期間の目安:冷蔵庫で3~4日

① フードプロセッサーに白いりゴマを入れ、なめらかになるまで回す。

② 残りの材料を加え、全体が混ざるまでさらに20秒ほど回す。

③ 煮沸消毒した保存容器に入れて密閉し、冷蔵庫で保存する。

■なめらかなジャガイモと濃厚なゴマの味わいが絶妙にマッチ! 「ゴマドレポテトサラダ」

「自家製ゴマドレッシング」を作ったら、ぜひポテトサラダに入れてみてほしい。濃厚なゴマの味わいは
ジャガイモと大変相性がいいのだ。トッピングのとろ~り半熟ゆで卵を崩して混ぜながら食べるのが最高においしい。

仕上げに粗挽き黒コショウをふるのをお忘れなく! ポテトサラダの濃厚な味わいを粗挽き黒コショウのパンチの効いた辛みで引き締めてくれる。

■材料 (2人分)

・ジャガイモ … 2個
・タマネギ … 1/4個
・ニンニク … 1かけ
・半熟ゆで卵 … 1個
・マヨネーズ … 大さじ2
・自家製ゴマドレッシング … 大さじ1と1/2
・塩、コショウ…適量
・粗挽き黒コショウ…適量

■作り方(調理時間:15分)

① ジャガイモは皮をむき一口サイズに切って耐熱ボウルに入れ、600Wの電子レンジで5~6分ほど加熱する。十分やわらかくなったらマッシャーかフォークでつぶす。タマネギは薄切りにして水に3分さらし、水気を切る。ニンニクはすりおろす。半熟ゆで卵は2等分に切る。

② ①のジャガイモが入ったボウルにタマネギ、すりおろしたニンニク、マヨネーズ、自家製ゴマドレッシングを加えて混ぜたら塩、コショウで味を調える。

③ 器に②を盛り、自家製ゴマドレッシング(分量外、適量)をかけて粗挽き黒コショウをふり、半熟ゆで卵を添える。

■自家製ゴマドレッシングの濃厚なコクが肉のうまみとマッチ! 「ピリ辛ゴマドレ濃厚担々麺」

自家製のゴマドレッシングが合うのは野菜だけではなく、肉との相性も抜群にいい。そこでぜひ試してほしいのが「ピリ辛ゴマドレ濃厚担々麺」だ。ゴマの芳ばしい香りと肉のうまみが合わさり、食欲を猛烈に刺激する。

食べるときに味が薄く感じるようであれば、醤油で味を調えてほしい。ラー油はお好みだが、たっぷりめに入れるとガツンとした辛さが濃厚なスープとマッチしておいしく食べられる。

■材料 (2人分)

・チンゲンサイ … 50g
・ザーサイ … 10g
・豚挽き肉 … 150g
・ゴマ油 … 大さじ1/2
・[A]水 … 600ml
・[A]自家製ゴマドレッシング … 大さじ3
・[A]醤油 … 大さじ1/2
・[A]ラー油 … 大さじ1/2
・[A]鶏ガラスープの素 … 大さじ1/2
・[A]塩、コショウ … 適量
・中華生麺 … 2玉
・ラー油 … 適量(お好みで)

■作り方(調理時間:20分)

① チンゲンサイは根元を4等分に切ってから沸騰したお湯で根元を40秒ほどゆでる。葉も入れてさらに20秒ゆでたら冷水にとり、水気をしっかり切る。ザーサイはみじん切りする。

② 鍋にゴマ油を引いて中火で熱し、豚挽き肉とザーサイを入れて炒める。豚挽き肉の色が変わるまで炒めたら、Aを加えて煮立たせる。ふつふつとするくらいの火加減におとして5分煮たら、塩、コショウで味を調える。

③ 別の鍋にお湯(分量外)を沸かして中華麺をゆで、器に盛って②のスープをかけ、チンゲンサイを添えてラー油をかける。


家にある調味料でささっと作れる、風味の良さが段違いな「自家製ゴマドレッシング」と簡単アレンジレシピを紹介した。自家製ゴマドレッシングは淡白な魚との相性もいいので、タラなどの魚のソテーにかけるのもおすすめだ。お好みのアレンジでぜひ楽しんでみよう。

【レシピ制作者プロフィール】
管理栄養士・料理研究家 五十嵐ゆかり

「楽うまヘルシーな時短ごはん」をモットーに、糖質オフやグルテンフリー、減塩、発酵食品を料理にプラスしてグンと美味しくするコツなど、日々の暮らしに取り入れやすいヘルシーレシピを提案している。
フードクリエイティブファクトリーでは、食のクリエイティブディレクターとして年間500を超える食の企画をWEB媒体や食品企業に提供し、企画〜レシピ開発、栄養監修までをトータルに行う。
企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、講演、イベント出演、料理教室など、多方面で活動中。 著書に『食材の栄養素を最大限に引き出す便利帖』や『発酵いらずのちぎりパン』、『塩レモンでつくる基本のおかず』など。
Twitter:https://twitter.com/igarashi_yukari
運営レシピサイト グルテンフリーLIFE:https://glutenfree-life.com/
Blog:http://lineblog.me/igarashiyukari/

【執筆・調理・撮影】
フードクリエイティブファクトリー
「あなたとあなたの大切な人との暮らしをもっと穏やかで創造的に」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チーム。
食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、
イベントなどを手がけています。
HP:http://foodcreativefactory.com/
Twitter:https://twitter.com/fcf_staff?lang=ja
Instagram:https://www.instagram.com/foodcreativefactory/

関連記事

2017年は有名ホテルの「おせち」で迎える! 新春にピッタリな都内のホテルの贅沢おせちを厳選紹介
2017年は有名ホテルの「おせち」で迎える! 新春にピッタリな都内のホテルの贅沢おせちを厳選紹介

1.いろいろ食べられる贅沢!「グランド ハイアット 東京」や「ロイヤルパークホテル」の贅沢お重 2. 選べるサイズが嬉しい「リーガロイヤルホテル東京」 の1段&2段重 3.“おひとり様”用!? 「マンダリン オリエンタル 東京」から、1人前の食べきりおせちが登場

dressing編集部