極上牛の強烈なうまみに感嘆! 肉好きも惚れ込んだ「絶品牛肉」を堪能できる店3選

2018年07月27日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 東京
  • 熟成肉
  • まとめ
極上牛の強烈なうまみに感嘆! 肉好きも惚れ込んだ「絶品牛肉」を堪能できる店3選
Summary
1.十勝産の極上肉を心ゆくまで堪能! 奥渋谷の肉ダイナー『ペコシセ』
2.国産牛のうまみを楽しめる”肉の遊園地”、恵比寿の『和肉 89BAL』
3.肉マイスター推薦のダイナミックステーキに悶絶! 六本木の『BLT STEAK』

暑い夏を乗り切るには、ウマい肉をがっつり食べてスタミナをつけるべし!
いま東京で肉好きをトリコにしている話題の店を厳選してご紹介しよう。牧場直営肉ダイナーや和牛を楽しめる肉バル、ニューヨーク発のステーキハウスなど、どの店も肉好きを満足させること間違いなしだ。

柔らかいヒレと絶品ソースの相性が絶妙! 北海道の牧場が経営する究極の肉ダイナー・奥渋谷『ペコシセ』

カリッと香ばしい衣に覆われた「十勝大平牛のヒレカツレツ」は、厚切りながらしっとりやわらかい肉質が魅力。タマネギをじっくり煮込んだデミグラスソースが、おいしさを引き立てている。

カラメルをまとったヒレ肉が絶品の「ジュエルミート」もおすすめ。色鮮やかでインパクトある3色ソースとの相性も絶妙だ。

【店舗情報】
PEKO CISE(ペコシセ)
住所:〒150-0047 東京都渋谷区神山町4-18 フィル・トップ渋谷神山町 1F/2F
電話番号:03-6407-1657

>>>この店を特集している記事を読む

和牛のうまさを再認識! “肉の遊園地”が テーマの恵比寿『和肉 89BAL』

こちらの目玉メニューは、黒毛和牛のスネ肉を使った「和牛たたきじゅうたん」。絶妙な火入れで表面は香ばしく中はレアに仕上げているため、噛めば噛むほど肉のうまみが溢れ出す。

「厳選黒毛和牛のロースト」は、その日におすすめの部位を2種または3種の盛り合わせで楽しめる。素材を活かした肉料理の数々は、食通をも魅了するに違いない。

【店舗情報】
和肉 89BAL
住所:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4-27-3
電話番号:03-6432-5993

>>>この店を特集している記事を読む

熟成Tボーンはまさに"キングオブステーキ"! ニューヨーカー御用達のステーキ店『BLT STEAK ROPPONGI』

老舗ステーキ店が軒を連ねるマンハッタンで人気のステーキハウス『BLT STEAK』が六本木にも店を構え、話題になっている。

看板メニュー「プライム ドライエイジング Tボーン」は、USDA(米国農務省)認定の最高位に格付けされた極上肉を約28日間熟成し、うまみを凝縮させた逸品だ。猛々しい赤身のサーロインとしっとり上品なフィレを同時に楽しめるのも魅力的。

ワイルドにいきたいなら「トマホークステーキ」もおすすめ。コク深い骨付き肉のうまさをダイレクトに味わえるだろう。

【店舗情報】
BLT STEAK ROPPONGI
住所:〒106-6005 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデン5F
電話番号:050-3462-8479


>>>この店を特集している記事を読む

関連記事

牛、豚、ジビエと多様な熟成肉の炭火焼きが最高!肉好きのワガママが叶う新富町『ビストロ ハマイフ』
牛、豚、ジビエと多様な熟成肉の炭火焼きが最高!肉好きのワガママが叶う新富町『ビストロ ハマイフ』

1.牛、豚、ジビエ。多様な熟成肉を備長炭で完璧なレアに焼きあげる新富町『ビストロ ハマイフ』 2.店内でドライエイジングさせたうまみたっぷりの肉と、それを引き立てる絶妙なソース 3.肉も魚も野菜もワインも“いいとこ取り”。良心的な価格と心地よい接客が人気

木戸上かおり
ライター/クッキングインストラクター
「うなぎ」の新たな美味に感嘆! 熟練職人による「うなぎ料理」を堪能できる、麻布十番『うなぎ 時任』
「うなぎ」の新たな美味に感嘆! 熟練職人による「うなぎ料理」を堪能できる、麻布十番『うなぎ 時任』

1.うなぎの名店『野田岩』で修業を積んだ熟練料理人が、『うなぎ 時任』でうなぎの新たな可能性を追求 2.うな重や白焼きなどの定番はもちろん、独創的な一皿で魅了する 3.うなぎとも相性抜群! 希少ワインやプレミアム日本酒も楽しめる

Sachiko Ichikawa
ライター
焼肉とは何か? まだこんな店が隠れていたのか!と感嘆する名店を見つけた。

【知られざるいい店のすゝめ】あの口コミサイトに載っていない店。地元民しか知らない店。裏通りや駅から少し遠くにある店……。街にはまだまだ知られざる店がある!街と店と絡み合ってきた人生の中で食の賢人・松浦達也が辿り着いた珠玉の一軒を紹介する。

松浦達也
編集者/ライター/フードアクティビスト