人気ラーメン店主がこだわり抜いた、『麺や 天空』の「ラーメン×クラフトビール」が最高【上大岡】

2018年08月03日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 横浜
  • ラーメン
  • クラフトビール
人気ラーメン店主がこだわり抜いた、『麺や 天空』の「ラーメン×クラフトビール」が最高【上大岡】
Summary
1.人気ラーメン店主が、醸造に本気で向き合った「ラーメン店併設型ブルーパブ」
2.ラーメンのためのビール、絶品ラーメンをさらに引き立てる最高のペアリング
3.ラーメンはもちろん、ひと手間加えた一品料理も深い味わい

上大岡に誕生した「ラーメン店併設型ブルーパブ」で、新たなラーメン&ビールに出逢う

クラフトビール人気を反映し、個性的なブルーパブ(店内にビールの醸造所を併設する飲食店)が急増するなか、2018年5月にオープンしたのがラーメン店併設型ブルーパブ『Roto Brewery、麺や天空』。

もともとビールとラーメンの相性は抜群だが、この醸造所では、よりラーメンと相性のいいビールを追求しているという。

『Roto Brewery、麺や天空』があるのは、京急本線・横浜市営地下鉄ブルーライン上大岡駅から徒歩5分ほどのところ。外からも、窓越しに醸造タンクが見える

カウンターのみの店内は、いかにもラーメン店らしい作りだが、インテリアは渋めの隠れ家風である。
入口近くのカウンター席は「醸造所」ビュー。
タイミングが合えば、ビールを仕込んでいる様子を眺めながら、できたてのビールを味わえる特等席だ。

やるならとことん追求、衝撃的な出逢いからビールにのめり込む

『Roto Brewery、麺や天空』店主の麻生達也さんは、上大岡で生まれ育ち、現在は上大岡周辺に家系ラーメン店『ぱるぷん亭』、江戸前鮨店『まほとら』など6店舗を経営している。

経営するバーでは自らバーテンダーとしても店に立っていたが、徐々に売っている酒を混ぜるだけではなく、自分で一から作りたいと思うようになったという。

そんな折にスコットランドの「パンクIPA」というクラフトビールと出逢う。今までにない味わいに衝撃を受け醸造元を調べたところ、そのブルワリーが設立まもないにも関わらず、権威あるビールコンテストを総ナメしていることが分かった。
「クラフトビールの世界では、若い会社でも品質がよければ高く評価される。そこにも強く心を動かされました」(麻生さん)。

ラーメン店を併設したのは、クラフトビール界のカリスマで、大のラーメン好きとしても知られているミッケル・ボルグ・ビャーウスさんへの憧れからだという。また、ファミリーの多い上大岡という地を考慮し、クラフトビール以外の大きな魅力が必要だったのも理由だという。

出店を考える前にビール作りをきちんと学びたいと、東京農業大学醸造科学科 に入学。仕事が多忙になり中退したものの、1年間、ビール作りを含む醸造学をみっちり学んだ。2018年4月上旬に満を持して最初の仕込みを始め、5月12日に初回醸造分を京急百貨店でお披露目し、自身のビール作りに自信を持てたという。

小麦をたっぷり使った、シンプルなホワイトエールの爽やかさ

オリジナルの「上大岡ビール~日焼けしたアリーナ~」は、爽やかなホワイトエール(大麦と小麦を使用した白ビール)。
煮沸(しゃふつ・麦汁を加熱して分解を完全に止め、かつ殺菌し、好ましくない香りを飛ばす工程)時にコリアンダー、オレンジピールで風味付けするのが伝統製法だが、こちらではあえてそのような副素材を使わず、たっぷりの小麦だけでキレのある酸味を際立たせ、ラーメンに合う味に仕上げている。

▲均一になるよう攪拌(かくはん)し、温度を調整して麦芽の糖化を進める

▲仕込みの時、甘い香りの広がり具合で、糖分の仕上がりイメージがつかめるという

アッサムティーの茶葉を使ったビール「ハッサン」、ほんのり黒豆が香る「黒豆エール」、「レモンエール」など、新たな味わいのビールも次々に完成している。
「今後は蜂蜜を使ったハニーエールも作ってみたいですね。ビールって料理と一緒で、組み合わせ次
第で無限に作れるんですよ」と麻生さんは目を輝かせる。

「上大岡ビール~日焼けしたアリーナ~」(写真上)は、ホワイトエールの特徴であるフルーティな酸味も強いが、小麦の香ばしさもしっかり伝わる。喉を通る時の、麦の香りの広がり、甘い余韻の長さ…。

これだけでもたまらなくおいしいが、ラーメンとのペアリングはどうなのか。いやがうえにも期待が高まる。

スープにも麺にも“隠し技”が満載の絶品ラーメン

「鶏白湯と煮干しラーメン」(写真上)はプロの技が満載。トッピングは低温調理した鶏胸肉のチャーシューと豚の肉刺し、さらしネギとシンプル。
豚の肉刺しはスープの熱ですぐに火が通るので、ぜひ最初に味わってほしい。

上記通り、まずは豚の肉刺しをいただく。薄くやわらかいのに、かみしめると肉のうまみがあふれ出す。鶏胸肉のチャーシューは、どこまでもしっとりなめらか。そして麺とスープに進む。

最初に驚いたのが、鶏白湯スープのうまみの濃さ。鶏と煮干しの2種類のだしを別々にとり、鶏1:煮干し3の割合でブレンドしているのだが、煮干しの魚臭さが皆無で、うまみだけが効果的に凝縮されている。

麺は川崎にある『大橋製麺所』の平打ち麺を使用。口当たりに変化をつけるため、太さの異なる番違いの麺を混在させるというこだわりようである。

このうまみたっぷりのスープをさらに引き立てるのが、「上大岡ビール~日焼けしたアリーナ~」のすっきりした酸味。ビールの小麦の香りと麺の小麦の甘みが響き合い、ビールとラーメンを交互に味わうたびに両者の味わいが増幅していく。まさに完璧なペアリングだ。

ラーメンだけじゃない! 仕掛けだらけの一品料理も絶品

フードメニューでぜひ味わってほしいのは、ラーメンのトッピングにも使用している「豚の肉刺し」(写真上)。低温調理でとろけるように仕上げていて、作りたての生ハムのような味わいだ。

十数種類ある天ぷらは、サブメニューながら、しっかり下味をつけて揚げている。「こうすることで生揚げにならないし、おもしろい味わいが生まれるんです」と麻生さん。
また、「大根の天ぷら」にはとろろ昆布、「アスパラガスの天ぷら」には削りたてのチーズ、「ベビーコーンの天ぷら」にはパンチェッタ(豚バラ肉の塩漬け)など、トッピングの工夫も秀逸。

芯まで味がしみた「大根の天ぷら」(写真上)は、まず衣の香ばしさとクリスピー感でビールが進み、大根にしみただしの味でさらにビールが進む。1品200円ながら、侮れない立派な一品料理だ。

近所のおじいちゃんたちも飲める、おだやかなビールを作りたい

ここで素朴な疑問が。
なぜ、ビール作りのきっかけになったIPAビール(大量のホップを使用した苦みの強いビール)を作らないのか。

麻生さんに聞いてみると、「大好きな上大岡の地元の人たちが、気軽にクラフトビールを楽しめる店にしたいんです。まずは地元のおじいちゃんたちが喜んで飲めるような、おだやかなビールを作りたいですね」という答えが。関西風の優しいうどんをメニューに入れているのもそのためだ。

また運営しているパン屋で余ったパン生地をビールの中に入れて風味付けをしたり、ビールをろ過した後の小麦を近隣の牧場に分けたりと、食品リサイクルにも積極的だ。
「日本は食品廃棄量が世界トップクラス。せめて自社内ではできるだけ廃棄しないでやっていきたい。こうした取り組みをどんどん広めたいんです」と語る。

ここ『Roto Brewery、麺や天空』には、隠れ家風の洗練された雰囲気のなかに、麻生さんの優しさがいっぱい詰まっている。


【メニュー】
上大岡ビール~日焼けしたアリーナ~ 700円
ハッサン 700円
黒豆エール 700円
レモンエール 700円

鶏白湯と煮干しラーメン 750円
豚の肉刺し 600円
大根の天ぷら 200円
とり天うどん 600円
※価格はすべて税別

Roto Brewery、麺や 天空

住所
〒233-0001 神奈川県横浜市港南区上大岡東2-42-14 ビアンカ上大岡103
電話番号
050-1360-1069
営業時間
11:00~23:00(料理L.O. 22:00、ドリンクL.O. 22:30)
定休日
日曜日 ※ほかに夏季休暇、年末年始休暇あり
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/crfprbk40000/
公式サイト
https://hachimitsu.owst.jp/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

日本全国60店の絶品ラーメンが登場!ラーメン好きのためのイベント「最強ラーメン フェス」が今年も開催
日本全国60店の絶品ラーメンが登場!ラーメン好きのためのイベント「最強ラーメン フェス」が今年も開催

1.週末は町田でラーメン!絶品ラーメンが集結する「最強ラーメン フェス」が5月7日(日)まで開催中 2.最高の組み合わせ! 「ギョーザ&半チャーハン フェス」が同時開催 3. 会期合計84軒が登場! 人気店がコラボしたイベント限定ラーメンも味わえる!

dressing編集部

「パーク ハイアット 東京」で限定クラフトビールが飲み放題のビアイベントが今年も好評開催中
「パーク ハイアット 東京」で限定クラフトビールが飲み放題のビアイベントが今年も好評開催中

1.クラフトビールの先駆者「サンクトガーレン」が「パーク ハイアット 東京」限定のオリジナルビールを今年も醸造 2.限定クラフトビール2時間飲み放題&スペイン風タパスを3,500円で楽しめる 3.強い味のビールに強い味のタパス! 一層濃厚な味わいになる工夫も

dressing編集部

伝説的アーティストたちに愛された実力シェフが「隠れ家フレンチ」をこっそりオープンさせていた!

1.ナタリー・コール、セルジオ・メンデスらグルメなアーティストを唸らせたトップ・シェフが、小さなレストランをオープン 2.完璧な火入れに、ひと手間かかったソースや付け合わせ。フレンチの真骨頂が感じられる 3.好きなものに囲まれ、好きなことをして、最高に幸せ。そう語るシェフの心のこもった料理たち

Yayoi Shinya
フリーライター