予約困難なイタリアン『チニャーレ エノテカ』が学芸大学にカムバック!? いよいよ予約や貸切もスタート

2018年10月08日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 東京
  • 祐天寺・学芸大・都立大
  • イタリアン
  • ワイン
  • パン
  • パスタ
予約困難なイタリアン『チニャーレ エノテカ』が学芸大学にカムバック!? いよいよ予約や貸切もスタート
Summary
1.本店は予約困難!「ワインとパン」というカジュアルイタリアン『チニャーレ ヴィーノ エ パーネ』が学芸大学にオープン
2.予約も取らず、懐にも優しい価格帯で「気軽に日常使いできる店」がコンセプト
3.自然の生命力に満ちた肉、魚、野菜たち。ジャンルにとらわれない食の楽しさに満ちた料理が満載

予約困難の『チニャーレ エノテカ』が誕生した学芸大学で、週4日間だけオープン中

「休みの日、ふらっと飲みに行きたい時、自分が行きたい店がなかなか見つからない」
そんな東森(俊二)シェフの思いから、『チニャーレ エノテカ』誕生の地、学芸大学の小さな雑居ビルで『チニャーレ ヴィーノ エ パーネ』が静かに始まっている。

本店発祥の地となった、たった6席の小さなイタリアン。瞬く間に多くのファンが生まれ、東京で最も予約が取れないリストランテになった。
その後、2015年の11月末に、京王井の頭線神泉駅から徒歩7分の松見坂に移転、店も大きくなり、席数も3倍に増えた。だが今も、予約困難であることに変わりはない。

旬の素材が持っている本来のおいしさを、手をかけ過ぎない調理で最大限に引き出して行く。季節の豊穣(ほうじょう)をそのまま皿にしたような東森シェフの料理は、多くの食通たちを惹きつけてやまない。

自ら市場に赴(おもむ)き、徹底した目利きから生まれる料理は、肉も、魚も、野菜たちも、自然の生命力に満ちている。
市場で素材と向き合い、思いを巡らす度に、様々なアイデアが浮かんで来る。その中には、リストランテでは出せないけど、シェフ自身が食べたいものも多かった。

だったらスタンディングでもいいから、予約も取らず、懐にも優しい価格で、気軽に日常使いできる店を作ろう。
そこはつまり、東森シェフ自身がいちばん欲しかった場所だった。
コース主体の本店『チニャーレ エノテカ』より、もっと自由度が高い店。

それは、メニューの「蛤の紹興酒蒸し」に代表されるように、ジャンルにとらわれない楽しさに満ちている。もともとペルー料理であるセビーチェを出したり、新鮮な魚介の刺身を出したり、柔軟さが魅力だったシェフの料理。

だが、さすがに紹興酒は使えないし、魚醤を隠し味に空芯菜をシンプルに炒めたメニューは出せない。
でも、そんな何気ない料理こそ、ワインを飲みながら気楽につまみたい味に違いない。

「いじり倒せば、いじり倒すほど、合わせるワインは減っていく」、東森シェフの言葉通り、学芸大店の料理はどんどんワインが進む。グラス1杯から立ち寄れるし、友だちが集ったらボトルをシェアしてもいい。

『ヴィーノ エ パーネ』(ワインとパン)の名前通り、おいしいパンも店で焼き上がる。本店で人気が高い、軽く香ばしい自家製フォカッチャだ。軽い〆には、北イタリアのショートパスタや、タリヤリン(細めの平打ちパスタ)も用意されている。

本店で東森シェフを支える2人のシェフが交代で店に立つ、よりカジュアルで自由な場所。
こんな店の登場を待っていた人は、東森シェフひとりではないはずだ。

本店と同じように、その日の食材が並べられたカウンター、シェフが全国から集めた小皿たち。
この小さな空間は、飲食が我々にもたらしてくれる至福で満ちている。

【メニュー】
白和え 700円
銀杏と百合根のフリット 700円
生牡蠣(3P) 800円
三重産地蛤の紹興酒蒸し 1,400円
アマトリチャーナのタリヤリン 1,600円
ドリンク類 すべて800円
本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。また、価格はすべて税込です。

Cignale VINO & PANE (チニャーレ ヴィーノ エ パーネ)

住所
〒152-0004 東京都目黒区鷹番3-7-12 1F
電話番号
03-6875-2882
営業時間
18:00~23:00(日曜のみ17:00~)
定休日
月曜、火曜  

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

一つひとつが決して普通じゃない、ごく普通の料理。居酒屋の定番を至福のひと皿に変える 学芸大学『浮雲』
一つひとつが決して普通じゃない、ごく普通の料理。居酒屋の定番を至福のひと皿に変える 学芸大学『浮雲』

【連載】幸食のすゝめ #084 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン
ベトナムグルメ「バインミー」がうますぎる! 話題沸騰中の『スタンドバインミー』【学芸大学・祐天寺】
ベトナムグルメ「バインミー」がうますぎる! 話題沸騰中の『スタンドバインミー』【学芸大学・祐天寺】

1.自然派ワインとベトナムを熱愛する女性オーナーがオープンさせた、おいしいバインミーのお店 2.夜は、厳選の自然派ワインとベトナム料理を楽しめる 3.さらなるベトナムの世界へ! 本店近くにカフェ併設のベトナム雑貨店もオープン

桑原恵美子
ライター
注目の一軒が誕生! 名店を渡り歩いたシェフによる「間違いなくおいしい料理」、都立大学『笠井』
注目の一軒が誕生! 名店を渡り歩いたシェフによる「間違いなくおいしい料理」、都立大学『笠井』

1.『アロマ・クラシコ』『TACUBO』などの名店で活躍したシェフが独立オープン、都立大学『笠井』 2.こんなおいしさ知らなかった!厳選した素材の魅力をストレートに伝える料理に感動 3.クラシックから自然派まで厳選したワインと、こだわりの紅茶を料理に合わせても楽しい

小田中雅子
ライター
丁寧な料理は心に響く。本場パリを彷彿とさせるカジュアルなカウンタービストロ 学芸大学『えさけ』
丁寧な料理は心に響く。本場パリを彷彿とさせるカジュアルなカウンタービストロ 学芸大学『えさけ』

1. 東京・学芸大学にオープンしたビストロ『えさけ』は駒沢大学『ビストロ・コンフル』の2号店 2. センスの良い前菜からビストロの定番料理まで、バラエティ豊かなフレンチと良質なワインを楽しめる 3. おひとりさまも大歓迎! ふらっと立ち寄りしっかり食べて飲める、稀有な店

Yayoi Shinya
フリーライター
【幸食秘宝館】東横線きっての“住みたい街”学芸大学にはホンモノがわかるオトナが通い詰める隠れ家がある

【幸食秘宝館】グルメサイトでもなかなか表れない、本当は教えたくない至福の隠れ家。街をさすらい、街に愛された賢人だけが知っている、店選びの黄金律。人気のレビューでは辿り着けない、「幸食の秘宝」そっと教えます。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン