ホルモンとロゼワインに特化した無国籍トラットリア『fujimi do 243』が西小山に誕生

2018年12月11日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 東京
  • 武蔵小山
  • イタリアン
  • ワイン
ホルモンとロゼワインに特化した無国籍トラットリア『fujimi do 243』が西小山に誕生
Summary
1.時代がようやく追いついた! 魅惑の「ホルモン・イタリアン」の店が西小山にオープン
2.イタリアン仕立てに煮込まれた各種のモツや肉料理が絶品
3.日本と世界の自然派ロゼワインが集結。希少なボトルの入荷もあり

ホルモン・イタリアンの明日は西小山から始まる

スナックが建ち並ぶ武蔵小山の迷宮「飲食店街りゅえる」のど真ん中に出現して瞬く間に人気店となり、『晩杯屋』に続くムサコドリームを具現した『豚星』。
「りゅえる」という昭和そのもののスナック街を借景にすることで、自らのプレゼンテーションに成功した店が、駅前再開発の立退きでどんな店にリニューアルするのか? 呑んべいたちの期待を大幅に超えた新店舗には、心強い新メンバーがいた。

今回、西小山「にこま通り商店街」に10月22日に『fujimi do 243(ふじみどう243)』を開店した渡邊マリコさんだ。

かつて目黒権之助坂にあった『コッキーナ』は、ホルモン・イタリアンの旗手として、多くのファンたちに愛されながら2013年に惜しまれつつ閉店、そのオーナーシェフがマリさんだった。
その後、いくつかのレストランを経て、『豚星』のリニューアルに参加。今も人気メニューとして愛される、数々の看板メニューを創り出した。

その後、近年「五反田ヒルズ」として有名になった五反田リバーライトビルの『Bar Lagu(バー ラギュ)』へ。ここでの料理も、同じビルの大人気店『食堂 とだか』の客たちなど多くの食通たちの間で話題になった。

そんなマリさんが『コッキーナ』当初のコンセプト「ホルモン・イタリアン」を、今こそ世に問うため開店したのが西小山『fujimi do 243(ふじみどう)』だ。
ようやく時代が、彼女の料理に寄り添う時が来た。

看板メニューは、権之助坂時代の伝説のメニュー、「ホルモングラタンスープ」。バゲットが乗り、一見オニオングラタンスープに見せながら、中からは各種のモツたちが次から次へと顔を覗かせる。各部位を楽しむのも、重層的なホルモンのうまみに圧倒されるのも自由。とにかく、ロゼワインがいくらでも進む、東京三大煮込み番外編とも言うべき逸品だ。

ハウスワインは京都・丹波ワインの「てぐみ」、酸化防止剤無添加で純国産の自然なワインだ。その他にも、オーストラリアの「プリティボーイ」やイタリアの「リフレッソ」、フランスの「エルヴェ・ヴィルマード」など、様々なロゼワインが揃っている。

『豚星』で今も人気の「ハチノスと春菊のサラダ」は、豆やピンクペッパー、松の実、こだわり野菜が加わってパワーアップ。トマトまみれのトリッパとは違う、ハチノスそのものの味わいに開眼させられる。

中目黒『ばん』へのオマージュで生まれたという「豚尾(とんび)の煮込みピッカンテ」も絶対に頼みたいメニュー。トロトロに煮込まれた豚尾に絡むジャガイモの優しさ、フランス産の小粒のグリーンピースが秀逸に脇を固めている。

今回、多田さんというベストパートナーを迎えて、カウンターの中を笑顔で駆け回るマリさん。2人のチームワークから生み出されるホルモンたちの新舞台と、選び抜かれたロゼワイン。

〆のパスタも手打ち2種類のほか、茹で時間20分以上のスパゲットーニと卵黄、自家製のべーコンを贅沢に使ったカルボナーラも必食のメニューだ。

大衆酒場のやきとりや煮込みが毎日食べても飽きないように、マリさんが作る料理は帰り道にまた食べたくなる後を引く滋味に満ちている。

たくさんのモツエンヌが闊歩する今、ホルモン・イタリアンのオリジネイターによる新たなチャレンジ、『fujimi do 243』から目が離せない。

【メニュー】
ハチノスと春菊のサラダ 1,000円
豚尾の煮込みピッカンテ 680円
鶏レバームース 580円
ホルモングラタンスープ 1,300円
手打ちタリアッテレ 850円
手打ちラザニア3種の肉ソース 1,300円
手製ベーコンのスパゲットーニ カルボナーラ 1,200円
グラスワイン 500円~
ボトルワイン 2,550円~
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。また、価格はすべて税抜です。

fujimi do 243(ふじみどう243)

住所
〒152-0011 東京都目黒区原町1-3-15
電話番号

非公開
営業時間
火〜金 12:00~15:00(L.O.14:30)、18:00~22:00(L.O.21:30)/土日祝 13:00~20:00(L.O.19:30)
定休日
定休日 月曜(不定期で火曜)
公式サイト
https://www.facebook.com/fujimido243/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。