豪勢な「焼肉」で活力アップ! 夏こそ食べたい、東京でおすすめの「焼肉店」4選

2018年12月28日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • まとめ
  • 焼肉
  • 東京
豪勢な「焼肉」で活力アップ! 夏こそ食べたい、東京でおすすめの「焼肉店」4選
Summary
1.夏こそ食べたい! 都内でおすすめの焼肉店4選
2.美食家が主宰する『焼肉 いぶさな』、「肉ばこ」にうっとりな『肉亭ふたご』
3.「飲めるタレ」で極上肉を『焼肉 USON-宇成-』、多彩な仕掛けが魅力の『YAKINIKU FUTAGO 37West 17th St.』

この夏食べたい、都内でおすすめの焼肉店4選

猛暑続きの今夏。そんな時こそ極上の「焼肉」を食べて活力をアップしたい。

そこで編集部が厳選する「焼肉店」4店を紹介しよう。有名焼肉店が挑戦する新コンセプトの店や完全紹介制の知る人ぞ知る店など、どれも名店ばかり。気になる店が見つかったら、早めに予約しよう。

美食家・来栖けいさんが主宰。完全紹介制の焼肉店『いぶさな』

小田急小田原線「参宮橋駅」近くにオープンした『焼肉 いぶさな』は、美食家で知られる来栖けいさんが主宰している焼肉店。年間10頭しか出荷されないという、希少な「いぶさな牛」のみを扱うというこだわりの店である。

こだわるのは使用する牛のブランドだけではなく、その肉質や熱源、カットや焼きの方法など細部までにわたる。すべてにこだわり抜いた時に味わえるという”突き抜けたおいしさ”をぜひ一度味わっていただきたい。

普段は非公開だという予約電話番号を、ぐるなびdressing読者にだけ公開中だ。

焼肉 いぶさな

住所
東京都渋谷区代々木4-10-7
定休日
不定休

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

極上肉が並ぶ「肉ばこ」にうっとり! 本郷三丁目『肉亭ふたご』

東京大学にほど近く、アカデミックな雰囲気の漂う文京区・本郷三丁目。その東京大学を目前に店を構えるのが、2017年12月8日にオープンした焼肉店『肉亭ふたご 本郷三丁目店』。

「はみ出るカルビ」で人気を博す『大阪焼肉・ホルモン ふたご』の新業態だ。同店では、割烹さながらにつくり込まれた上質な空間のなかで、極上の焼肉を楽しむことができる。

こちらのオーダー方法には、ちょっとした特徴がある。「肉亭ふたごのにく匣(ばこ)」(写真上)を初めにオーダーし、これを中心にサイドメニューや肉の追加など、お客の好みで料理を組み立てていくのだ。

部位は日によって変わるが、“だしタレ”で食べる赤身部位は必ず組み込まれる。薄くカットした赤身肉を七輪でさっと炙り、和風だしにくぐらせて食べると、だしと脂が中和され、ひと口目にだしの風味が、そして噛むほどに肉のうまみが口のなかに溢れてくる。

単品での追加オーダーも可能なので、A5ランク黒毛和牛の「特選極タン」や「ミスジ」、「サーロイン」「上ホルモン」などを合わせて、更なる極上のひとときに浸ってみてはいかがだろうか。

肉亭ふたご 本郷三丁目店

住所
東京都文京区本郷5-24-7 1F
電話番号
050-3374-4811
(お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。)
営業時間
ディナー 17:00~23:00
(L.O.22:00)
定休日
ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/jzzt7x550000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

大井町の人気店が恵比寿へ引越し!「飲めるタレ」で極上肉を、『焼肉 USON-宇成-』

大井町で多くのファンを魅了した人気焼肉店『焼肉 USON-宇成-』が、焼肉の激戦区・恵比寿の一等地へ引っ越し。

マスターが塊の肉一つひとつをこだわって仕入れているので、クオリティはお墨付き。ブランドは松坂牛を中心に、その時々によって、神戸や山形の牛肉も使用する。

肉だけではなくキムチやナムル、ドレッシングやタレにもこだわり、既製品を使わずに手作りしている。特に、タレについてはそのクオリティの高さから「飲めるタレ」との異名を持つ。

極上の自家製ダレでいただく、極上の肉……至福のひとときをぜひ恵比寿で味わってみてはいかがだろうか。個室もあるので、仲間内での焼肉忘年会もおすすめだ。

焼肉 USON-宇成-

住所
東京都渋谷区恵比寿西1-7-4 FPG links EBISU 6階
電話番号
03-3461-2148
営業時間
17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日
不定休

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

『ふたご』の新店はNYからの逆輸入! 数々の仕掛けに驚きが止まらない

「黒毛和牛のはみ出るカルビ」などで人気の焼肉店『大阪焼き肉ホルモン ふたご』が、新橋に新たな焼肉店『YAKINIKU FUTAGO 37West 17th St.』をオープン。

ニューヨークで高い人気を誇る『YAKINIKU FUTAGO NYC』を逆輸入し、ニューヨーカーを魅了するラグジュアリーな世界観そのままに焼肉を楽しめる。

宝箱からサシの入った黒毛和牛の塊が登場したり、木箱の中に表現された庭園の中から石を模した黒毛和牛のメンチカツを探し出したりという仕掛けが何とも楽しい。

ボトルキープならぬ「オーナーズビーフ制」もこの店ならではのシステム。肉を焼く前から楽しみたいという人におすすめの店だ。

YAKINIKU FUTAGO 37west 17th St

住所
東京都港区新橋2-11-10 HULIC&New SHINBASHI2F
電話番号
050-3374-2868
(お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。)
営業時間
月~日・祝前日・祝日
ディナー 17:00~24:00
(L.O.22:30)
※貸切利用は応相談
定休日
ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/rj8grb0s0000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

極上肉がずらりと並ぶ「肉ばこ」にうっとり! 粋な大人の焼肉店『肉亭ふたご』が本郷三丁目にオープン
極上肉がずらりと並ぶ「肉ばこ」にうっとり! 粋な大人の焼肉店『肉亭ふたご』が本郷三丁目にオープン

1.『大阪焼肉・ホルモン ふたご』のラグジュアリーブランド『肉亭ふたご』が、本郷三丁目にオープン 2.A5ランクの黒毛和牛6種を盛る「肉亭ふたごのにく匣」をメインに、懐石コースも用意 3.ふたごグループ初のランチ営業で、よりお得に極上肉が楽しめる!

有川美咲
フードライター
【超保存版】焼肉の焼き方決定版!炭火網焼き店で部位ごと・タレと塩の焼き方を肉の専門家が超詳しく解説!
【超保存版】焼肉の焼き方決定版!炭火網焼き店で部位ごと・タレと塩の焼き方を肉の専門家が超詳しく解説!

【連載】肉の兵法 第十六回 肉に向かうときに雑になってはならぬ。どこでどんな肉を食べるのか、組み立てるのが大人のたしなみであり、男の作法。「大人の肉ドリル」著者である松浦達也氏がうまい店の肉をさらにうまく食べるための作法を解説する。 今回のテーマは肉の焼き方。焼き網全体を使って一気に肉を焼いていますか? 塩もタレも一緒に焼きますか? だとしたらあなたには、もっと焼肉がおいしくなる方法があります。

松浦達也
編集者/ライター/フードアクティビスト