【年末年始レシピ】「甘酒」作りは炊飯器でできる! 米麹から作る、ヘルシーな自家製甘酒レシピ

2018年12月28日
カテゴリ
レシピ・キッチン
  • レシピ
  • 年末年始
  • 美容・健康
  • ヘルシー
【年末年始レシピ】「甘酒」作りは炊飯器でできる! 米麹から作る、ヘルシーな自家製甘酒レシピ
Summary
1.炊飯器で作れる簡単「米麹の甘酒」の作り方
2.使う材料は2つだけ!
3.砂糖代わりに甘酒を使ったヘルシーアレンジレシピもあわせて紹介

「飲む点滴」とも呼ばれる甘酒は、美容・健康に良いとされる日本古来の甘味飲料。最近ますます注目が高まっており、手作りする人も増えている。

甘酒には、酒粕から作られるものと、米麹から作られるものの2種類がある。

酒粕から作られている甘酒は砂糖を加えて甘くしているのに対し、米麹の甘酒は砂糖を入れなくても米の甘みがあり、そのままで十分甘い。また、米麹の甘酒にはアルコールが入っていないので、こどもも安心して飲むことができる。

今回は、炊飯器に入れて放っておくだけで作れる、米麹の甘酒レシピを紹介する。

そのまま飲むのも良いが、甘酒の自然な甘さを活かしたスイーツや、酵素の力でやわらかく仕上がる肉料理など、甘酒の特性を存分に活かせるアレンジレシピもオススメ。甘酒が苦手な人にも食べやすいアレンジなので、ぜひ試してみてほしい。

■炊飯器で放っておくだけ!「米麹からつくる甘酒」

まずは、基本の米麹の甘酒の作り方をご紹介。
通常、米麹の甘酒は米麹に55~60℃のお湯を入れて、温度を保ちながら8~10時間ほど保温しなければならない。

それが簡単にできるのが炊飯器を使った方法だ。炊飯器を使えば、米麹とお湯を入れて保温スイッチを押し、放っておくだけで自然な甘みの甘酒を簡単に作ることができる。
飲む際は、お好みでお湯を加えて濃度を調整しよう。

■材料(作りやすい分量)

・乾燥米麹 … 200g
・お湯(55~60℃) … 400ml 
※60℃を超えると発酵しなくなるので注意

■作り方(調理時間:5分) ※保温時間を除く

① 乾燥米麹の塊をほぐしてから、お湯とともに炊飯器へ入れる。乾燥米麹の塊がない状態までよく混ぜる。

② 布巾をかぶせ、炊飯器の蓋を閉めずに4時間保温する。温度を55~60℃に保つようにする。
《ポイント》
この状態でおおよそ60℃だが炊飯器にもよるため、温度を確認し、温度が低すぎる場合は数分蓋を閉じ、温度が高すぎる場合は布巾をはずすなどして調節する。

③ 一度かき混ぜ、さらに4時間、布巾をかぶせ蓋をあけた状態で55~60℃を保ちながら保温し、おかゆ状になれば完成。※飲むときに、お好みでお湯を加えて濃度を調整する。

保存方法と賞味期間:
煮沸した保存瓶に入れ、冷蔵庫で保存する。1週間程度で飲みきる。

■麹でやわらかコクうま「甘酒のネギ味噌チキン」

鶏肉を甘酒と味噌のダブル麹で漬けた「甘酒のネギ味噌チキン」のレシピ。
鶏肉を米麹の甘酒と味噌に漬けることで、酵素の力で肉がやわらかくなり、うまみもアップ。ひと晩漬ければさらにやわらかくなる。甘酒が苦手な方でもおいしくいただける一品。

■材料(2人分)

・長ネギ … 1/2本
・ショウガ … 1かけ
・鶏モモ肉 … 小2枚(約400g)
・甘酒 … 大さじ4(約80g)
・味噌 … 小さじ4
・ゴマ油 … 大さじ1/2

■作り方(調理時間:20分) ※寝かす時間を除く

① 長ネギはみじん切り、ショウガはすりおろす。鶏モモ肉はフォークで数カ所穴を開ける。

② ポリ袋に鶏モモ肉、甘酒、味噌、ショウガを入れて袋の上から揉み込み、冷蔵庫に30分以上置く。(ポリ袋に残る漬けだれは④の工程で使う)

③ フライパンにゴマ油を引いて中火で熱し、鶏モモ肉の皮目を下にし、こんがり焼き色がつくまで4分ほど焼く。裏返して蓋をし、火が通るまで弱火で4分ほど焼く。

④ 鶏モモ肉を一度取り出し、フライパンに残った油に長ネギを加えて中火で炒め、香りが立ったら②のポリ袋に残った漬けだれを加えて煮詰め、ネギ味噌だれを作る。

⑤ 鶏モモ肉をスライスしてから器に盛り、ネギ味噌だれをかける。あれば千切りキャベツを添える。

■砂糖不使用で自然な甘みの「甘酒の蒸しパン」

砂糖の代わりに米麹の甘酒を使った「甘酒の蒸しパン」レシピ。
米麹のまろやかな甘さが広がる一品だ。小麦粉の代わりに米粉を使うことで、もっちりとした食感になり食べごたえがアップするうえ、米麹のやさしい甘さが引き立つ。お好みで角切りにしたサツマイモやリンゴを混ぜてもおいしい。

■材料(5個分)

・甘酒 … 130g
・卵 … 1個
・牛乳 … 50ml
・サラダ油 … 大さじ1
・米粉 … 100g
・ベーキングパウダー … 3g

■作り方(調理時間:25分)

① ボウルに甘酒、卵、牛乳、サラダ油を入れて泡立て器でなめらかになるまでよく混ぜる。

② ①に米粉とベーキングパウダーを加え、粉っぽさがなくなるまでさっくり混ぜる。

③ 5つの耐熱容器(ココットなど)に紙製などのケーキカップ型を敷き、生地を8分目まで流し入れる。

④ ③を深めの蓋付きフライパンの上に並べる。

⑤ フライパンに湯煎用の水を底から1.5cmの高さまで注ぎ、火にかけて沸騰させる。
《ポイント》
耐熱容器の中に湯煎用のお湯が入らない高さにすること。

⑥ 蓋をし、弱火で25分ほど蒸す。

炊飯器に入れて放っておくだけで簡単に作れる、米麹の甘酒レシピを紹介した。アレンジレシピのネギ味噌チキンと蒸しパンは、こどもや甘酒が苦手な人でもおいしく食べることができるので、ぜひ試してみてほしい。

▼「米麹」の関連人気レシピ
炊飯器で完成する「自家製 塩麹」レシピと絶品アレンジ
基本の「自家製 味噌」レシピ

【レシピ制作・撮影】
フードクリエイティブファクトリー
「あなたとあなたの大切な人との暮らしをもっと穏やかで創造的に」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チーム。
食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、
イベントなどを手がけています。
HP:http://foodcreativefactory.com/
Twitter:https://twitter.com/fcf_staff?lang=ja
Instagram:https://www.instagram.com/foodcreativefactory/

関連記事

年末年始もむくみ知らず!秘書が職場で実践する「顔ヨガ」とは?
年末年始もむくみ知らず!秘書が職場で実践する「顔ヨガ」とは?

dressing編集部では、様々な大手・IT企業の役員秘書が集うぐるなびネットワーク「こちら秘書室」で開催されているスキルアップセミナーに潜入し、秘書の最前線トレンドをキャッチ。今回のテーマは、「間々田佳子直伝!顔ヨガで仕事も人生もプラスに変える」講座。1年の疲れが出てくるだけでなく、忘年会・新年会などの宴会で顔のむくみが気になるこの時期。簡単できる「顔ヨガ」でほっそり、スッキリを目指しましょう。

dressing編集部