肉をガッツリ、豪快に食べるなら、この「ステーキハウス&専門店」10選に間違いなし!【東京・予約必至】

塊肉をガッツリ、豪快に食べられる、東京の「ステーキハウス」10店をまとめてご紹介。グリルレストラン『THE BURN』(表参道)、絶品鉄板焼き『YAKIYAKIさんの家』(表参道)、塊肉を薪焼きで堪能できる『チッチ ファンタスティコ』(浜松町)、ニューヨークの『ベンジャミンステーキハウス』(六本木)、『BLT STEAK』(六本木)、熟成和牛の『ノマド グリル ラウンジ』(赤坂)など。予約必至です

2019年11月21日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 東京
  • 表参道・青山
  • 六本木
  • 浜松町
  • まとめ
肉をガッツリ、豪快に食べるなら、この「ステーキハウス&専門店」10選に間違いなし!【東京・予約必至】
Summary
1.肉はガッツリが最高! 豪快「塊肉」が食べられる東京ステーキ店
2.肉の特性を知り尽くした有名シェフが手掛ける店で極上ステーキを堪能
3.ステーキの本場・NYから上陸した黒船系ステーキ店も注目

ガッツリ派大満足! 東京の豪快ステーキ店まとめ10選

肉はがっつり、豪快に食べたいという方必見! 今回紹介するのは、豪快な炎で肉を焼き、ダイナミックに食らう、おいしい肉を心から楽しめる東京都内のステーキ店だ。ステーキ大国・アメリカから初上陸を果たした店や、日本で話題のレストランも満載!

肉汁がしたたる大きな肉の塊にガブリとかぶりつく幸せを想像すれば、今すぐ予約をしたくなること必至だろう。肉好きと一緒に、パートナーや仲間とともに、さらに宴会やパーティーでも、豪快なステーキをチョイスしてはいかがだろうか。

1.【表参道】肉を燃やして焦がす!実力派シェフのグリルレストラン『THE BURN』

表参道にあるグリルレストラン『THE BURN(ザ バーン)』の売りは、店名そのままの「肉を燃やし、焦がす」調理法にある。

勢いのいい炎で、豪快に肉の表面を焦がし、うまみを内部に閉じ込める。そうした完璧な火加減で調理された「炭火焼 経産牛 サーロイン」は、経産牛の濃いうまみが口いっぱいに広がるひと皿だ。料理に使う牛肉、豚肉、サラダの野菜に至るまで、食材に強いこだわりがある。

ニューヨークの『JEAN-GEORGES(ジャン・ジョルジュ)』で修業を積み、『ジャン・ジョルジュ トウキョウ』の初代シェフに大抜擢された、実力派の米澤文雄さんが開いた、ここ『THE BURN(ザ バーン)』で贅沢な時間をぜひ体験したい。

The Burn(ザ バーン)

住所
東京都港区北青山1-2-3 青山ビルヂングB1
電話番号
050-3463-5710
(お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。)
営業時間
ランチ 11:30~15:00
(L.O.14:00)
ディナー 17:30~23:00
(L.O.22:00)
定休日
日曜日
祝日
ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/nca9fxab0000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

2.【六本木】ニューヨークの味そのまま!注目の『ベンジャミンステーキハウス』

ニューヨーカーに絶賛される『BENJAMIN STEAK HOUSE (ベンジャミンステーキハウス)』が、六本木に上陸。

アメリカ農務省の最上グレード“プライム”格付けの肉を熟成させ、高温で一気に焼き上げた「STEAK(ステーキ)」や「リブアイステーキ」は、外側のカリカリと中の柔らかさ、うまみの絶妙なバランスが人気だ。

ランチには熟成肉のミンチで作った「ベンジャミンバーガー」が1日数量限定で提供される。内装もゴージャスで特別な日の食事を演出してくれる店だ。

BENJAMIN STEAK HOUSE (ベンジャミンステーキハウス)六本木

住所
東京都港区六本木7-14-4
電話番号
050-3187-9089
(お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。)
営業時間
土・日・祝
ディナー 17:00~22:00
(L.O.21:00)
※最終入店20:45

月~日・祝日
ランチ 11:30~15:00
(L.O.14:00)
【※コロナウイルスの感染拡大防止に伴う時短営業 6月1日~】

月~金
ディナー 17:00~23:00
(L.O.22:00)
※最終入店21:45
定休日
ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/cw5tcuwd0000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

3.【六本木】骨付き肉を堪能したいならここ!NYから上陸した『BLT STEAK』

『BLT STEAK』は、ニューヨークで13年愛されるステーキハウス。

モダンでスタイリッシュな六本木店では、本店の看板メニュー「プライム ドライエイジング Tボーン」を日本にいながら堪能できる。骨を境界に、ワイルドな味わいのサーロインとしっとりしたフィの両方が楽しめ、お得なひと皿だ。添えられたハーブバターが食欲を刺激してくれ、大きな肉もぺろりと平らげられる。

また豪快に肉にかぶりつきたい人には「トマホークステーキ」もおすすめだ。肉好きには最高の店。それがステーキハウス『BLT STEAK』だろう。

BLT STEAK ROPPONGI

住所
〒106-6005 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデン5F
電話番号
050-3462-8479
営業時間
ランチ:11:30~15:00(L.O.14:15)、ディナー:17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/b54h2w340000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

4.【赤坂】熟成和牛をリーズナブル&スタイリッシュに!『NoMad Grill Lounge』

東京の注目スポット「東京ガーデンテラス紀尾井町」にある『NoMad Grill Lounge(ノマド グリル ラウンジ)』は、熟成和牛のステーキが食べられるレストラン。

上陸系レストランで使われることの多いアンガス牛とは、同じ牛でも別物の味わいなので、食べ比べてみる価値あり。豪快なTボーンステーキや大きなポーターハウスなどはグループでシェアして楽しみたい。

テラススペースに海外のルーフトップバーのような洗練された雰囲気。グループでの肉パーティーのほか、デートにも最適の店だ。

NoMad Grill Lounge

住所
東京都千代田区紀尾井町1-3 東京ガーデンテラス紀尾井町4F
電話番号
050-3491-7554
(お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。)
営業時間
ディナー 17:30~23:00
(L.O.21:30)
テラス席は、21:30 L.O 22:00 CLOSEになります。
バー 17:30~23:30
(L.O.22:00、ドリンクL.O.23:00)

火~日
ランチ 11:30~15:00
(L.O.14:00)
毎週月曜日は定休日です

日・祝日
ディナー 17:30~22:00
(L.O.21:00、ドリンクL.O.21:30)
定休日
ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/hyjp9h500000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

5.【新富町】牛、豚、ジビエなど熟成肉の炭火焼きが最高!『ビストロ ハマイフ』

肉好きのワガママを叶える店が新富町にある。厳選された多様な肉を備長炭の炭火で絶妙なレア具合に焼きあげる『BISTRO HAMAIF(ビストロ ハマイフ)』だ。やわらかい肉質が特徴のブラックアンガス牛のリブロース、仔豚の骨付きロース、一羽丸ごと仕入れて余すところなく活用しているという仔鴨のロースなど、そのバリエーションは実に豊富。

ぜひ食べたいのが「ブラックアンガス牛リブロース」(写真上)。熟成させた肉自体の濃い香りと炭火焼きならではの香ばしさが食欲を刺激。フォンドヴォーと赤ワインにローリエで香りをつけたとろみのあるソースと、根セロリのピューレが添えられる。

ワインは泡、白、赤それぞれ20種類、合計60種ものワインを常時ストック。ぜひ肉をがっつり食べてみて。満足度120%である!

BISTRO HAMAIF -ビストロ ハマイフ- 新富町

住所
東京都中央区新富1-9-4 ファンデックス銀座ビル
電話番号
050-3461-0825
(お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。)
営業時間
月~金
ランチ 11:30~14:00
(L.O.13:30、ドリンクL.O.13:30)

月~土
ディナー 17:00~23:00
(L.O.22:30、ドリンクL.O.23:00)
定休日
日曜日
祝日
年末年始(2019年12月29日~2020年1月5日)
その他(2020年7月23日~2020年7月26日)
ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/9z0prczy0000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

6.【日本橋】「スーパーミート」に注目!肉のプロによる『BarBies』

再開発が進む日本橋の一角に店を構える『BarBies(バービーズ)』。1階はグリル専門店で、地下は焼肉店と2つの異なるコンセプトが特徴的な、水天宮前の人気焼肉店『燈花』(現在は休業中)が新たに手がけた肉の専門店。

同店の特徴は、肉のスペシャリストが調理したグリルを楽しむスタイルにある。

なかでも人気メニューが「スペアリブ(450g)」(写真上)である。いかにもアメリカ人が好きそうな肉の塊だが、ウリはボリュームだけではない。アメリカ製コンロのグリルスペースで、あえて焦げ目が出るくらいに焼く。すると、カリッとした食感で程よい苦みを含む外側と、ジューシーで甘みのある内側とで食感と味に奥行きが生まれる。カットすると、程よい肉汁が流れ出すと同時に、プロによる絶妙な火入れを施された美しい断面が姿を現し、食欲をそそる。

また、地下1階の『Yakiniku BarBies』では不動の人気を誇るオリジナル料理がある。その名は「スーパーミート」。内容は行ってからのお楽しみ。ぜひ新たな肉のスタイルを求めて、一度訪れてみて。

BarBies Grill(バービーズグリル)

住所
東京都中央区日本橋本石町1-1-9 1F
電話番号
050-3313-3203
(お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。)
営業時間
ランチ 11:30~14:00
(L.O.13:30)
ディナー 17:00~23:30
(L.O.23:00、ドリンクL.O.23:00)
※当面の間、営業時間を17:00~23:00(LO 22:30)となります。
ステーキのラストオーダーは22:30。
定休日

肉会するなら「BarBies Grill」!貸切パーティー承ります!20名様~50名様まで利用可能。こだわりのLA風な内装!こだわりの肉!こだわりのワイン!本場の雰囲気を感じながら「USAワイン」と自慢の「和牛カルパッチョ」や「今夜の和牛塊肉」時価をお楽しみください。
ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/24eh7azw0000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

7.【代々木八幡】薪火を見ながら食事が楽しめる、唯一無二のビストロ『薪火グリルazer(アゼル)』

キャンプファイヤーやBBQさならの雰囲気で肉をがっつり食べるなら、東京・代々木八幡に店を構える『薪火グリルazer(アゼル)』をチョイスしたい。こちらは自慢の薪火で焼き上げた「蝦夷鹿ロース」(写真上)。北海道の十勝にて、狩猟から下処理だけでなく、流通や料理までを手掛ける食肉料理人集団「ELEZO(エレゾ)」から取り寄せた蝦夷鹿の赤身は、臭みゼロでヘルシーな味わい。味付けは、塩・コショウと、風味出しのため鹿のジュ(肉汁)のみ。

また人気メニューの「ローストディア丼」(写真上)は、ローストビーフではなくロースト”ディア”(鹿)だ。「蝦夷鹿ロース」同様、「ELEZO」から仕入れた鹿肉を山盛りに載せた丼は、見た目も美しく、運ばれてきた瞬間からテンションが上がること間違いなし。

ちなみに、薪火メニューでは使わない部分の端肉などを使っているため、リーズナブルなのにボリューミーなのだ。

同店では、食材のみならず居心地のよさにもこだわって、「食の楽しさ」を追究。薪火を囲むテーブルの高さや椅子の座り心地も絶妙。ゆったりとした食事の時間を満喫できる同店で、大好きな家族や仲間たちと、「食べる幸せ」にぜひ酔いしれてほしい。

薪火グリルazer

住所
東京都渋谷区富ヶ谷1-51-12 代々木公園ハウス1F
電話番号
050-3476-0224
(お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。)
営業時間
火~日
18:00~23:00
定休日
月曜日
第1火曜日、第3火曜日
※火曜日は不定休
ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/eha012u30000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

8.【池尻大橋】一流シェフ達も唸る「サカエヤ」の肉がメインの『オーオンブーシュ』

今、一流の料理人たちから「この人の手当てを受けた肉を扱いたい」と熱烈な支持を得ている人物がいる。滋賀県の精肉店『サカエヤ』のオーナー新保(にいほ)吉伸さんだ。1980年に精肉業界に入ってからというもの、日々肉と向き合い、人生を肉に捧げていると言っても過言ではない。

その『サカエヤ』の中でも自慢の肉をメインにしたビストロが池尻大橋にある。それが、『Or en Bouche(オー オン ブーシュ)』。シンプルでカジュアルな空間でグリル焼きした一級の肉が食べられるレストランだ。

部位、種類、産地、熟成しているか否か、一つひとつ手当ての仕方を変える『サカエヤ』の肉を食べるコツは、塩をしっかり振ること。その方が『サカエヤ』の肉は味を感じやすいという。

肉そのものが完璧なおいしさであるがゆえにソースは不要、噛み締めながらじっくり味わうだけで良いのである。骨の周りの肉がまた格別だ。

ぜひ一流の肉を食べに『オー オン ブーシュ』に訪れてみて。おいしくて驚きがいっぱいだ。

Bistrot Or en Bouche(オー オン ブーシュ)

住所
〒153-0044 東京都目黒区大橋1-5-1 クロスエアタワー1F
電話番号
03-6416-0190
営業時間
17:30~23:00(L.O.22:00)
定休日
日曜
公式サイト
https://kiwa-group.co.jp/orenbouche_ikejiri/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

9.【表参道】人気シェフの絶品鉄板焼きを!『YAKIYAKIさんの家』

『YAKIYAKIさんの家 OMOTESANDO』は、赤坂にある人気の肉料理店の2号店。数々のTV番組に出演した総料理長の大迫秀樹さんの料理を、表参道でも楽しめる。

人気メニューは脂身と赤身のバランスが絶妙な「国産F1サーロインステーキ」。またさっぱりと焼き上げ「琉球ロイヤルポークLボーンステーキ」もおすすめ。

肉の味は絶品、価格はリーズナブルながら、落ち着いた雰囲気の店内で特別感を味わえるステーキ店。特別な日のディナーに、ぜひ選びたいレストランだ。

YAKIYAKIさんの家 OMOTESANDO

住所
東京都港区北青山3-12-13 HORON‐L 3F
電話番号
050-3373-9786
(お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。)
営業時間
ランチ 11:45~15:00
(L.O. コース 13:30/セット 14:00)
ディナー 17:45~22:30
(L.O. コース 20:00/ 単品 21:45)
定休日
不定休
ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/g0mjnyb20000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

10.【浜松町】塊肉を伝統的な薪焼きで堪能!『チッチ ファンタスティコ』

浜松町エリアの商業施設『GEMS(ジェムズ)大門』にある『Trattoria Cicci Fantastico(トラットリア チッチ ファンタスティコ)』は、肉メインのイタリア料理店。オーダー必至のメニューは「USA産“チョイス”ランクTボーンステーキ香草ニンニクバターソース」。

牛の塊肉を薪で豪快に焼く、昔ながらのスタイルが人気だ。薪焼きで余分な脂肪が落ちているため、大きくてもぺろりと食べられる。自家製生パスタやイタリアンビール&ワインも好評。お腹をすかせて来店したい。

Trattoria Cicci Fantastico

住所
東京都港区芝大門1-15-3 GEMS大門1・2F
電話番号
050-3184-3365
(お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。)
営業時間
月~土
ディナー 17:30~23:00
(L.O.22:00、ドリンクL.O.22:30)
ランチ 11:30~15:00

土・祝日
ディナー 17:30~23:00
(L.O.22:00、ドリンクL.O.22:30)
定休日
日曜日
ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/2esx6yaj0000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。