ベトナム料理に新しい風!ハワイの超人気店『THE PIG & THE LADY』がついに日本初上陸

2020年01月15日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • アジア・エスニック
  • ベトナム料理
  • 恵比寿
ベトナム料理に新しい風!ハワイの超人気店『THE PIG & THE LADY』がついに日本初上陸
Summary
1.ハワイで話題のベトナム料理店『THE PIG & THE LADY』が東京・恵比寿にオープン
2.フレンチ出身のシェフによる「フランス料理×ベトナム家庭料理」の融合
3.フォーのスープにディップして食べる「バインミー」は新感覚のおいしさ!

ハワイの人気ベトナム料理店『THE PIG & THE LADY』が日本初上陸!

刺激が少なく穏やかな味わいの「ベトナム料理」は、今や日本でもすっかり定着。ベトナム料理を代表する「フォー」をはじめ、最近ではベトナム風サンドイッチ「バインミー」の専門店も登場し、人気はますます上昇中。

そんなベトナム料理に今、新しい波が押し寄せようとしている。

ハワイで爆発的な人気を集めているモダンベトナム料理店『THE PIG & THE LADY(ザ ピッグ アンド ザ レディ)』が、日本に初上陸したのだ。

恵比寿駅西口から徒歩1分、人気の飲食店が集まっているエリアにできた「恵比寿銀座クロスビル」2階にオープン。

天井まで広がる窓からたっぷり日差しが入る、開放的な雰囲気の店内。木の温もりを活かした椅子やテーブルが、ハワイの素朴な自然を感じさせる。

オーナーシェフは、有名フレンチ出身の実力派

オーナーシェフのアンドリュー・レイさん(写真上)は、ベトナム系アメリカ人2世。

ニューヨークの料理学校を卒業後、ハワイの人気フレンチ『シェフ マブロ』で修業。スーシェフまで上り詰めた後、ホノルルのファーマーズマーケットにバインミー(ベトナム風サンドイッチ)の屋台『THE PIG & THE LADY』を出店。

その屋台が爆発的な人気を呼び、2013年、ホノルルのチャイナタウンに実店舗をオープン。2016年には姉妹店『PIGGY SMALLS』も開業し、瞬く間に人気店となった。

『THE PIG & THE LADY』のホノルル本店(写真上)は、ハワイのメディア『ホノルル・マガジン』が主催するレストランアワード「ハレアイナ賞」を2017年から3年連続で受賞。2019年は“食のアカデミー賞”とも呼ばれるアメリカ最大の食の祭典「James Beard Award」の「ベスト オワフ レストラン」に選ばれるなど、今、ハワイで最も注目されているレストランだ。

意外な食べ方にびっくり!「フレンチディップスタイル」のバインミー

同店のブレイクのきっかけになったのが、恵比寿店でも食べられる「牛バラのバインミー フレンチディップスタイル」(写真下)。

ファーマーズマーケットで屋台販売していた、オリジナルスタイルのバインミーだ。

▲バインミーには、フォーのスープ、なますが添えられる

スパイスをミックスした塩に牛バラ肉を1日漬けこみ、低温のオーブンで12時間かけてじっくり蒸し焼き。うまみを凝縮させてから、「ホイズンソース」(甘味噌とシラッチャーソース(チリソース)を混ぜ合わせたもの)をたっぷりかける。

パンはバゲットに近い食感で、表面が香ばしくパリッと焼けており、中はふんわりしっとり。そのパンに切り込みを入れてハーブペーストを塗り、牛肉、もやし、タマネギ、パクチーを挟めば完成だ。

牛バラ肉はステーキのような厚みがあるが、フォークで触れただけでホロホロくずれそうなほどのやわらかさ。スパイシーさと甘さが絶妙に調和したホイズンソースがよく合い、この肉だけを単品で味わいたいほど。

さらにユニークなのはその食べ方。

なんと、バインミーをまるごと、フォーのスープにディップして食べるのだ! うまみたっぷりの絶品スープがパンに染みこみ、ホイズンソース、ハーブペーストと一体となって口の中であふれる。

バインミーを出す店は多いが、リッチな具材と濃厚なうまみのスープをかけ合わせるスタイルは同店でしか味わえない。ぜひ試してほしい一品だ。

人気No.1のフォーのだしは、ベトナム人の母親秘伝

ハワイ本店でも人気No.1の「フォー75」には、牛肉、ネギ、パクチー、唐辛子のピクルス、生姜、季節の柑橘と、盛りだくさんのトッピング。

仕上げに、炒めて香りを引き出したミックススパイス(アニス、クローブ、シナモン、コリアンダー、ブラックカルダモン)、細かく刻んだショウガ、コショウが振りかけられている。

運ばれた瞬間にふわっと広がるアジアンな香りが、たまらなく食欲をそそる。

フォーのスープというと、一般的にあっさりしたイメージだが、同店のスープはやや濃い目。アンドリューさんの母親秘伝の、濃厚なコクとしっかりしたうまみを引き出した、特別なだしを使っているためだ。

ピンク色のレアな状態でトッピングされた牛肉もとろけるような柔らかさで、人気が高いのも納得。

フライドチキンのパンチの効いた味わいにノックアウト!

そのボリュームと華やかさ、香りで、運ばれたすべてのテーブルで歓声があがっていたのが、「アンドリューのフライドチキン」(写真上)。

一皿につき3個盛られているが、手羽元付きの手羽先なので、1人1個でも十分満足できるほどのボリューム。塩水に漬けてから揚げている鶏肉はほどよく均一な塩気で、こんがり揚げても身はふっくらジューシーだ。

それを引き立てているのが、アップルサイダービネガーで作った甘酸っぱいソース、フライドエシャロットとピーナッツの香ばしいトッピング、細切りにした赤タマネギのピクルスの辛み。

さまざまな味わいが、ひと噛みごとに交錯するおいしさは、手づかみでガッツリと食べるのがベター。一気に手がベトベトになってしまうが、それもまた、非日常な楽しさを感じさせる。

カリッモチッな食感がクセになる、ベトナム風お好み焼き

ユニークなネーミングが目を引く「大根ケーキ」(写真上)は、すりおろした大根と米粉で作ったベトナム風お好み焼き。薄くスライスしたキュウリ、自家製の大根なます、マスの卵、パクチーをトッピングしている。

大根ケーキは、外がカリッと香ばしく、中はもっちり。そのモチモチ感と甘みを引き立てているのが、大根なますとキュウリの爽やかな食感、そして「ニンニクドレッシング」だ。ニンニク、醤油、唐辛子、酢などをミックスしたニンニクドレッシングは、最後の一滴まで味わいたいほどのおいしさ。

ハワイの風を感じさせるカクテル、ノンアルコールカクテルも豊富

この店でぜひ試して欲しいドリンクが、ハワイのビーチ・バーを彷彿とさせるトロピカルな味わいのカクテルや、ノンアルコールカクテルの数々。

一番人気は、バーボンをベースに、タマリンド(マメ科のトロピカルフルーツ)、アプリコットリキュール、ライムジュースをミックスしたカクテル「P&Lサワー」(写真上)。

バーボンのコクに、タマリンドの甘酸っぱさ、アプリコットの香りが加わり、非常に口あたりのいいカクテル。とはいえ、アルコール分が強いので、飲みすぎにはご注意を。食中酒というより、食後にちびちび味わうのがおすすめだ。

お酒が苦手な人のためのノンアルコールカクテル「モクテル」も種類豊富。

甘みを加えたココナッツミルクにグァバフルーツのソースをトッピングした「ハワイアンディライト」(写真上)は、グァバフルーツの甘酸っぱさがココナッツミルクの甘みを引き立てていて、まるでトロピカル風味のミルクシェイクのよう。

添えられたパンダンリーフでシェイクすると、爽やかな香りも加わる。お酒が好きな方は、このモクテルと同じ味わいでラムベースの「パンダンピーニャ」もぜひ試してほしい。

もちろん、ハワイアンビール、ベトナムビールも豊富。フライドチキンにかぶりつきながらビールをグイッと飲むなんていう楽しみ方も最高だ。

▲左から、爽やかなハワイアンエール「KONA BIG WAVE」、パッションフルーツ、オレンジ、グァバを使用したハワイアンIPA「KONA HANALE」、焙煎した麦芽のコクと柑橘の香りが心地よいハワイアンペールエール「KONA FIRE ROCK」

ユニークな店名は、シェフの体型と、母親への想いから命名

フレンチ出身のアンドリューさんが、独立してベトナム料理店を持つことになったのは、母親の願いがきっかけだった。

▲写真前列左から、アンドリューさんの妹、母親、息子、アンドリューさん、奥さん、後列2人は父親と兄

長く離れていたベトナムに帰省した際、一時体調を崩した母親を看病するため、初めてベトナムを訪れたアンドリューさん。母とともに過ごした2カ月間、自身のルーツであるベトナムの歴史と料理の奥深さに深い感銘を受け、母親の長年の夢だったベトナム料理店を開くことを決意する。

「ママ譲りの本物のベトナム料理と、僕の個性であるフレンチを融合させたら、どこにもない、新しくてユニークなベトナム料理店ができると思ったんです」とアンドリューさん。

店名の『THE PIG』はふくよかな体型であるアンドリューさん自身を、『THE LADY』は母親を意味し、2人の夢をかなえるために作った店であることをあらわしているという。

「フレンチの華やかさと、ベトナム料理特有の“豊かな香り”を楽しんでほしい」

アンドリューさんから直々に手ほどきを受けた同店シェフの金澤純さん(写真上)は、「アンドリューさんはとても明るくて、話し方もやわらかい方。でも料理に関しては妥協を許さず、強いポリシーを感じます」と語る。

ハワイ本店で味わったことがある方も多く来店するため、アンドリューさんの味とブレがないことを一番大事にしているとのこと。

「アンドリューさんのレシピには、フレンチ出身ならではの盛り付けの華やかさとともに、ベトナム料理特有の“香り”の豊かさがあると感じています。食欲をそそるハーブの爽やかな香り、ナッツの香ばしさなどを大事にしているところに、ベトナム家庭料理への愛情を感じます。今の日本人が慣れ親しんでいるアメリカ料理のテイストも含まれているため、エスニックに馴染みがない人にも好まれる味だと思いますよ」(金澤さん)

オープンを前に、ハワイ本店のホールスタッフも来日。愛や尊敬、感謝、寛容などさまざまな意味がこめられた「アロハ」の精神を同店スタッフに伝えたという。

そのせいか、満席で忙しい時でも、お店の雰囲気はどこかゆったり楽しげ。リゾート地のような空気が流れている。本店の味を知る人も知らない人も、ぜひ訪れてみて欲しい。


【メニュー】
フォー75 1,500円
アンドリューのフライドチキン(3P) 1,300円
大根ケーキ 1,400円
牛バラのバインミー フレンチディップスタイル 1,200円(ランチタイムのみ提供)

P&Lサワー 900円
ハワイアンディライト 680円
ハワイ産ビール 各900円

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。また、価格はすべて税込です
※17:00以降は要チャージ料金(1人500円)

撮影:登坂未来

The Pig and the Lady (ザ ピッグ アンド ザ レディ)

住所
東京都渋谷区恵比寿南1-4-15 恵比寿銀座クロスビル2階
電話番号
050-1743-1650
営業時間
月曜~金曜 11:00~16:00 (L.O. FOOD 15:00 / DRINK 15:30) 17:00~23:00 (L.O. FOOD 22:00 / DRINK 22:30) 土曜・日曜・祝日 11:00~23:00 (L.O. FOOD 22:00 / DRINK 22:30)
定休日
無休
公式サイト
https://thepigandthelady.jp/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

待望のオープン!インド料理の“今”を体感できる唯一無二のレストラン『スパイスラボトーキョー』【銀座】
待望のオープン!インド料理の“今”を体感できる唯一無二のレストラン『スパイスラボトーキョー』【銀座】

1.“インド料理の今”を体感できる『SPICE LAB TOKYO(スパイスラボトーキョー)』が11月16日(土)、銀座にオープン! 2.世界中で支持を受ける、最先端インド料理「モダンインディアンキュイジーヌ」とは? 3.総料理長は、超高級ホテル『AMAN』の副料理長も務めたテジャス・ソヴァニ氏

桑原恵美子
ライター
ベトナムグルメ「バインミー」がうますぎる! 話題沸騰中の『スタンドバインミー』【学芸大学・祐天寺】
ベトナムグルメ「バインミー」がうますぎる! 話題沸騰中の『スタンドバインミー』【学芸大学・祐天寺】

1.自然派ワインとベトナムを熱愛する女性オーナーがオープンさせた、おいしいバインミーのお店 2.夜は、厳選の自然派ワインとベトナム料理を楽しめる 3.さらなるベトナムの世界へ! 本店近くにカフェ併設のベトナム雑貨店もオープン

桑原恵美子
ライター
台湾料理に革命を起こした『富錦樹台菜香檳(フージンツリー)』が日本初上陸!「コレド室町テラス」注目店
台湾料理に革命を起こした『富錦樹台菜香檳(フージンツリー)』が日本初上陸!「コレド室町テラス」注目店

1.台北の人気レストラン『富錦樹台菜香檳(フージンツリー)』が、日本初上陸! 2.B級グルメ感のある台湾料理を、洗練されたイメージに変えたといわれる伝説の店 3.新鮮な野菜やフルーツを取り入れ、油を控えたやさしい味わいのヘルシーな台湾料理を提供

桑原恵美子
ライター
大阪の超人気店『ゼロワンカレー』が東京・三田に移転!さらにパワーアップした「南インドカレー」の魅力
大阪の超人気店『ゼロワンカレー』が東京・三田に移転!さらにパワーアップした「南インドカレー」の魅力

1.スパイスカレーの激戦区・大阪で人気の『ゼロワンカレー』が、なんと東京・三田(田町)に移転! 2.南インドの「ミールス(定食)」スタイルのカレーを、大阪時代よりパワーアップさせて提供 3.店主の奥様が作る本格スイーツも、カレーに負けないほどの人気ぶり!

桑原恵美子
ライター