西麻布、焼かない焼肉

【連載】DJ TAROのNice to Meat You vol.3 人と仲良くなるには食事が一番。でも、いきなり鍋って感じじゃない。会話が弾まないテーブルでも綺麗なサシの肉が出てくると「わー!」っと歓喜の声が上がる。そう、肉は人をつなぐ。出逢いのMeetであり肉のMeat。そんな思いを込めて肉ラヴァーに贈るDJ TAROさんのナイスな肉話。

2015年11月08日
カテゴリ
賢人コラム
  • 東京
  • 西麻布
  • 連載
西麻布、焼かない焼肉
Summary
・塊肉ならではの旨み
・ポテサラも感動モノ
・西麻布で牛肉!なのにリーズナブル

塊肉を薪で焼く!

西麻布の路地横にまたウマい肉を食べさせてくれる店が誕生したのでシェアします♪
カジュアルに開放的な空間がニクい!出来立てホヤホヤのお店です。
カテゴリー的には「アメリカン焼肉?」とでも申しましょうか!?

この「シェフ&ブッチャー東京」、焼肉といっても全て厨房で焼いてくれます。
なので自分で焼かない焼肉?(ややこしいww)
様々な部位の塊の肉を薪焼きで提供してくれるんです。

まずは前菜から…
いきなりローストビーフ!!
このピンクのセクシーな色にやられます。
こちらはモモの柔らかい希少部位、カメノコです。
さわやかゆずソースで頂きます。やわらか~い♪
口の中が幸せになるローストビーフです。

美味しくお肉を食べるには野菜もね!
こちらはニンジンとキアヌのサラダ。
「キアヌ」はダイエット効果も高い注目の穀物なんですけど、
これを揚げて食感もいいラペっぽいスタイルのサラダです。
女子は間違いなく好きなはず。

そして焼肉ですからホルモン系も行きましょう~
牛ハチノスのアヒージョです。
トマトの風味と臭みのないハチノスにオリーブオイルの香りとニンニクが食欲をそそります~
トリッパのトマト煮よりちょっと前衛的なお味でバゲットがすすんでしまいます~
こちらは焼くホルモンではなく一品系のホルモン料理も美味しいんです~♪

「メイン肉」に行く前の個人的に感動のメニューが、ブッチャーズポテサラ。
色がオレンジって??
はい、こちらはチャンジャのポテサラ~~~
このお味やられます!やみつきになります。
ホクホクのポテトの甘さとチャンジャのピリカラ感がこんなに合うとは・・・
写真は、さらにもう1つトッピングして、トントロベーコンを…
ジューシー&スモーキーなお味で塩気とポテトの甘みでこれまたやられます。

大阪の老舗から仕入れる肉の質

さあ〜それではいよいよメインのお肉と行きましょうか〜!
お肉はいろいろとありまして、厚切りタン芯、ランプ、イチボ、フィレ、
黒毛和牛のイチボ、ヒウチ、マル芯と赤身も品数豊富です。
こちらは大阪の牛肉卸しの老舗からお肉を仕入れていますので、いろんな部位を楽しむ事が出来ます。
それぞれ200gからオーダーが可能ですが、Bucher’s Plateという2〜3名のお得な盛り合わせがオススメ(2名分:3,800円)。

せっかくだからいろいろ食べたい!ってことで
ダブルプレートで6種のお肉にしてもらいました~
ヒレ、ラム芯、ランプ、ひうち、極上カルビ、厚切りタン芯です。

薪でじっくり見事な火入れで、お肉ふっくらです。
そう最高の状態で出してもらえる焼肉っていい!
シンプルに岩塩で頂くのが最高の贅沢かと。

個人的にはラム芯の柔らかさと赤身の旨味がたまらない~
ちょい厚切りでこそ、その柔らかさを堪能できます。
そしてヒウチの赤身とキレのいい脂のバランスも最高!!
こちらは焼肉のタレでいただきます。
付け合わせには丸ごとローストオニオンやワサビなマッシュポテトが合います。
そう、どこかアメリカなんです~

〆には鉄板なガーリックライス。。。たまりません。

まあ場所柄「お高いんでしょ~?」と思うかもしれませんが、お肉も980円から一番高くてもヒウチで2,100円というお手頃価格。
カップルから5〜6名のお食事会などでもリーズナブルでかなり使い勝手のいい「焼かない」焼肉です。
さらに!
デザートなどは地下のラウンジ的なソファー空間で…なんてことも出来る、肉デートにもナイスな場所です。

chef&butcher Tokyo (シェフ&ブッチャートウキョウ)

住所
〒106-0031 東京都港区西麻布1-11-6 ホテル&レジデンス六本木1F
電話番号
03-3470-8229
営業時間
11:30~17:00、17:00~23:00
定休日
定休日 無

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

もうすぐ解禁日!だけど…ボジョレー・ヌーヴォー自体をその年の指針にするのは無理があった!?
もうすぐ解禁日!だけど…ボジョレー・ヌーヴォー自体をその年の指針にするのは無理があった!?

みんな大好き「お酒」だけれど、もっと大人の飲み方をしたいあなた。文化や知識や選び方を知れば、お酒は一層おいしくなります。シャンパーニュ騎士団認定シュヴァリエによる「お酒の向こう側の物語」 ♯1:ボジョレー・ヌーヴォー

岩瀬大二
ワインナビゲーター/酒旅ライター/MC
焼肉とは何か? まだこんな店が隠れていたのか!と感嘆する名店を見つけた。

【知られざるいい店のすゝめ】あの口コミサイトに載っていない店。地元民しか知らない店。裏通りや駅から少し遠くにある店……。街にはまだまだ知られざる店がある!街と店と絡み合ってきた人生の中で食の賢人・松浦達也が辿り着いた珠玉の一軒を紹介する。

松浦達也
編集者/ライター/フードアクティビスト
天才と呼ばれたフレンチシェフが新橋で開いた居酒屋のあらゆる酒と料理のウマさにシビれる

【連載】幸食のすゝめ #052 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン
【京おんなが教える京都のツウな遊び方】今や花街は旦那衆だけのものじゃない!祇園・先斗町のはしご酒3選

【連載】「京おんなの粋な夜遊び」第2夜 京都は三方を山に囲まれた小さな街。ここでは終電や終バスを逃し、タクシーで帰ってもさほど高額になることはなく、時間を気にせずはしご酒を楽しむのが当たり前。観光客仕様ではなく、京都人が日常遣いする店を今宵、地元の京都美人に案内してもらう。