中目黒、丸焼きチキンの旨みがジュワ~とあふれだすDJ TAROさん絶賛の店、プーレドール

【連載】DJ TAROのNice to Meat You vol.10 人と仲良くなるには食事が一番。でも、いきなり鍋って感じじゃない。会話が弾まないテーブルでも綺麗なサシの肉が出てくると「わー!」っと歓喜の声が上がる。そう、肉は人をつなぐ。出逢いのMeetであり肉のMeat。そんな思いを込めて肉ラヴァーに贈るDJ TAROさんのナイスな肉話。

2016年03月10日
カテゴリ
賢人コラム
  • 中目黒・代官山
  • 東京
  • 連載
中目黒、丸焼きチキンの旨みがジュワ~とあふれだすDJ TAROさん絶賛の店、プーレドール
Summary
1.広尾の人気丸焼きチキンの店が中目黒にも
2.様々なハーブ&スパイスでマリネした「筑波鶏」を直火で50分焼き
3.驚きのしっとりジューシーなのに1羽2,490円の安さ

今回は“牛”ではなく、“鶏”!

肉!と言うと何を想像しますか??牛?豚??鶏???
これまでも基本、牛肉を紹介してきましたが、今回は鶏です。
それも丸焼きチキン

じゃあ、今度は丸焼きチキンと言うと何を想像しますか??
クリスマス?PARTY??
確かに。
でも、クリスマスでなくてもチキンが食べたくなります!(笑)
今回は、そんな美味しく手軽に食べられる丸焼きチキンをご紹介します。
中目黒にある『プーレドール』というお店です。
これまで広尾だけだったのですが、新しく中目黒店が目黒川のそばにOPENしました。 

メインは、やはりこの見事な丸焼きチキンです。
茨城県産の筑波鶏をハーブや様々なスパイスでじっくりマリネして、専用の直火式オーブンで回転させながらじっくりと50分かけて焼いていきます。

どうですか?この見事な焼き色
もちろん、食べやすく切り分けてくれます。
いただきます!

こんなに、しっとりかつジューシーなロティサリーチキン、食べたことないです。

胸肉もしっとり。
しかも、お味もしっかり乗ってます。
さらに、皮の部分はパリッとしてます。
骨の部分までしゃぶりたくなります。
美味しい~~

チキンは、もちろんテイクアウトも可能です。
焼き上がりまで50分近くかかるので前もってお店に電話をしておくといいですね~

意外と2人で1羽ぐらいいけちゃいます!
テイクアウトして翌日サンドイッチとかにしても美味しいですね~

チキンは1羽でも2,490円!
安い!!
半羽又はクォーターサイズもあります。

そして、チキンと一緒に絶対食べて欲しいのがローストポテトです。

専用のグルグル回るオーブンでチキンから出る余分な脂を落とせば皮はパリッと!
そして、そのオーブンから落ちる鶏の脂をポテトが下でキャッチ!
じっくり作るホクホクポテトがまたウマい!

店内では気軽に飲めるワインと一緒に楽しめるツマミもいろいろあります。
目黒川沿いを1本裏に入った新しいエリアです。
是非!

<その他のメニュー>
ラクレットチーズ(1人前) 590円

※北海道産のトローり濃厚なチーズがクセになります

もの凄い鯖のニース風サラダ 990円

※新鮮肉厚なサバの旨みたっぷりのサラダです

生ハムタルトフランベ 1,290円

※Pizza感覚手軽なタルトフランベです

丸焼きチキン酒場プーレドール

住所
〒153-0042 東京都目黒区青葉台1-18-7 カスタリア中目黒1F
電話番号
050-5784-4304
営業時間
11:30~15:00 (L.O.14:30) ※ランチはチキンがなくなり次第終了の場合あり、18:00~24:00 (L.O.23:30)、土・日・祝 11:30~24:00 (L.O.23:30) ※ランチラストオーダーは14:30まで
定休日
定休日 不定休
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/pstv52g30000/
公式サイト
http://leplus-nakameguro.jp/index.html

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

もうすぐ解禁日!だけど…ボジョレー・ヌーヴォー自体をその年の指針にするのは無理があった!?
もうすぐ解禁日!だけど…ボジョレー・ヌーヴォー自体をその年の指針にするのは無理があった!?

みんな大好き「お酒」だけれど、もっと大人の飲み方をしたいあなた。文化や知識や選び方を知れば、お酒は一層おいしくなります。シャンパーニュ騎士団認定シュヴァリエによる「お酒の向こう側の物語」 ♯1:ボジョレー・ヌーヴォー

岩瀬大二
ワインナビゲーター/酒旅ライター/MC
焼肉とは何か? まだこんな店が隠れていたのか!と感嘆する名店を見つけた。

【知られざるいい店のすゝめ】あの口コミサイトに載っていない店。地元民しか知らない店。裏通りや駅から少し遠くにある店……。街にはまだまだ知られざる店がある!街と店と絡み合ってきた人生の中で食の賢人・松浦達也が辿り着いた珠玉の一軒を紹介する。

松浦達也
編集者/ライター/フードアクティビスト
天才と呼ばれたフレンチシェフが新橋で開いた居酒屋のあらゆる酒と料理のウマさにシビれる

【連載】幸食のすゝめ #052 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン
【京おんなが教える京都のツウな遊び方】今や花街は旦那衆だけのものじゃない!祇園・先斗町のはしご酒3選

【連載】「京おんなの粋な夜遊び」第2夜 京都は三方を山に囲まれた小さな街。ここでは終電や終バスを逃し、タクシーで帰ってもさほど高額になることはなく、時間を気にせずはしご酒を楽しむのが当たり前。観光客仕様ではなく、京都人が日常遣いする店を今宵、地元の京都美人に案内してもらう。