目黒・不動前にある「焼肉しみず」で、厚さ約3cmの黒毛和牛タンの旨さにふるえる

【連載】DJ TAROのNice to Meat You vol.11 人と仲良くなるには食事が一番。でも、いきなり鍋って感じじゃない。会話が弾まないテーブルでも綺麗なサシの肉が出てくると「わー!」っと歓喜の声が上がる。そう、肉は人をつなぐ。出逢いのMeetであり肉のMeat。そんな思いを込めて肉ラヴァーに贈るDJ TAROさんのナイスな肉話。

2016年03月25日
カテゴリ
賢人コラム
  • 品川・五反田・大崎
  • 東京
  • 焼肉
  • 連載
目黒・不動前にある「焼肉しみず」で、厚さ約3cmの黒毛和牛タンの旨さにふるえる
Summary
1.肉は基本的にA5ランクのメスの黒毛和牛
2.名物・厚切り黒毛和牛タンは一頭から取れるのは5枚だけ
3.家族経営ゆえのリーズナブルな価格

目黒から東急目黒線に乗って一駅。五反田からも徒歩圏の便利な街、不動前。
近年、芸人さんがたくさん住んでいるということで、「不動前芸人」なんていう企画もあったような街です。
その不動前駅から徒歩数分。商店街の一角にある、いわゆる町の焼肉屋さん。
でも、肉力がハンパない!

まず、このタンをご覧あれ!!

こんな厚切りタンを出す店は見たことないです。
※焼くのが難しいので焼きアドバイスをしてもらいましょう!(あるいは、連載肉の兵法の記事を参照してください)

気軽な街の焼肉屋さんですが、肉の仕入れが素晴らしいです。
基本A5ランクの黒毛和牛のメスしか扱っていません。
ちなみに、この日は但馬牛が出てきました。

どうしてメスにこだわるかというと、肉質が繊細なこと。
そして、脂の融点が低い(比較的低温で脂が溶ける)ので、口どけも良いので、赤身肉がお好きな方にもオススメなのです。

お次はカシラ。
牛のこめかみのあたり(ホホ肉を含む場合もあり)です。

どうですか?写真で見て分かるほどのこの鮮度の良さ。
味付けされた野菜に巻いて食べます!
これがまたウマい!

続いては横隔膜ジェットストリームアタック!!
ハラミ、サガリ(ハラミよりも肋骨に近い横隔膜の一部)、ハラミスジ
女性にも人気のジューシー赤身の王様、ハラミです。
このきめの細かいハラミは良質かつ希少です。
肉の旨み120%味わえます!

そして、神々しい程の角のたったサシ色の美しいサガリは
ほっぺたが落ちるほどの肉汁!ジューシーなウマさ!!

中々ありつけないのが、ハラミとサガリの間のハラミスジ。
噛むほどに肉味を味わう楽しさがあります。
ぜんぜん筋張ってなんかいません。
口の中がいつまでも幸せです♪
噛んでいると程よくいなくなってしまうんです。どこ行った~~~!?(笑)

生テール!

テールは基本的に骨付きの輪切りが多く、ガシガシしゃぶるという感じが多いのですが、
こちらの生テールは程よい弾力に脂の旨みが合わさった良質なもので、これまでのテールの概念が変りますよ。

ホルモンも文句なしのこの肉質!
プリップリです。

「上ミノ青唐辛子」というメニューもコリ!ピリ!っと外せないメニューです。

さあ、ここからはタレものに参りましょう~
オススメ5種盛りです。

この日はクリ、トウガラシ、ザブトン(手前:左、真ん中、右)、肩ロース(奥:左、右)。
神々しい程の美しさです☆彡

これには皆さんテンションあがります!
それぞれの部位の赤身の美味しさと、サシ加減の違いを堪能出来ます。
至福の時です。この感動は白米なしには語れません!!

肩ロースやミスジはこの中でもサシ感が強く見えますが、実際に食べるとぜんぜんそんなことはないんです。
やはり融点の低い牝牛なので、脂はすぐ溶けて旨みに変ります。
そして上品かつ芳醇なタレとバランスよく馴染んで口の中で、別れ際に3度振り返るw 存在感を残しつつ優しくフェードアウト~
心地よい余韻が残ります。

この『しみず』さんで楽しむには、その日のオススメを堪能出来る3種、5種盛りがベストですね。

あと、他の希少部位は通常の1人前以外に1枚ずつなんてオーダーも出来ます。
お肉だけでなく、ユッケジャンなどの一品も抜かりないお味です。
これだけの内容ですが、例えばお任せの5種盛りでも2,880円(税込)です。
ありえないです。
かなりの高原価かと思いますが、、、そこは家族経営で人件費を抑えて、という努力の賜物です。
妥協のない肉選びと少しでもリーズナブルに提供という姿勢。
いま、和牛の価格が高騰する中、本当に頭が下がります。
そんな、人情焼肉『しみず』をオススメしたいと思います!

<価格>
厚切り黒毛和牛タン(1枚)1,500円、生和牛テール660円、並ハラミ1,380円、おまかせ3種盛り1,820円、
5種盛り2,880円

和牛炭焼 焼肉しみず

住所
〒141-0031 東京都品川区西五反田4-29-13 TYビル2F
電話番号
03-3492-2774
営業時間
17:00~24:00(L.O.23:00)、日・祝~23:00(L.O22:00)
定休日
定休日 月曜
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/7tkxymc90000/
公式サイト
http://www.yakiniku-shimizu.com/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

フレンチ仕立ての絶品「餃子」に騎士団オフィシエも唸った、最強のマリアージュを仕掛けた一軒!

みんな大好き「お酒」だけれど、もっと大人の飲み方をしたいあなた。文化や知識や選び方を知れば、お酒は一層おいしくなります。シャンパーニュ騎士団認定オフィシエによる「お酒の向こう側の物語」 ♯5:「餃子」と「シャンパーニュ」のマリアージュ

岩瀬大二
ワインナビゲーター/酒旅ライター/MC
「ワイン」選びに迷ったら?ワインナビゲーターが死ぬまでに飲んでおきたい、コスパ抜群な「新世界ワイン」

みんな大好き「お酒」だけれど、もっと大人の飲み方をしたいあなた。文化や知識や選び方を知れば、お酒は一層おいしくなります。シャンパーニュ騎士団認定オフィシエによる「お酒の向こう側の物語」 ♯4:アルゼンチン・メンドーサのオススメ「ワイン」

岩瀬大二
ワインナビゲーター/酒旅ライター/MC
「いなり寿司」は関東と関西で形が違う!?「初午」(はつうま)の2/7にこそ知るべき、いなり寿司の由来

日本古来の伝統食は、日本の気候や風土、歴史によって長年育まれてきた大切な食文化です。中でも、暮らしの節目節目にくり返される「行事食」には、日本人のスピリットが凝縮されています。本連載は、日本の伝統食、行事食にスポットを当て、知っておきたい基本知識について、日本料理研究家の柳原尚之さんにお話しいただき、さらに覚えておけば日々の食ライフがランクアップする、日本料理の基本レシピも随時紹介!

柳原尚之
江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰
なぜ節分に「恵方巻き」を食べるのか? 全国に広まった理由は? 恵方巻きのルーツとおいしい作り方

日本古来の伝統食は、日本の気候や風土、歴史によって長年育まれてきた大切な食文化です。中でも、暮らしの節目節目にくり返される「行事食」には、日本人のスピリットが凝縮されています。本連載は、日本の伝統食、行事食にスポットを当て、知っておきたい基本知識について、日本料理研究家の柳原尚之さんにお話しいただき、さらに覚えておけば日々の食ライフがランクアップする、日本料理の基本レシピも随時紹介!

柳原尚之
江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰
全国200以上の蔵を訪問した、唎き酒師・女子アナがこっそり通う、ヒミツの日本酒酒場『サケストーリー』

唎酒師、一級フードアナリストの資格をもち、大の日本酒好きとして各メディアで活躍中のフリーアナウンサー・あおい有紀が、選りすぐりの和酒のお店を訪れ、お店とお酒、人の魅力に迫る! #1:『SAKE STORY』

あおい有紀
フリーアナウンサー/一級フードアナリスト/酒サムライ/唎酒師/焼酎唎酒師