【幸食秘宝館・武蔵小山】ネット上ではなかなか見つからないホントウの名店3軒を巡る

【幸食秘宝館】グルメサイトでもなかなか表れない、本当は教えたくない至福の隠れ家。街をさすらい、街に愛された賢人だけが知っている、店選びの黄金律。人気のレビューでは辿り着けない、「幸食の秘宝」そっと教えます。

カテゴリ
賢人コラム
  • 寿司
  • 隠れ家
  • 品川・五反田・大崎
  • 連載
  • プレミアム会員限定
【幸食秘宝館・武蔵小山】ネット上ではなかなか見つからないホントウの名店3軒を巡る
Summary
1.リーズナブルすぎる高級割烹
2.ドラマだけじゃない実在する「深夜食堂」
3.あの超人気店の原型が残る居酒屋

♯001 変わり行く街の変わらない良心、武蔵小山。

『東京のしゃれた町並みづくり推進条例』という、ちっとも洒落てない東京都の条例によって瞬く間に廃墟に変わった「武蔵小山飲食街」、かつてはキャバレー、バー、スナックなどが200店近く立ち並ぶ歓楽街だった。フランス語で「小径」を意味する「りゅえる」と名付けられた夢の砦は、もうすっかり更地になってしまったが、どっこいグルメランキング上位には載らない真の名店たちは元気に営業を続けている。この街で生き残って行くことは、凡百の東京の街とは一線を画した至難の業。どれも、しっかり実力店揃い、それにはしっかりとした理由がある。
最盛期には120人を越える芸妓を擁したお隣の西小山三業地、膨大な家内制手工業の工場や、多くの職人たちが暮らした街、武蔵小山。当然、安くて旨くなくては人は集まらない。現在も続くムサコのシンボル『牛太郎』はその中心的存在だ。現在、東京中の盛り場を席巻する勢いで増殖する『晩杯屋』も、「りゅえる」の外れの小さな立ち飲みから始まった。東洋一と呼ばれた巨大アーケード「パルム商店街」も、未だに1つのシャッター店舗さえない街。この街だからこそ出会える、ほとんど奇跡のような名店たちを紹介しよう。

17時の開店から満席となる奇跡の割烹居酒屋。

たとえば初夏の頃、1年待ったお楽しみ「新子」の握りを食べに行くとしよう。しかし、呑んべいたるもの、酒もそこそこ飲みたい。しかし、握られた鮨を目の前にしてぐだぐたと酒を飲むのは野暮極まりない。かと言って、軽く刺身を引いてもらって燗酒を嗜み、それから鮨というフルコースを踏んでいたら、かなりの出費を覚悟しなければならない。そこは庶民のパラダイス、リーズナブルにも程がある武蔵小山の独壇場だ。こちら外観は小粋な割烹、高級そうなアプローチだ。

5時の開店と同時にほぼ御常連で満席になる店内は、清潔で至る所にまで神経が行き届いている。でも、きちんとテレビの画面は放映中で客に緊張感を強制しない。ダンディな元鮨職人のご主人と、見目麗しく凛とした奥さん。極上の和食と2人の気風に触れるため、毎晩たくさんの客が訪れる。ご主人の腕と店の雰囲気からは想像もつかないほどお得なアテは、どれも500円内外。それでいて、「いわし」を頼むと胡瓜と大葉を添えて海苔で巻いたりと、一つひとつに仕事が施されている。

この記事にはまだ続きがあります

今すぐ続きを読む

プレミアム記事をすべて読むには、ぐるなびプレミアム会員登録が必要です

関連記事

【これからが最高の季節】いままで食べてきたハマグリは何だったんだ! と驚愕必至の本場・桑名のハマグリ

【店づきあいの倫理学】店は生きものであり「おいしさ」や「楽しさ」は数値化できない。だから顔の見えない他者からの情報「評価」を比較して店や食べるメニューを決めたりすることは無効だ。その店だけの「固有の身体感覚」のようなものがあり、その場その時の「代替不可能な店側/客側のコミュニケーション」が、その店の真価を決定づけている。「店と客の関係性」をもとに「よりおいしく食べるための店づきあい」の方法とは?

渋谷・のんべい横丁「行きたいけれど、どの店に行けばわからない」というあなたのためのパーフェクトな5選

【連載】幸食のすゝめ #042 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン
【街の達人流レストランの楽しみ方】メニューを見ずに料理を注文するコミュニケーション術について

【店づきあいの倫理学】店は生きものであり「おいしさ」や「楽しさ」は数値化できない。だから顔の見えない他者からの情報「評価」を比較して店や食べるメニューを決めたりすることは無効だ。その店だけの「固有の身体感覚」のようなものがあり、その場その時の「代替不可能な店側/客側のコミュニケーション」が、その店の真価を決定づけている。「店と客の関係性」をもとに「よりおいしく食べるための店づきあい」の方法とは?

初台でツウなオトナが足繁く通うナチュラルワインバーには、ゆる~い極上のリラックスがある
初台でツウなオトナが足繁く通うナチュラルワインバーには、ゆる~い極上のリラックスがある

【連載】幸食のすゝめ #041 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン
銀座にて、魚を知り尽くした女性料理人のシャレた味わいを楽しめる割烹の素晴らしさに酔う

【連載】幸食のすゝめ #040 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン