中目黒の隠れ家焼肉店は、夜中までガッツリと食べられるホルモンの迷宮だった!

【連載】DJ TAROのNice to Meat You vol.13 人と仲良くなるには食事が一番。でも、いきなり鍋って感じじゃない。会話が弾まないテーブルでも綺麗なサシの肉が出てくると「わー!」っと歓喜の声が上がる。そう、肉は人をつなぐ。出逢いのMeetであり肉のMeat。そんな思いを込めて肉ラヴァーに贈るDJ TAROさんのナイスな肉話。

カテゴリ
賢人コラム
  • 東京
  • 中目黒・代官山
  • 焼肉
  • 連載
中目黒の隠れ家焼肉店は、夜中までガッツリと食べられるホルモンの迷宮だった!
Summary
1.渋谷・神泉の人気店が中目黒からすぐ、青葉台に
2.深夜0時でもクオリティの高いホルモンがある
3.ホルモンだけじゃなく、上肉もハイレベル

僕は、日頃はあまり行かないのだけど、とは言ってもムショーにホルモンが食べたくなる時があるんです。。。

そんな時に必ずのように訪れるのがこちら。
とにかく、新鮮なホルモンをリーズナブルに楽しめるお店なので、今回はここでNice to Meat Youしたい。

ホルモン好き、焼肉好きなら『三百屋』と聞くと渋谷の神泉にあるお店が有名だけど、中目黒の青葉台にもあるんです…ちょっと隠れ家的な『三百屋』が。

まずは、お通しのインパクトが凄い…。
僕は「ヒマラヤキャベツ」って勝手に命名しちゃってるんだけど、まさに山のように盛られている千切りキャベツが登場。もちろんお代わり自由ですよ。
いいお肉を沢山食べるには沢山のキャベツがマスト!
キャベツに含まれる消化酵素は……その種のことは各自勉強してください(笑)

それはさておき、待ちに待ったお肉の登場ですよ。
まずは、鮮度がダイレクトに伝わる「サガリ刺し」から。
これ、焼いたものとは全くの別ものです!
肉味の濃さと甘さを堪能。。。
これをいただくと、続く「焼き」に期待が高まりますね!

焼きはまず「タン」から。
ぶ厚いとか、そういう類いのものじゃないんだけど、色味でその良さは伝わります。
最近、厚切りのタンを出す店が多いのでこの“デフォルト厚”でウマさを堪能~。
でも、僕はここのお店ではタンより“噛めば噛む程系”のタンスジの方が好きだったりします。
絶対に外せない食感と肉味なのです。

そして、塩ものから攻めるとするなら「ハツモト」。
心臓に近い大動脈の部分でコリッとした食感と心臓の脂身である「アブシン」と2つの食感を楽しめる希少な部位です。
歯切れのいい“コリッ”の後にジューシーな脂身のミックスがたまりません。

お次に注文するのはミソ系ホルモンです
個人的に一番好きなのがこれ「ヤン」!
牛の胃であるハチノス(第二胃)とセンマイ(第三胃)をつないでいる部分で、こちらも希少部位。
独特のフワッとした弾力と甘みが最高の部位です。
ホルモンは下処理で味が大きく変化します。
これだけウマいヤンを出せるのは、お店のレベルの高さを物語っています。

また、部位ごとに味を変える独特の味噌ダレが旨いんです!
注文が入ってから1つずつ丁寧にムンチュ(混ぜ合わせ)する「コプチャン」など、“噛めば噛む程系”はこの味噌との相性がたまらない。
その他にも人気のハラミやもちろん赤身の肉などもあるのでホルモン以外のお肉も楽しむ事が出来ます。

焼肉の神髄はホルモンにあり!
ぜひ一度お試しあれ~

青葉台ホルモン 三百屋(アオバダイホルモン サンビャクヤ)

住所
〒153-0042 東京都目黒区青葉台1-28-14
電話番号
03-3712-1129
営業時間
18:00~翌1:00(L.O.0:00)、土・日・祝17:00~翌1:00
定休日
定休日 無休
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/jrmkypce0000/map/
公式サイト
http://www.sanbyakuya.com/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

居酒屋フリーク、立ち飲み好き、武蔵小山ツウなら知ってる「ムサコ飲み」の終着点『長平』が帰ってきた

【連載】幸食のすゝめ #051 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン
なぜ酒はバーで飲むべきなのか?

【店づきあいの倫理学】店は生きものであり「おいしさ」や「楽しさ」は数値化できない。だから顔の見えない他者からの情報「評価」を比較して店や食べるメニューを決めたりすることは無効だ。その店だけの「固有の身体感覚」のようなものがあり、その場その時の「代替不可能な店側/客側のコミュニケーション」が、その店の真価を決定づけている。「店と客の関係性」をもとに「よりおいしく食べるための店づきあい」の方法とは?

【ほっとする店をお探しのあなたへ】通うだけで心も体も健康になりそうなビストロを学芸大で見つけた

【連載】幸食のすゝめ #050 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン
地元の客から「邪魔者」と疎まれるような態度でいると、「うまいものにありつけない」ということについて

【店づきあいの倫理学】店は生きものであり「おいしさ」や「楽しさ」は数値化できない。だから顔の見えない他者からの情報「評価」を比較して店や食べるメニューを決めたりすることは無効だ。その店だけの「固有の身体感覚」のようなものがあり、その場その時の「代替不可能な店側/客側のコミュニケーション」が、その店の真価を決定づけている。「店と客の関係性」をもとに「よりおいしく食べるための店づきあい」の方法とは?