『磯丸水産』の背黒イワシの唐揚げは、クレイジーケンバンド小野瀬さんの「心の奥底に響く」逸品だった

【連載】クレイジーケンバンド小野瀬雅生の想う店・想う味 第22回 クレイジーケンバンドのギターにして、その食情報の確かさで多くのグルメなファンも持つ、小野瀬雅生さん。彼の愛する店、どうしても食べたくなる料理を教えていただく。

2016年09月14日
カテゴリ
賢人コラム
  • 居酒屋
  • 魚料理
  • 東京
  • 埼玉
  • 神奈川
『磯丸水産』の背黒イワシの唐揚げは、クレイジーケンバンド小野瀬さんの「心の奥底に響く」逸品だった
Summary
1.「夜中にちょっと一杯や小腹ふさぎ」の人気店
2.骨までやわらかく濃厚なうまみの背黒イワシの唐揚げ
3.これに合わせるのはレモンサワーか赤とんかパイス

私が20歳前後だった今から35年ほど前、まだコンビニエンスストアがなかった時代。横浜の繁華街には24時間営業のお店が結構ありました。高校卒業後にバイトをしていたのが関内にあった24時間営業の音楽練習スタジオ。夜中にお腹が空くとどうするか。24時間営業のお弁当屋もあったし、24時間でなくても深夜に配達してくれるお蕎麦屋さんもあったし、深夜までまたは深夜のみ営業の飲食店も色々ありました。24時間営業の吉野家もありました。店の名前が一瞬変わった時がありましたよね吉野家。今ほどではありませんが24時間営業は結構存在していたんです。まあ当時はコーヒーと煙草だけでほぼ生きていられましたから、そうしたお店の利用は余程お腹が空いた時か、懐に余裕があった時だけ。スタジオで夜中に好きな音楽を大音量でかけながらギターの練習に没頭しておりました。24時間営業のボウリング場もあったなぁ。夜中にはやらなかったけど。

あと24時間営業と云えばデニーズの登場が思い出されます。よく利用していたのは今でも営業している鶴見一国店。友人達と夜中に行って朝方までお代わり自由のコーヒーを何杯も何杯も飲んでは音楽の話やら地獄のようにくだらない馬鹿話を延々としておりました。話は逸れますが、昔デニーズのメニューにあったラムチャップって復活しないですかねぇ。あれ好きだったんですけどねぇ。

今ではコンビニに蕎麦に牛丼と24時間営業に囲まれた生活です。お正月だろうがお盆だろうがいつ何時でも殆ど何でも揃う21世紀。ネット通販も午前中にポチッとクリックすれば夕方には届いてしまう時代。子供の頃に思い描いていた未来は空を飛んでどこにでも、宇宙にだって行けちゃうと云うのが基本線でした。あと瞬間移動とかタイムワープとか。そんなカッコイイ未来は来なくてやたらと物欲や食欲を増進する未来がやって参りました。そんな未来の中にそれなりにアジャストしている自分をそれなりに評価しております。便利なのは良いこと。取捨選択するのは自分。

居酒屋も24時間営業のところが増えて参りました。筆頭格は『磯丸水産』ではないかと思います。
かなり以前に吉祥寺の曼荼羅(ライブハウス)の近くに出来て、24時間飲めるってスゴイなぁと思っていたらアッと云う間にあちこちに出店展開してビックリ。夜中にちょっと一杯とか小腹ふさぎとか(一杯とか小腹で済まないことも頻発)とかとても便利で折に触れて利用しております。
そしてこの『磯丸水産』に私の大好きなメニューがあります。背黒イワシの唐揚げ。これが私の心の奥底に響く味わい。カリッと揚がった背黒イワシは骨もやわらかくて、濃厚なうまみに海の豊かさを感じます。

シンプルな味付けもまた絶妙。ボリュームがしっかりあって満足至極。ウマウマウー。
これとレモンサワーか赤とん(酎ハイ+唐辛子+大葉、金魚とも呼ばれる)かバイスがあればじっくりとシアワセに浸れます。

卓上のコンロで貝とか焼き出すと深酒注意。24時間だから際限ないですもの。

若い頃だったらデニーズの代わりにここに何時間も居座ったかも知れないなぁ。美味しかったです! 御馳走様でした!

磯丸水産

住所
〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-5-2 内田ビル1F(磯丸水産 吉祥寺南口店)
電話番号
050-5797-4459
営業時間
月~日 24時間営業
定休日
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/g111377/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

なぜ正月に「雑煮」を食べるのか? 日本人なら知っておきたい、雑煮のルーツと江戸雑煮のおいしい作り方

日本古来の伝統食は、日本の気候や風土、歴史によって長年育まれてきた大切な食文化です。中でも、暮らしの節目節目にくり返される「行事食」には、日本人のスピリットが凝縮されています。本連載は、日本の伝統食、行事食にスポットを当て、知っておきたい基本知識について、日本料理研究家の柳原尚之さんにお話しいただき、さらに覚えておけば日々の食ライフがランクアップする、日本料理の基本レシピも随時紹介!

柳原尚之
江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰
なぜ年末に「年越しそば」を食べるのか?【日本料理研究家/江戸懐石近茶流嗣家・柳原尚之】

日本古来の伝統食は、日本の気候や風土、歴史によって長年育まれてきた大切な食文化です。中でも、暮らしの節目節目にくり返される「行事食」には、日本人のスピリットが凝縮されています。本連載では、日本の伝統食、行事食にスポットを当て、知っておきたい基本知識について、日本料理研究家の柳原尚之さんにお話しいただき、さらに覚えておけば日々の食ライフがランクアップする、日本料理の基本レシピを随時紹介します!

柳原尚之
江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰
【dressing読者は期間限定で入店可能に!】オトナが注目する街・四谷荒木町の紹介制隠れ家

【連載】幸食のすゝめ #055 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン
「日本酒」選びに迷ったら? 騎士団オフィシエがこっそり教える、年末年始に飲むべき旨い「日本酒」

みんな大好き「お酒」だけれど、もっと大人の飲み方をしたいあなた。文化や知識や選び方を知れば、お酒は一層おいしくなります。シャンパーニュ騎士団認定オフィシエによる「お酒の向こう側の物語」 ♯3:年末年始にオススメの「日本酒」

岩瀬大二
ワインナビゲーター/酒旅ライター/MC