熟成肉好きのパラダイス!Tボーンステーキをがっつり楽しめるグリルレストランが赤坂に

【連載】DJ TAROのNice to Meat You vol.15 人と仲良くなるには食事が一番。でも、いきなり鍋って感じじゃない。会話が弾まないテーブルでも綺麗なサシの肉が出てくると「わー!」っと歓喜の声が上がる。そう、肉は人をつなぐ。出逢いのMeetであり肉のMeat。そんな思いを込めて肉ラヴァーに贈るDJ TAROさんのナイスな肉話。

2016年09月08日
カテゴリ
賢人コラム
  • 東京
  • 連載
 熟成肉好きのパラダイス!Tボーンステーキをがっつり楽しめるグリルレストランが赤坂に
Summary
1.赤坂に7月末開業した注目の新名所、東京ガーデンテラス紀尾井町
2.“上陸系”とは違う熟成和牛のTボーンステーキなどが楽しめる
3.テラススペースは海外のRoof Topのような洗練されたスタイル

ここ数年の肉ブームの中でもステーキ、特に海外からの上陸系が注目される中、
赤プリ跡地、東京ガーデンテラス紀尾井町内に
雰囲気のいいSteak Place が7月末にOPENした。

それが『Nomad Grill Lounge』。

僕は思う、そもそも食事をするということはどういうことなのか?と。

ウマいものが食べられればそれでいい…という時もあるがそれだけではない。
恋人、大切な友人、家族、仲間。もちろんビジネスのシーンにおいても
食事をするという行為は様々な価値観を共有する場所だと僕は思っています。

そういう意味で、ここは是非ちょっとオシャレをして楽しんで欲しい、特別な食事の場所です。

この店には、男性諸氏には知っていておいて欲しいことがある。
よくNYスタイルなんて言うけど、海外でレストランに訪れた場合はまずBarエリアへ行くもの。
そこで待ち合わせをする。

出来れば30分ぐらい前に来て、1杯飲みながら連れの女性が来たら「僕も今来たところ…」ぐらいのご愛嬌からスタートしたい。

ここ『Nomad Grill Lounge』は食事もそうだが、こういった多面的な空間を是非満喫してもらいたい。
開放感のあるなんともドレッシーな空間で頂けるのは、フレッシュオイスターやシュリンプカクテルなどのシーフード。

個人的にはタラバガニのクラブケーキにオマール海老のビスクもまたいい。

ちなみにNYスタイルのレストランなどでなぜオイスターを食べるのか??

実は、牡蠣は消化酵素が強いので美味しいお肉を頂く前に飛べておくのは理にかなっているという。

さて、メインのお肉の話です!

是非、豪快な骨付きTボーンをみんなでシェアしてください。
この店の最大の特徴は熟成和牛の骨付き肉をいただけるというところです。
基本”上陸系”のステーキハウスは、アンガス種の牛肉が多いと思うので、これは大きな違いですね。

Tボーンはヒレとサーロインが両方楽しめますが、Tボーンの中でもヒレの部分が大きいポーターハウスなどは1kgサイズでも基本2万円を越える価格だったりもします。

そんな中こちらは熟成牛のTボーンで13,000円、ポーターハウスで15,000円というリーズナブルな価格で和牛を楽しむことが出来るのがポイント。

ちょっと変わったところでは、最近チラホラと見かけるインディアンの使う斧のような形をした骨付きのリブローストマホークステーキも2kg28,000円程度で食べられます。
3〜4人で分けると丁度いいですね。
アンガス種と和牛とどちらが美味しいの??と言われればこれは全くの別物です。
この店では是非和牛の骨付きの醍醐味を楽しんで欲しいです。

もちろん、熟成という製法は答えがない分野だと思います。

個人的に黒毛和牛などはそもそも日本独自の熟成技術で寝かせているので、そのまま食べるのが一番美味しいと思いますが、
ホルスタイン種や交雑などそもそもそこまでグレードが高くない肉こそ熟成の醍醐味があると思います。

ここ『Nomad Grill Lounge』ではそんな熟成和牛や短角種など種類も豊富なので是非自分の好みにあったステーキを見つけて欲しいです。

さあ、楽しいディナーはこれだけでは終わりません。
食後のデザートもですが場所を変えて食後酒でも楽しもうではありませんか!

外には店内よりも大きなテラススペースがあります。
そう、まるで海外のRoof Topのようなスタイルです。
テーブル席だけでなくラグジーなソファーエリアもあって自分も夜景の一部のようなパノラマ感に酔いしれてください。
音楽もただのBGMではなく、ラウンジMusicをDJが担当しています。

NYもラスベガスもシンガポールでも大抵ビルの最上階はRoof Top Barになってたりします。
まだまだ日本はこういう大人が楽しめるレストランエンターテインメントが少ないですね。
まあでも2020年に向けてこういうスタイルが増えてくると思います。

ちなみにこちら、Bar利用のみでも利用出来ます

ランチではカジュアルなバーガーやステーキカレーなども楽しめます。
とにかく場所に捕われないNomadな空間とステーキを堪能できます〜

NoMad Grill Lounge

住所
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町1-3
電話番号
050-5783-3451
営業時間
ランチ:11:30~15:00(L.O.14:00)、カフェ:11:00~17:00(L.O.16:30)、ディナー・バー:17:30~23:30(L.O.22:00、ドリンクL.O.23:00)
定休日
年中無休
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/hyjp9h500000/
公式サイト
http://nomad-grill-lounge.com/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

もうすぐ解禁日!だけど…ボジョレー・ヌーヴォー自体をその年の指針にするのは無理があった!?
もうすぐ解禁日!だけど…ボジョレー・ヌーヴォー自体をその年の指針にするのは無理があった!?

みんな大好き「お酒」だけれど、もっと大人の飲み方をしたいあなた。文化や知識や選び方を知れば、お酒は一層おいしくなります。シャンパーニュ騎士団認定シュヴァリエによる「お酒の向こう側の物語」 ♯1:ボジョレー・ヌーヴォー

岩瀬大二
ワインナビゲーター/酒旅ライター/MC
焼肉とは何か? まだこんな店が隠れていたのか!と感嘆する名店を見つけた。

【知られざるいい店のすゝめ】あの口コミサイトに載っていない店。地元民しか知らない店。裏通りや駅から少し遠くにある店……。街にはまだまだ知られざる店がある!街と店と絡み合ってきた人生の中で食の賢人・松浦達也が辿り着いた珠玉の一軒を紹介する。

松浦達也
編集者/ライター/フードアクティビスト
天才と呼ばれたフレンチシェフが新橋で開いた居酒屋のあらゆる酒と料理のウマさにシビれる

【連載】幸食のすゝめ #052 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン
【京おんなが教える京都のツウな遊び方】今や花街は旦那衆だけのものじゃない!祇園・先斗町のはしご酒3選

【連載】「京おんなの粋な夜遊び」第2夜 京都は三方を山に囲まれた小さな街。ここでは終電や終バスを逃し、タクシーで帰ってもさほど高額になることはなく、時間を気にせずはしご酒を楽しむのが当たり前。観光客仕様ではなく、京都人が日常遣いする店を今宵、地元の京都美人に案内してもらう。