わざわざ行きたい!今年、葉山にオープンしたばかりのオトナ限定一軒家レストラン

【連載】クレイジーケンバンド小野瀬雅生の想う店・想う味 第25回 クレイジーケンバンドのギターにして、その食情報の確かさで多くのグルメなファンも持つ、小野瀬雅生さん。彼の愛する店、どうしても食べたくなる料理を教えていただく。

2016年10月18日
カテゴリ
賢人コラム
  • 神奈川
  • 新店
  • フレンチ
  • 隠れ家
  • 連載
わざわざ行きたい!今年、葉山にオープンしたばかりのオトナ限定一軒家レストラン
Summary
1.2016年夏に葉山にオープンした未成年入店不可のオトナのレストラン
2.必食は、定置網に揚がった魚をたっぷり使った「魚のスープ」
3.尾崎牛メニューや野茂英雄オリジナルブレンドのコーヒーも

私にとって葉山と云うのは特別な場所です。クレイジーケンバンド(以下CKB)に「葉山ツイスト」と云う楽曲(作詞作曲横山剣)があります。今から18年前に発表したCKBのファーストアルバム『Punch! Punch! Punch!』に収録されています。昭和30年代の若者文化のエッセンスをフェンダーミラーやシーサイドハウスと云った言葉で20世紀の終わりに召喚したツイストナンバー、それが「葉山ツイスト」。私にとっての葉山界隈、逗子から葉山マリーナ、森戸海岸、葉山御用邸から長者ヶ崎へと抜ける海沿いの道には思い出がいっぱいあります。御用邸裏にある海岸の海の家でCKBのライブをやった事もあります。古くは友人達と夜中にドライブをしてこの辺りをうろうろしていた事もあります。美味しいイタリアンレストラン(今はもうない)にも通いました。

そして幾つかの思い出は今でも心の奥底がキュッと音を立てるくらいにあまりにも切ない。どうでもいい思い出から大切な思い出まで、CKBの「葉山ツイスト」を演奏(当たり前ですが聴くより演奏する方が多い)する度に自動的に芋づる式に甦って参ります。2分ちょっとのこの曲で昭和にワープどころか自分史のダイジェストをもトリップしてしまうのです。
自分の一生の最後に、きっと葉山での様々な出来事を思い出すでしょう。江ノ島も鎌倉も油壺マリンパークも一緒に。まあ今から100年後くらいのつもりでおりますが。

そんな葉山に『OVER THE RAINBOW 海の近くのChai 葉山』と云う素敵なお店がこの夏にオープンしました。私がお世話になっているクリエイティブディレクター・プロデューサーの臺佳彦さんが立ち上げたBAR & RESTAURANT。未成年者ご遠慮くださいの大人の居場所。逗子駅からはタクシーで10数分ほどの閑静な住宅街の中にあります。

緑の鮮やかな庭にはミントなどのハーブもあり、柑橘類の樹木も幾つか。店の中から窓越しにこの庭を眺めているだけで心が綺麗に洗われるような気がします。平日は夕方から、土日は昼の時間帯もこだわりの料理とお酒を戴けます。生ビールは樽ごと冷やす空冷式の「馨和 KAGUA白」と「トーキョーホワイト」。馨和は柚子と山椒の香りが印象的な深い味わいで、トーキョーホワイトはすっき馨りとどこまでもなめらか。

岩塩にワインを沁み込ませたワイン塩のパンチに驚き、ショットグラスに入った尾崎牛骨フォンのあまりの味わいの広がりには興奮がいきなり絶頂に。わっぱに入った前菜は創意工夫と遊び心の結晶。ミニトマトも卵黄も糠漬けです。

そしてこの日に最も楽しみにしていた「魚のスープ」。ネーミングは素っ気ないですが内容は凄まじい。定置網であがった小魚と甲殻類を全てすり潰してムーランで漉して作られています。小魚20kgと甲殻類6kg。骨や殻(小魚の内臓は取る場合も)も余すことなくスープにする。その濃厚を遙かに越えた濃厚さに完全にノックアウト。未知なる滋味との遭遇。手間と時間の集成。このスープを味わうためだけにここに来ても損はありません。ウマウマウー。

そしてこの後に、中のつみれから外の衣まで全部しらすで出来た「まるっとしらす揚」、あの新進気鋭のシェフが監修した「餃子」、ちっちゃな土鍋の「トロトロトリュフ玉子」、「尾崎牛モツの軽い煮込み」、「尾崎牛のローストビーフ」、「南の島豚のラグーのパスタ山わさびトッピング」、お酒も色々あって、最後に24時間かけて作られる「ヒミツのフレンチトースト」。

そして野茂英雄氏オリジナルのNOMOブレンドコーヒーで満足至極。一つ一つの料理や酒にエピソードやストーリーがあって食の愉悦は計り知れず。心地好いサービスの快適な空間ではありますが、下にも置かない過剰な接客はありません。魚のスープのように全ての要素をじっくり楽しめる本物の大人のためのお店です。

そしてこの先どんなメニューが増えていくのか心から楽しみにしています。

でもBGMに流れたジェフベックの「OVER THE RAINBOW」は反則だと思います。沁み過ぎます。CKBの「葉山ツイスト」も入れてください。またゆっくりと伺います。美味しかったです! 御馳走様でした!

Over The Rainbow 海の近くの Chai 葉山

住所
〒240-0112 神奈川県三浦郡葉山町堀内562-1 堀内タウンハウスD棟
電話番号
046-815-8709
営業時間
17:00~21:30、土・日・祝12:00~14:00、17:00~21:30
定休日
定休日 水曜(月一回火曜休)※ 未成年の入店不可
公式サイト
http://chai-hayama.com/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

なぜ正月に「雑煮」を食べるのか? 日本人なら知っておきたい、雑煮のルーツと江戸雑煮のおいしい作り方

日本古来の伝統食は、日本の気候や風土、歴史によって長年育まれてきた大切な食文化です。中でも、暮らしの節目節目にくり返される「行事食」には、日本人のスピリットが凝縮されています。本連載は、日本の伝統食、行事食にスポットを当て、知っておきたい基本知識について、日本料理研究家の柳原尚之さんにお話しいただき、さらに覚えておけば日々の食ライフがランクアップする、日本料理の基本レシピも随時紹介!

柳原尚之
江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰
なぜ年末に「年越しそば」を食べるのか?【日本料理研究家/江戸懐石近茶流嗣家・柳原尚之】

日本古来の伝統食は、日本の気候や風土、歴史によって長年育まれてきた大切な食文化です。中でも、暮らしの節目節目にくり返される「行事食」には、日本人のスピリットが凝縮されています。本連載では、日本の伝統食、行事食にスポットを当て、知っておきたい基本知識について、日本料理研究家の柳原尚之さんにお話しいただき、さらに覚えておけば日々の食ライフがランクアップする、日本料理の基本レシピを随時紹介します!

柳原尚之
江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰
【dressing読者は期間限定で入店可能に!】オトナが注目する街・四谷荒木町の紹介制隠れ家

【連載】幸食のすゝめ #055 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン
「日本酒」選びに迷ったら? 騎士団オフィシエがこっそり教える、年末年始に飲むべき旨い「日本酒」

みんな大好き「お酒」だけれど、もっと大人の飲み方をしたいあなた。文化や知識や選び方を知れば、お酒は一層おいしくなります。シャンパーニュ騎士団認定オフィシエによる「お酒の向こう側の物語」 ♯3:年末年始にオススメの「日本酒」

岩瀬大二
ワインナビゲーター/酒旅ライター/MC