シアワセを感じるソースのうまさ! 横浜で創業80年のとんかつの老舗の「四角い」ヒレカツ

【連載】クレイジーケンバンド小野瀬雅生の想う店・想う味 第24回 クレイジーケンバンドのギターにして、その食情報の確かさで多くのグルメなファンも持つ、小野瀬雅生さん。彼の愛する店、どうしても食べたくなる料理を教えていただく。

2016年10月12日
カテゴリ
賢人コラム
  • とんかつ
  • 横浜
  • 連載
シアワセを感じるソースのうまさ! 横浜で創業80年のとんかつの老舗の「四角い」ヒレカツ
Summary
1.横浜市民なら知らない人はいない?昭和2年創業のとんかつの老舗
2.四角いのはピザだけではなかった!四角いヒレカツとは?
3.秘伝のソースは「勝烈定食」についてくる

何度も何度も書いていることで恐縮ですが、私が子供の頃は食べ物に対して物凄く保守的でありました。偏食とも申します。食べるものはご飯と焼き海苔と醤油だけあればいいと頑なに自分の嗜好を押し通していました。

それが40年以上経って好き嫌いがなくなるなんて当時の自分は想像だにしなかったことです。
その間に私のダイヤモンドより硬き偏食の壁に少しずつ小さなヒビが入ったわけなのですが、その一つを思い出しました。
多分20歳を過ぎた頃だったかと思いますが、友人に美味しいとんかつ屋があるから行こうと誘われて横浜市内の小さなとんかつ屋に参りました。

そこでビックリしたのはとんかつ自体ではなく、とんかつの食べ方。
大根おろしの上にうずらの卵が割り落としてある小鉢が出てきました。
生卵が嫌いでしたのでこれは食べなくてもいいやと思っていたら、友人がその小鉢に醤油とソースを注ぎ入れ、混ぜ始めました。何をしてるのと訊きましたら、これをとんかつに載せて食べるのがウマいんだと云う衝撃の一言。ええっ、とんかつに大根おろし。さらにそこに醤油もソースも入れるの。

ショーック。とんかつはとんかつじゃん。ソースだけかけていつも通り食べてれば云いじゃん。
そんな創意工夫はいらないから私はご遠慮したいと云い出せぬまま(意志は強かったり弱かったりする)
自分もその通りやってみたところ、

これが美味しかった。非常に美味しかったのです。ビックリしました。

そして保守的な自分がそう云う新しい試みをしてみたことに自分でビックリ。

どうしたんだ小野瀬雅生。今までの自分は一体何だったんだ小野瀬雅生。
その時表面上はオイシイネーなんて云って平静を装っておりましたが、自分の中では賛否両論喧々諤々の思考の嵐が
吹き荒れていたのであります。

人生の中の小さなワンショットですがこのことは物凄く良く覚えています。とんかつを食べると、ふとこの大根おろしでビックリ事件を思い出すことが今でもあります。
そんな大根おろしの洗礼を受けつつもやはりとんかつにはソースが良く合うぞと思っている私です。
塩もイイし、味噌カツもデミカツもイイ。

そう云えばカツ丼と云うものの意味がやはり長いこと解りませんでした。揚げたカツを煮て玉子とじにするなんて言語道断と思っておりました。
これを私はいつから受け入れられるようになったのだろう。また思い出しておきます。

ちなみにこの醤油味の玉子とじのカツ丼にソースをかけて食べる地域があるそうなのです。
ご存じの方はいらっしゃいませんか。
以前の私なら断固拒否でしたが、今の私には興味津々なのであります。

横浜にお住まいの方でしたら横浜でとんかつと云えば『勝烈庵』と答える方が多いのではないかと思います。
私もその内の一人。昭和2年創業の老舗です。



馬車道にある総本店も趣があって好きですが、横浜西口相鉄ジョイナス地下の『勝烈庵 相鉄ジョイナス店』を生涯で一番利用しました。
最近リニューアルして店内の昭和感は薄れてしまいましたが美味しさは変わらず。

筆頭メニューは店名を冠した勝烈定食。ヒレかつ定食なんですが、
豚ヒレ肉を四角く整形してあるのが特徴。

本牧のピザが四角いのと関係があるのかしらん。とにかく四角いんです。

肉がやわらかく衣もサクッとしたヒレかつ自体も美味しいのですが、勝烈庵特製のソースが絶品なのです。

果物や野菜を時間をかけて煮込み、一日寝かせてから出される秘伝のソース。

香り高くちょっと甘めのソースをとんかつにも千切りキャベツにもたっぷりとかけて戴きます。

かけてもかけてもかけ足りないと思うくらいにソースが美味しい。ウマウマウー。
若い頃はヒレかつ8等分の2切れにご飯1膳ペース(ご飯お代わり自由)で食べていました。
キャベツもこれでもかこれでもかと(キャベツもお代わり自由)むしゃむしゃ食べました。

ちょっと贅沢をして大勝烈定食(かなりデカイ)なんぞオーダーした日にはお店の方に呆れられるくらいにご飯キャベツお代わりの無限ループにハマっておりました。

私がシアワセを感じる味わいの基本中の基本がこの秘伝のソースの豊かな味わい。ロースかつ定食をオーダーするとこの秘伝のソースでなく別調合のソースが出て来ます。
私は断然、勝烈定食に付いてくる方のソースが好き。最近ではご飯もキャベツもお代わり1回に収められるようになりました。大人じゃん。これからもずっとずっと食べ続けたいと思います。

美味しかったです! 御馳走様でした!

勝烈庵 相鉄ジョイナス店

住所
〒220-0005 神奈川県横浜市西区南幸1-5-1
電話番号
045-311-2165
営業時間
11:00~23:00(L.O.22:30)
定休日
定休日 無休
公式サイト
http://katsuretsuan.co.jp/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

なぜ正月に「雑煮」を食べるのか? 日本人なら知っておきたい、雑煮のルーツと江戸雑煮のおいしい作り方

日本古来の伝統食は、日本の気候や風土、歴史によって長年育まれてきた大切な食文化です。中でも、暮らしの節目節目にくり返される「行事食」には、日本人のスピリットが凝縮されています。本連載は、日本の伝統食、行事食にスポットを当て、知っておきたい基本知識について、日本料理研究家の柳原尚之さんにお話しいただき、さらに覚えておけば日々の食ライフがランクアップする、日本料理の基本レシピも随時紹介!

柳原尚之
江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰
なぜ年末に「年越しそば」を食べるのか?【日本料理研究家/江戸懐石近茶流嗣家・柳原尚之】

日本古来の伝統食は、日本の気候や風土、歴史によって長年育まれてきた大切な食文化です。中でも、暮らしの節目節目にくり返される「行事食」には、日本人のスピリットが凝縮されています。本連載では、日本の伝統食、行事食にスポットを当て、知っておきたい基本知識について、日本料理研究家の柳原尚之さんにお話しいただき、さらに覚えておけば日々の食ライフがランクアップする、日本料理の基本レシピを随時紹介します!

柳原尚之
江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰
【dressing読者は期間限定で入店可能に!】オトナが注目する街・四谷荒木町の紹介制隠れ家

【連載】幸食のすゝめ #055 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン
「日本酒」選びに迷ったら? 騎士団オフィシエがこっそり教える、年末年始に飲むべき旨い「日本酒」

みんな大好き「お酒」だけれど、もっと大人の飲み方をしたいあなた。文化や知識や選び方を知れば、お酒は一層おいしくなります。シャンパーニュ騎士団認定オフィシエによる「お酒の向こう側の物語」 ♯3:年末年始にオススメの「日本酒」

岩瀬大二
ワインナビゲーター/酒旅ライター/MC