沖縄でタコライスを食べるならここ! 沖縄ツウ・CKB小野瀬さんが推薦するタコライスの店3選

【連載】クレイジーケンバンド小野瀬雅生の想う店・想う味 第26回 クレイジーケンバンドのギターにして、その食情報の確かさで多くのグルメなファンも持つ、小野瀬雅生さん。彼の愛する店、どうしても食べたくなる料理を教えていただく。

2016年12月20日
カテゴリ
賢人コラム
  • 沖縄
  • 沖縄料理
  • 連載
沖縄でタコライスを食べるならここ! 沖縄ツウ・CKB小野瀬さんが推薦するタコライスの店3選
Summary
1.沖縄ではあの牛丼チェーンにも置いている隠れたソウルフード、タコライス
2.発祥の店ではご飯にタコミートを乗せただけのシンプルな一品
3.沖縄に行ったら多くの観光客が訪れるステーキの超人気店のタコライスにも注目!

私がタコライスを好きなのは「丼スピリット」があるからです。そんな風にいきなり云われてもなんのこっちゃと思われましょうが、タコライスは丼にこそ入っていませんがご飯の上におかずを載せて手軽に食べられちゃうと云う点で丼の基本的精神に溢れているのです。タコスの具であるタコミートやチーズや生野菜をご飯の上に展開してあるのがタコライス。ご飯と合わせることで満足感アップ。お小遣いの少ない若い米兵さんにリーズナブルな値段でお腹いっぱいになってもらおうと云うタコライスのスピリットに心から敬意を表します。
全国に沖縄料理店があって、今やどこででもタコライスを食べられますが、やはり沖縄で食べるとひと味違います。沖縄そばもテビチの入ったおでんも好きですが、やはり沖縄に行ったらタコライスを食べたい。私の知っている限りですが、タコライスの美味しい店を幾つかご紹介します。

そのタコライスの歴史を紐解くと意外と浅くて、誕生は1984年。
国頭郡金武町の『パーラー千里』(2015年に閉店)が発祥の店。そこでタコライスを開発された方が『キングタコス』と云う沖縄県内のチェーン店を通じて伝播し定着していったとのこと。やはりここはオリジナルを食べようと云うことで、金武町にある『キングタコス金武本店』へ行ってみましょう。那覇市内から車で1時間強かかります。電車とかはありませんから(バスはあるけどチョー時間かかります)是非レンタカーなど借りて車でおいでください。金武町はタコライス発祥の町にしてタコライス世界一の町。2010年にジャンボタコライス(2,000食分!)を作ってギネス記録に認定されています。そして『キングタコス金武本店』へレッツゴー。

こちらでただ「タコライス」とオーダーするとご飯の上にタコミートが載っただけのタコライスが出て来ます。チーズや野菜はトッピングですのでご注意を。ちなみに米兵さんたちは生野菜が嫌いな人も多くてチーズだけトッピングして食べていたりします。ここで戴くタコライスはボリューム満点。食べても食べても減らない山の如きタコライス。ウマウマウー。
スパイシーだけど優しい味のタコミートとご飯との相性バツグン。サルサソースの爽快感もイイ。この満足感がオリジナル。沖縄県内に7つの支店がありますので、是非『キングタコス』を訪れてタコライスを満喫してください。

キングタコス金武本店

住所
〒904-1201 沖縄県国頭郡金武町金武4244−4
電話番号
090-1947-1684
営業時間
10:30~翌1:00
公式サイト
https://www.facebook.com/kingtacos/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

そして今度は那覇市内へ。賑やかな国際通りから牧志公設市場の方へ入って行って、ずっとそのままアーケードを歩いて行くとかなりディープな界隈に達します。この辺りの唯一無二の沖縄感が大好きです。サンライズなは商店街に当たったらすぐ右に行くとタコライスの店『赤とんぼ』があります。テイクアウト主体ですが、店の前のテーブルで食べることも出来ます。

サイズは大・中・小とあって、小食な方なら小サイズで充分。中サイズでかなり食べ応えあります。気さくで飾らないタコライスですが、タコミートの味わい深さ、野菜やサルサソースのフレッシュ感、全てが丁寧で素晴らしい。ウマウマウー。ここも是非訪れて欲しい店です。

タコス・タコライスの店赤とんぼ

住所
〒900-0014 沖縄県那覇市松尾2-21-16
電話番号
098-866-9535

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

そしてもう一軒も那覇市内。

有名な『ジャッキーステーキハウス』にもタコライスがあります。

昭和アメリカンな雰囲気漂う店内はいつも大混雑。もちろんステーキも戴きますが、タコライスもどうぞ。サイズはサイドディッシュ的でコンパクト。でも存在感は凜としている。タコミートの肉感がたまらなくイイのは肉をメインに扱っているステーキハウスの手腕なのか。ウマウマウー。夜遅くまで営業していますのでこちらも是非。

沖縄ですと『吉野家』にタコライスがあるくらい、タコライスは日常の食べ物として根付いています。前回行った時は3日間で7食(コンビニ含む)タコライスを食べました。
タコライスブラボー。
また沖縄に行ったらタコライス三昧します。美味しかったです! 御馳走様でした!

ジャッキーステーキハウス

住所
〒900-0036 沖縄県那覇市西1-7-3
電話番号
098-868-2408
営業時間
11:00~翌1:30(L.O.1:00)
定休日
無休 ※年末年始休
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/f159100/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

なぜ正月に「雑煮」を食べるのか? 日本人なら知っておきたい、雑煮のルーツと江戸雑煮のおいしい作り方

日本古来の伝統食は、日本の気候や風土、歴史によって長年育まれてきた大切な食文化です。中でも、暮らしの節目節目にくり返される「行事食」には、日本人のスピリットが凝縮されています。本連載は、日本の伝統食、行事食にスポットを当て、知っておきたい基本知識について、日本料理研究家の柳原尚之さんにお話しいただき、さらに覚えておけば日々の食ライフがランクアップする、日本料理の基本レシピも随時紹介!

柳原尚之
江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰
なぜ年末に「年越しそば」を食べるのか?【日本料理研究家/江戸懐石近茶流嗣家・柳原尚之】

日本古来の伝統食は、日本の気候や風土、歴史によって長年育まれてきた大切な食文化です。中でも、暮らしの節目節目にくり返される「行事食」には、日本人のスピリットが凝縮されています。本連載では、日本の伝統食、行事食にスポットを当て、知っておきたい基本知識について、日本料理研究家の柳原尚之さんにお話しいただき、さらに覚えておけば日々の食ライフがランクアップする、日本料理の基本レシピを随時紹介します!

柳原尚之
江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰
【dressing読者は期間限定で入店可能に!】オトナが注目する街・四谷荒木町の紹介制隠れ家

【連載】幸食のすゝめ #055 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン
「日本酒」選びに迷ったら? 騎士団オフィシエがこっそり教える、年末年始に飲むべき旨い「日本酒」

みんな大好き「お酒」だけれど、もっと大人の飲み方をしたいあなた。文化や知識や選び方を知れば、お酒は一層おいしくなります。シャンパーニュ騎士団認定オフィシエによる「お酒の向こう側の物語」 ♯3:年末年始にオススメの「日本酒」

岩瀬大二
ワインナビゲーター/酒旅ライター/MC