NZ産牧草牛ステーキが驚きのやわらかさ! 肉激戦区の街、赤坂でいまイチオシの赤身肉ランチ

【連載】DJ TAROのNice to Meat You vol.16 人と仲良くなるには食事が一番。でも、いきなり鍋って感じじゃない。会話が弾まないテーブルでも綺麗なサシの肉が出てくると「わー!」っと歓喜の声が上がる。そう、肉は人をつなぐ。出逢いのMeetであり肉のMeat。そんな思いを込めて肉ラヴァーに贈るDJ TAROさんのナイスな肉話。

2016年12月08日
カテゴリ
賢人コラム
  • 東京
  • 赤坂
  • 連載
NZ産牧草牛ステーキが驚きのやわらかさ! 肉激戦区の街、赤坂でいまイチオシの赤身肉ランチ
Summary
1.『王様のブランチ』収録後にDJ TAROさんがランチに目指すステーキ&グリルの店
2.「夜は肉」の街、赤坂がいつの間にか「昼も肉」の激戦区に
3.肉の種類はニュージーランド産牧草牛以外にもブラックアンガスやあか牛も

ここ最近、毎週おなじみのTBS『王様のブランチ』の収録だけでなく、なにかと赤坂での収録が増えてるんです。だから赤坂のことはドンドン詳しくなっていってますね(笑)。ランチ時ともなれば、あたりは激戦区なんですが、近ごろ特に「肉」の文字がよく目立っています。
そもそも赤坂の街は『夜の店』の多いエリアなので、焼肉店や24時間営業の韓国料理店などが軒を連ねていたのですが、そこにここ数年来の肉ブームがさらに拍車をかけているんですねえ。
それでなくても肉をばかり食べている印象のある僕ですが、昼もやっぱりお肉。そんな中、ランチステーキにオススメしたいのがこちらです!
実は、以前は違う店名だったんだけど、業態を変更しステーキ&グリルの店として営業しているんです。

まあ、ある意味ランチは店にとって名刺代わりでもあるので、いきなりディナーに行くよりも気軽にそのお店の様子を知ることが出来るからいいですよね?

そんな『赤坂グリル』でランチにオススメなのはこちら!「ニュージーランド産牧草牛サーロインステーキ」です。
150g1,500円がスタンダードですが、200g、300gとチョイスが出来ます。
この写真を撮った日は、筋トレ後だったので、多めにタンパク質を補給するため200gをチョイス!
1,800円でサラダにライスとスープが付いてきました。
他にも、ブラックアンガスやさらにディナーではあか牛なども提供されているんですが、是非ランチでこの牧草牛を試してもらいたいです。牧草のみで放牧飼育された、いわゆるグラスフェットビーフは高タンパク低脂肪でヘルシーな赤身肉。

まず、驚くのはその柔らかさです。
やはり和牛以上にテンダーな牛肉はないと思うんだけど、ナイフを入れた時、驚くほどのその柔らかさが指の先に伝わってきます!
そしてカットした断面の色を見て!! ミディアムレアでお願いしたんだけど、肉質の良さとナイスな火入れによる肉色。

近年サーロインはあんまり食べないんだけど、いい意味であっさりとした、臭みのない牧草牛なのでサーロインぐらいの「肉らしい」部位を食べたほうが肉味を楽しめると思う。
それと、サーブされる時、本来は下に玉ネギが敷いてあって、ソースも醤油と玉ネギベースなんだけど、「玉ネギ抜き」でお願いしたら大根おろし&醤油ベースのソースをわざわざ作ってくれたんです! 
実はこれが美味しいかった。

ランチの忙しいタイミングなのにこういうさりげないサービスは嬉しい。
ランチ肉気分の日は是非こちらへ行ってみて!!

赤坂グリル

住所
〒107-0052 東京都港区赤坂3-7-11 レジーア赤坂
電話番号
03-6459-1285
営業時間
11:30~14:00、18:00~22:00
定休日
日曜
公式サイト
http://www.barjapan.co.jp/akasakagrill/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

もうすぐ解禁日!だけど…ボジョレー・ヌーヴォー自体をその年の指針にするのは無理があった!?
もうすぐ解禁日!だけど…ボジョレー・ヌーヴォー自体をその年の指針にするのは無理があった!?

みんな大好き「お酒」だけれど、もっと大人の飲み方をしたいあなた。文化や知識や選び方を知れば、お酒は一層おいしくなります。シャンパーニュ騎士団認定シュヴァリエによる「お酒の向こう側の物語」 ♯1:ボジョレー・ヌーヴォー

岩瀬大二
ワインナビゲーター/酒旅ライター/MC
焼肉とは何か? まだこんな店が隠れていたのか!と感嘆する名店を見つけた。

【知られざるいい店のすゝめ】あの口コミサイトに載っていない店。地元民しか知らない店。裏通りや駅から少し遠くにある店……。街にはまだまだ知られざる店がある!街と店と絡み合ってきた人生の中で食の賢人・松浦達也が辿り着いた珠玉の一軒を紹介する。

松浦達也
編集者/ライター/フードアクティビスト
天才と呼ばれたフレンチシェフが新橋で開いた居酒屋のあらゆる酒と料理のウマさにシビれる

【連載】幸食のすゝめ #052 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン
【京おんなが教える京都のツウな遊び方】今や花街は旦那衆だけのものじゃない!祇園・先斗町のはしご酒3選

【連載】「京おんなの粋な夜遊び」第2夜 京都は三方を山に囲まれた小さな街。ここでは終電や終バスを逃し、タクシーで帰ってもさほど高額になることはなく、時間を気にせずはしご酒を楽しむのが当たり前。観光客仕様ではなく、京都人が日常遣いする店を今宵、地元の京都美人に案内してもらう。