地元民も知らない! 世田谷の自然あふれる街・等々力は知る人ぞ知る隠れ家の宝庫だった【幸食秘宝館】

【幸食秘宝館】グルメサイトでもなかなか表れない、本当は教えたくない至福の隠れ家。街をさすらい、街に愛された賢人だけが知っている、店選びの黄金律。人気のレビューでは辿り着けない、「幸食の秘宝」そっと教えます。

カテゴリ
賢人コラム
  • 東京
  • 焼鳥
  • 居酒屋
  • プレミアム記事
地元民も知らない! 世田谷の自然あふれる街・等々力は知る人ぞ知る隠れ家の宝庫だった【幸食秘宝館】
Summary
1.東急大井町線の閑静な住宅街・等々力には地元民でも知らない穴場的名店が点在する。
2.焼鳥なのに創作料理、ラーメン店なのに居酒屋メニューが楽しめる意外性ある二軒
3.ジビエはもちろん、1kgサイズの肉料理盛り合わせもジビエも楽しめる肉好きのためのビストロ

#007密林は渓谷の外に、等々力

世田谷は、東京の郊外である。江戸、明治、大正を通して、世田谷は武蔵国の地方群に属していた。
地理的に東京区部の一部になったのは、昭和の世界恐慌以降に荏原郡や北多摩郡から編入され、旧東京市に組み込まれてからである。その後、1990年代までは、東京特別区内で最大の面積を誇っていたが、無限に埋立てを繰り返し、羽田空港用地を増大させた大田区にその座を奪われる。
武蔵野台地の南部にあり、多摩川の段丘上に位置することから地形の起伏が多く、斜面の連なりが続く世田谷。
世に言う国分寺崖線の最南端には、都区内唯一の渓谷、等々力渓谷が鬱蒼とした樹林を従え、幽邃な景観を見せる。

夜間、等々力から尾山台、奥沢辺りを歩くと、視界を奪う高層建築がないことに気付くだろう。光の帯のように連なる高層マンションの灯りは、そのまま目黒通りや環八の存在を示している。
近隣の自由ヶ丘がスイーツの街として売り出したが、本来、その総本山は等々力『オーボンヴュータン』のフランス古典菓子にある。近年は線路脇にパルフェの魔術師アサコイワヤナギのパティスリー『PÂTISSERIE ASAKO IWAYANAGI』も開店した。
だが、夜中にはハクビシンが電線を走り、最近ではアナグマの目撃例さえある緑なす住宅地には未だ人口に膾炙しない、個性的で魅惑的な店たちがあちこちに点在している。

もちろん今回紹介する3軒も知られざる至宝だ。

等々力渓谷から平地に上がり、等々力の駅を反対側に抜けると、尾山台、奥沢へ通じる道路に出る。その道が東急東横線にぶつかる辺りで右折すれば、そのまま田園調布へと繋がる。
当時、英国で提唱された田園都市構想をモデルに、渋沢栄一が作り上げた仮想都市だ。
駅前広場を中心に放射状に延びる街路は、空路から見れば、実はパリの街並そのもので驚嘆する。
そんな田園都市に繋がっていく道路沿いに、夏は密林の如く根を張った蔦に包まれた小さな一軒家がある。

この記事にはまだ続きがあります

今すぐ続きを読む

プレミアム記事をすべて読むには、ぐるなびプレミアム会員登録が必要です

関連記事

長年愛されたレストランの「イズム」を引き継ぐということ。~大井町『トラットリア ヨシダ』の場合~

【連載】通わずにいられない逸品  トレンドに流されず、一つのお店を長く観察し、愛しつづける井川直子さんにはその店に通い続ける理由がある。店、人、そして何よりその店ならではの逸品。彼女が通い続けるそのメニューをクローズアップする。

【京おんなが教える京都のツウな遊び方】ガイド本じゃ物足りない貴方のための烏丸界隈・大人のはしご酒3選

【連載】「京おんなの粋な夜遊び」第一夜 京都は三方を山に囲まれた小さな街。ここでは終電や終バスを逃し、タクシーで帰ってもさほど高額にはなることはなく、時間を気にせずはしご酒を楽しむのが当たり前。観光客仕様ではなく、京都人が日常遣いする店を今宵、地元の京都美人に案内してもらう。

「やきとん」の超名店・野方『秋元屋』の味を守り続けてきた店長がついに独立して開いた店のホンモノの味

【連載】幸食のすゝめ #047 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン
予約が取れなくなる前に急げ! 点心好きなら知っておくべき、中国料理関係者が注目する小籠包が絶品の一軒

【連載】正しい店とのつきあい方。 店や街とのつきあい方がわからない人が増えている。初めてなのに常連と同じように扱われないと怒る人や金さえ払えば何でもしてくれると思う人。お客様は神様、などではない。客としてのあり方を街と店に深い考察を持つ江弘毅氏が語る。