『浅草今半』での特別な出逢い! 「すき焼きといえばメルローと相場が決まっている」は本当か?

【ワインマニアック講座 ~幸せのマリアージュ~】マニアがドンドン深みにハマって逃れられないワインの世界。ならば、もっとズボズボっと深みにハマるのも一興。世界中のワイン生産者に出逢い、ワインについて様々な経験・知識を持つ日本屈指のワインジャーナリスト・柳忠之さんがいままでの常識を破るような、知られざる食事とワインのマリアージュをそっと教える。

2017年03月01日
カテゴリ
賢人コラム
  • ワイン
  • プレミアム記事
  • 連載
『浅草今半』での特別な出逢い! 「すき焼きといえばメルローと相場が決まっている」は本当か?
Summary
1.近年ワイン産地として熱い注目を浴びている南アフリカワインの造り手
2.すき焼きの老舗『浅草今半』でマリアージュしたワインとは?
3.ソーヴィニヨン・ブランで知られるワイナリーからの1本

近頃、業界内で熱い視線を浴びる南アフリカワイン。その南アから、「シャノン・ヴィンヤーズ」の輸出担当者、スチュアート・ダウンズが来日し、すき焼きの老舗『浅草今半』でプレスミーティングと相成った。

スチュアートと顔を合わせるのはほぼ10年ぶり。最初に会ったのは南米チリの首都サンティアゴだった。なぜサンティアゴかといえば、彼は以前、チャリンコラベルでお馴染みの「コノ・スル」で輸出部長をしていたから。会った時にはすでにコノ・スルを離れ、醸造家の弟ジェームズと故郷のウォーカーベイでワイン造りを始めていた。当時、ひょんなことからサンティアゴに長期滞在することになった「コノ・スル」輸入元のS氏に紹介され、S氏が心を打たれたというソーヴィニヨン・ブランを一緒に試飲したのである。

この記事にはまだ続きがあります

今すぐ続きを読む

プレミアム記事をすべて読むには、ぐるなびプレミアム会員登録が必要です

関連記事

フレンチ仕立ての絶品「餃子」に騎士団オフィシエも唸った、最強のマリアージュを仕掛けた一軒!

みんな大好き「お酒」だけれど、もっと大人の飲み方をしたいあなた。文化や知識や選び方を知れば、お酒は一層おいしくなります。シャンパーニュ騎士団認定オフィシエによる「お酒の向こう側の物語」 ♯5:「餃子」と「シャンパーニュ」のマリアージュ

岩瀬大二
ワインナビゲーター/酒旅ライター/MC
「ワイン」選びに迷ったら?ワインナビゲーターが死ぬまでに飲んでおきたい、コスパ抜群な「新世界ワイン」

みんな大好き「お酒」だけれど、もっと大人の飲み方をしたいあなた。文化や知識や選び方を知れば、お酒は一層おいしくなります。シャンパーニュ騎士団認定オフィシエによる「お酒の向こう側の物語」 ♯4:アルゼンチン・メンドーサのオススメ「ワイン」

岩瀬大二
ワインナビゲーター/酒旅ライター/MC
「いなり寿司」は関東と関西で形が違う!?「初午」(はつうま)の2/7にこそ知るべき、いなり寿司の由来

日本古来の伝統食は、日本の気候や風土、歴史によって長年育まれてきた大切な食文化です。中でも、暮らしの節目節目にくり返される「行事食」には、日本人のスピリットが凝縮されています。本連載は、日本の伝統食、行事食にスポットを当て、知っておきたい基本知識について、日本料理研究家の柳原尚之さんにお話しいただき、さらに覚えておけば日々の食ライフがランクアップする、日本料理の基本レシピも随時紹介!

柳原尚之
江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰
なぜ節分に「恵方巻き」を食べるのか? 全国に広まった理由は? 恵方巻きのルーツとおいしい作り方

日本古来の伝統食は、日本の気候や風土、歴史によって長年育まれてきた大切な食文化です。中でも、暮らしの節目節目にくり返される「行事食」には、日本人のスピリットが凝縮されています。本連載は、日本の伝統食、行事食にスポットを当て、知っておきたい基本知識について、日本料理研究家の柳原尚之さんにお話しいただき、さらに覚えておけば日々の食ライフがランクアップする、日本料理の基本レシピも随時紹介!

柳原尚之
江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰
全国200以上の蔵を訪問した、唎き酒師・女子アナがこっそり通う、ヒミツの日本酒酒場『サケストーリー』

唎酒師、一級フードアナリストの資格をもち、大の日本酒好きとして各メディアで活躍中のフリーアナウンサー・あおい有紀が、選りすぐりの和酒のお店を訪れ、お店とお酒、人の魅力に迫る! #1:『SAKE STORY』

あおい有紀
フリーアナウンサー/一級フードアナリスト/酒サムライ/唎酒師/焼酎唎酒師