『浅草今半』での特別な出逢い! 「すき焼きといえばメルローと相場が決まっている」は本当か?

【ワインマニアック講座 ~幸せのマリアージュ~】マニアがドンドン深みにハマって逃れられないワインの世界。ならば、もっとズボズボっと深みにハマるのも一興。世界中のワイン生産者に出逢い、ワインについて様々な経験・知識を持つ日本屈指のワインジャーナリスト・柳忠之さんがいままでの常識を破るような、知られざる食事とワインのマリアージュをそっと教える。

カテゴリ
賢人コラム
  • ワイン
  • プレミアム記事
  • 連載
『浅草今半』での特別な出逢い! 「すき焼きといえばメルローと相場が決まっている」は本当か?
Summary
1.近年ワイン産地として熱い注目を浴びている南アフリカワインの造り手
2.すき焼きの老舗『浅草今半』でマリアージュしたワインとは?
3.ソーヴィニヨン・ブランで知られるワイナリーからの1本

近頃、業界内で熱い視線を浴びる南アフリカワイン。その南アから、「シャノン・ヴィンヤーズ」の輸出担当者、スチュアート・ダウンズが来日し、すき焼きの老舗『浅草今半』でプレスミーティングと相成った。

スチュアートと顔を合わせるのはほぼ10年ぶり。最初に会ったのは南米チリの首都サンティアゴだった。なぜサンティアゴかといえば、彼は以前、チャリンコラベルでお馴染みの「コノ・スル」で輸出部長をしていたから。会った時にはすでにコノ・スルを離れ、醸造家の弟ジェームズと故郷のウォーカーベイでワイン造りを始めていた。当時、ひょんなことからサンティアゴに長期滞在することになった「コノ・スル」輸入元のS氏に紹介され、S氏が心を打たれたというソーヴィニヨン・ブランを一緒に試飲したのである。

この記事にはまだ続きがあります

今すぐ続きを読む

プレミアム記事をすべて読むには、ぐるなびプレミアム会員登録が必要です

関連記事

なぜ酒はバーで飲むべきなのか?

【店づきあいの倫理学】店は生きものであり「おいしさ」や「楽しさ」は数値化できない。だから顔の見えない他者からの情報「評価」を比較して店や食べるメニューを決めたりすることは無効だ。その店だけの「固有の身体感覚」のようなものがあり、その場その時の「代替不可能な店側/客側のコミュニケーション」が、その店の真価を決定づけている。「店と客の関係性」をもとに「よりおいしく食べるための店づきあい」の方法とは?

【ほっとする店をお探しのあなたへ】通うだけで心も体も健康になりそうなビストロを学芸大で見つけた

【連載】幸食のすゝめ #050 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン
地元の客から「邪魔者」と疎まれるような態度でいると、「うまいものにありつけない」ということについて

【店づきあいの倫理学】店は生きものであり「おいしさ」や「楽しさ」は数値化できない。だから顔の見えない他者からの情報「評価」を比較して店や食べるメニューを決めたりすることは無効だ。その店だけの「固有の身体感覚」のようなものがあり、その場その時の「代替不可能な店側/客側のコミュニケーション」が、その店の真価を決定づけている。「店と客の関係性」をもとに「よりおいしく食べるための店づきあい」の方法とは?

呑兵衛のパラダイス武蔵小山の星『豚星』の新展開は何とアメリカンピザという驚き

【連載】幸食のすゝめ #049 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン