【幸食秘宝館】東横線きっての“住みたい街”学芸大学にはホンモノがわかるオトナが通い詰める隠れ家がある

【幸食秘宝館】グルメサイトでもなかなか表れない、本当は教えたくない至福の隠れ家。街をさすらい、街に愛された賢人だけが知っている、店選びの黄金律。人気のレビューでは辿り着けない、「幸食の秘宝」そっと教えます。

2017年03月17日
カテゴリ
賢人コラム
  • 祐天寺・学芸大・都立大
  • プレミアム記事
  • 連載
  • 隠れ家
【幸食秘宝館】東横線きっての“住みたい街”学芸大学にはホンモノがわかるオトナが通い詰める隠れ家がある
Summary
1.東急東横線で渋谷から4つ目のお洒落さとディープさがほどよく交わる街
2.パンとグルメバーガーの名店出身の二人、東京を代表する老舗居酒屋出身の女将
3.ホンモノのアーティストたちによる2軒のバー

#008 2つの顔を持つ優しき魔界、学芸大学

十字路の真ん中で悪魔に魂を売り渡して、凄まじいギター・テクニックと歌を手に入れたという伝説のブルースマン、ロバート・ジョンソン。まだギターをバリバリに弾きまくっていた時代の若きエリック・クラプトンが当時のバンド、クリームで18番にしていた「クロスロード」は彼の代表作だ。

学芸大学駅の改札からわずか1分、学大十字街の入口に立つ度に、耳元に「クロスロード」のリフが聞こえてくる。東横線沿線らしいおしゃれ商店街の真裏にひっそりと存在する、昭和のまんまのスナック街。
昼間はごく普通の住宅街に見える街角が、夜はそのまま飲み屋横丁に変容する街。自由が丘と中目黒や代官山に挟まれた、一見おとなしい街。学芸大学は昼と夜、2つの顔を持っている。

学芸大学の駅前には、ロータリーもバスターミナルもない。改札口を出たとたんに、東口も、西口も、いきなり細い賑やかな商店街が始まる。果物屋や飲食店、お茶屋さん、アパートや一戸建ての住宅が混在する生活感あふれる街には、まだまだ人の手垢に汚されていない宝石のような空間が存在する。
もちろん、今回紹介する店たちも知られざる至宝だ。
武蔵小山の著名なパン屋と、三軒茶屋のバーガー好きの聖地から独立した2人が作った肉好き感涙のダイナー。自由ヶ丘の名店で修行した、九州の才媛が取り仕切る旬の味覚に満ちたカウンター。まさに悪魔に魂を売っても通いたい学生アパートに潜む2軒のバー。
さて、そろそろ学芸大学の未知の顔を探しに行こう。

肉のうまさにひれ伏すハイウェイ沿いのパラダイス

立石と並ぶ大衆酒場ホッピングの聖地、武蔵小山。その中心とも言える『牛太郎』の隣りで異彩を放つ、人気ベーカリー『nemo』。
近年、渋谷ヒカリエにも出店し、その人気は高まるばかりだ。今や本店になった武蔵小山店には、買ったパンばかりでなくアラカルトで旨い料理を出してくれるカフェも併設、いつも満員のお客たちで賑わっている。

そんな『nemo』の人気コーナーで、6年間に渡りホールを仕切っていた安田太一郎さん。炭火焼のハンバーガーで人気が高いグルメバーガーの名店『ベーカーバウンス』の厨房にいた小出裕也さん…

この記事にはまだ続きがあります

今すぐ続きを読む

プレミアム記事をすべて読むには、ぐるなびプレミアム会員登録が必要です

関連記事

もうすぐ解禁日!だけど…ボジョレー・ヌーヴォー自体をその年の指針にするのは無理があった!?
もうすぐ解禁日!だけど…ボジョレー・ヌーヴォー自体をその年の指針にするのは無理があった!?

みんな大好き「お酒」だけれど、もっと大人の飲み方をしたいあなた。文化や知識や選び方を知れば、お酒は一層おいしくなります。シャンパーニュ騎士団認定シュヴァリエによる「お酒の向こう側の物語」 ♯1:ボジョレー・ヌーヴォー

岩瀬大二
ワインナビゲーター/酒旅ライター/MC
焼肉とは何か? まだこんな店が隠れていたのか!と感嘆する名店を見つけた。

【知られざるいい店のすゝめ】あの口コミサイトに載っていない店。地元民しか知らない店。裏通りや駅から少し遠くにある店……。街にはまだまだ知られざる店がある!街と店と絡み合ってきた人生の中で食の賢人・松浦達也が辿り着いた珠玉の一軒を紹介する。

松浦達也
編集者/ライター/フードアクティビスト
天才と呼ばれたフレンチシェフが新橋で開いた居酒屋のあらゆる酒と料理のウマさにシビれる

【連載】幸食のすゝめ #052 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン
【京おんなが教える京都のツウな遊び方】今や花街は旦那衆だけのものじゃない!祇園・先斗町のはしご酒3選

【連載】「京おんなの粋な夜遊び」第2夜 京都は三方を山に囲まれた小さな街。ここでは終電や終バスを逃し、タクシーで帰ってもさほど高額になることはなく、時間を気にせずはしご酒を楽しむのが当たり前。観光客仕様ではなく、京都人が日常遣いする店を今宵、地元の京都美人に案内してもらう。