【奥渋にある隠れ家】日本酒好き、燗酒好きにはたまらない世界がこの扉の向こうでは待っている

連載】幸食のすゝめ #037  食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

カテゴリ
賢人コラム
  • プレミアム記事
  • 日本酒
  • 渋谷
  • 隠れ家
【奥渋にある隠れ家】日本酒好き、燗酒好きにはたまらない世界がこの扉の向こうでは待っている
Summary
1.とあるマンションの一室に広がるのは、燗酒のパラダイス
2.人肌燗、ぬる燗、上燗、熱燗、とびきり燗、、、日本酒と料理のめくるめくペアリング
3.『アヒルストア』と『PATH』というヴァンナチュールの間に挟みたい日本酒

幸食のすゝめ#037、上燗の酒には幸いが住む、富ヶ谷。

「田酒、ぬる燗一丁っ!」、威勢のいいお兄さんの声が広い店内に鳴り響くと、お燗番のお父さんから「あいよ」と合いの手が入る。浅草の新仲見世を曲がった小路にあった『松風』では、客の殆どが燗酒を注文し、暖簾を潜った途端に常連の顔を見て、お兄さんのオーダーが飛んだ。
20代の終り、僕は『松風』と神楽坂の『伊勢藤』で燗酒の美味しさを知った。しかし、いつのまにか焼酎が時代の覇者となり、東京の街から素晴らしいお燗番たちは居なくなった。

すっかり燗酒の砂漠となりつつあった東京に、絶妙な加熱の燗酒と日本酒のアテを超越した驚くべきペアリングで創作料理を提供するのが、、、

この記事にはまだ続きがあります

今すぐ続きを読む

プレミアム記事をすべて読むには、ぐるなびプレミアム会員登録が必要です

関連記事

【京おんなが教える京都のツウな遊び方】今や花街は旦那衆だけのものじゃない!祇園・先斗町のはしご酒3選

【連載】「京おんなの粋な夜遊び」第2夜 京都は三方を山に囲まれた小さな街。ここでは終電や終バスを逃し、タクシーで帰ってもさほど高額になることはなく、時間を気にせずはしご酒を楽しむのが当たり前。観光客仕様ではなく、京都人が日常遣いする店を今宵、地元の京都美人に案内してもらう。

居酒屋フリーク、立ち飲み好き、武蔵小山ツウなら知ってる「ムサコ飲み」の終着点『長平』が帰ってきた

【連載】幸食のすゝめ #051 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン
なぜ酒はバーで飲むべきなのか?

【店づきあいの倫理学】店は生きものであり「おいしさ」や「楽しさ」は数値化できない。だから顔の見えない他者からの情報「評価」を比較して店や食べるメニューを決めたりすることは無効だ。その店だけの「固有の身体感覚」のようなものがあり、その場その時の「代替不可能な店側/客側のコミュニケーション」が、その店の真価を決定づけている。「店と客の関係性」をもとに「よりおいしく食べるための店づきあい」の方法とは?

【ほっとする店をお探しのあなたへ】通うだけで心も体も健康になりそうなビストロを学芸大で見つけた

【連載】幸食のすゝめ #050 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン