【奥渋にある隠れ家】日本酒好き、燗酒好きにはたまらない世界がこの扉の向こうでは待っている

連載】幸食のすゝめ #037  食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

カテゴリ
賢人コラム
  • プレミアム記事
  • 日本酒
  • 渋谷
  • 隠れ家
【奥渋にある隠れ家】日本酒好き、燗酒好きにはたまらない世界がこの扉の向こうでは待っている
Summary
1.とあるマンションの一室に広がるのは、燗酒のパラダイス
2.人肌燗、ぬる燗、上燗、熱燗、とびきり燗、、、日本酒と料理のめくるめくペアリング
3.『アヒルストア』と『PATH』というヴァンナチュールの間に挟みたい日本酒

幸食のすゝめ#037、上燗の酒には幸いが住む、富ヶ谷。

「田酒、ぬる燗一丁っ!」、威勢のいいお兄さんの声が広い店内に鳴り響くと、お燗番のお父さんから「あいよ」と合いの手が入る。浅草の新仲見世を曲がった小路にあった『松風』では、客の殆どが燗酒を注文し、暖簾を潜った途端に常連の顔を見て、お兄さんのオーダーが飛んだ。
20代の終り、僕は『松風』と神楽坂の『伊勢藤』で燗酒の美味しさを知った。しかし、いつのまにか焼酎が時代の覇者となり、東京の街から素晴らしいお燗番たちは居なくなった。

すっかり燗酒の砂漠となりつつあった東京に、絶妙な加熱の燗酒と日本酒のアテを超越した驚くべきペアリングで創作料理を提供するのが、、、

この記事にはまだ続きがあります

今すぐ続きを読む

プレミアム記事をすべて読むには、ぐるなびプレミアム会員登録が必要です

関連記事

生活の充実度は「近所にうまい店があるかどうかで決まる」ということについて

【店づきあいの倫理学】店は生きものであり「おいしさ」や「楽しさ」は数値化できない。だから顔の見えない他者からの情報「評価」を比較して店や食べるメニューを決めたりすることは無効だ。その店だけの「固有の身体感覚」のようなものがあり、その場その時の「代替不可能な店側/客側のコミュニケーション」が、その店の真価を決定づけている。「店と客の関係性」をもとに「よりおいしく食べるための店づきあい」の方法とは?

思い立ったらひとり焼肉!三軒茶屋でDJ TAROさんが見つけたのは誰にも邪魔されず焼肉が楽しめる穴場

【連載】DJ TAROのNice to Meat You vol.17 人と仲良くなるには食事が一番。でも、いきなり鍋って感じじゃない。会話が弾まないテーブルでも綺麗なサシの肉が出てくると「わー!」っと歓喜の声が上がる。そう、肉は人をつなぐ。出逢いのMeetであり肉のMeat。そんな思いを込めて肉ラヴァーに贈るDJ TAROさんのナイスな肉話。

DJ TARO
ラジオDJ/クラブDJ
驚くべき超コスパ!都心では実現できないクオリティ&プライスのビストロを上石神井で発見、そしてハマった

【知られざるいい店のすゝめ】あの口コミサイトに載っていない店。地元民しか知らない店。裏通りや駅から少し遠くにある店……。街にはまだまだ知られざる店がある!街と店と絡み合ってきた人生の中で食の賢人・松浦達也が辿り着いた珠玉の一軒を紹介する。

松浦達也
編集者/ライター/フードアクティビスト
いま要注目の街、浅草・観音裏で「チューリップ」が名物のマイクロビストロがグルメたちの話題になっている

【連載】幸食のすゝめ #044 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン
焼肉・ホルモン好きなら訪れるべき聖地! 「神戸ビーフの街」の昇天するうまさの焼肉の名店

【店づきあいの倫理学】店は生きものであり「おいしさ」や「楽しさ」は数値化できない。だから顔の見えない他者からの情報「評価」を比較して店や食べるメニューを決めたりすることは無効だ。その店だけの「固有の身体感覚」のようなものがあり、その場その時の「代替不可能な店側/客側のコミュニケーション」が、その店の真価を決定づけている。「店と客の関係性」をもとに「よりおいしく食べるための店づきあい」の方法とは?