【街の達人流レストランの楽しみ方】メニューを見ずに料理を注文するコミュニケーション術について

【店づきあいの倫理学】店は生きものであり「おいしさ」や「楽しさ」は数値化できない。だから顔の見えない他者からの情報「評価」を比較して店や食べるメニューを決めたりすることは無効だ。その店だけの「固有の身体感覚」のようなものがあり、その場その時の「代替不可能な店側/客側のコミュニケーション」が、その店の真価を決定づけている。「店と客の関係性」をもとに「よりおいしく食べるための店づきあい」の方法とは?

2017年05月16日
カテゴリ
賢人コラム
  • 連載
  • プレミアム記事
  • 神戸
  • 中華料理
【街の達人流レストランの楽しみ方】メニューを見ずに料理を注文するコミュニケーション術について
Summary
1.店に何回も訪れ、実地訓練をして身体を鍛えるようにして、うまいものにありつく方法
2.メニューを開いて字を追うよりも、店の人と話をすることで生まれるグルーヴ感を愉しむ
3.店に行ったということが重要なコレクターではなく、何度も同じ店に通うことで見えてくるもの

フランス料理でも割烹でも鮨屋でも「おまかせ」とかで食べるのはあまり好きでない。
だいたい何を食べたいという具体的なものは、トンカツ屋さんやお好み焼き屋さんなどに行くときは明確なのだが、肉や魚、スープや汁ものも食べられるような料理屋では、ほとんど店に入ってから決めることが多い。

中国料理でもそうなので、一流ホテルのようにお決まりのコースが主体の店はあんまり行かない。

とりあえずピータンやクラゲを頼んでビール。前菜を食べながらメニューを見て、その時の舌の感じやお腹の空き具合で決めていく。

神戸で中国料理を食べるなら実は山手がいい

学生時代からそれこそ四半世紀かけて身体に馴染んだ神戸の広東料理店が世界一うまいと思っているが、それは明石や淡路の魚介類や神戸牛といった地元の好素材があるのと、この店なら海のもの、ここならスープといった店の持ち味をクロスさせることが、神戸ではおいしく食べるコツだと分かっているからだ。

だからその日その時、「どこに行こう」となるときは、「どこそこのどんな料理」というのが漠然と頭に浮かんでくる。

神戸の元町山手にあるこの店は、常連客のレベルが高い。

店に何回も行き倒して、街場の店で実地訓練をして身体を鍛えるようにして、うまいものにありつく方法を知っている客が多いから、横のテーブルを見ていても楽しいものだ。

この日は2人で行って、どちらも「蒸し鶏が食べたい口」だったので、渡されたメニューも開かずに「蒸し鶏!」と田中真紀子さんと似ているおかみさんに言ったら、「味付け鶏もあるし、ハーフサイズで出したげる」という具合。

ビールを飲みながら、まず壁に掛かっている「おすすめ料理」を見る。
「オマール炒めかなあ」などと言ってると、おかみさんが「ホタテおいしいよ」とのことだ。

この記事にはまだ続きがあります

今すぐ続きを読む

プレミアム記事をすべて読むには、ぐるなびプレミアム会員登録が必要です

関連記事

フレンチ仕立ての絶品「餃子」に騎士団オフィシエも唸った、最強のマリアージュを仕掛けた一軒!

みんな大好き「お酒」だけれど、もっと大人の飲み方をしたいあなた。文化や知識や選び方を知れば、お酒は一層おいしくなります。シャンパーニュ騎士団認定オフィシエによる「お酒の向こう側の物語」 ♯5:「餃子」と「シャンパーニュ」のマリアージュ

岩瀬大二
ワインナビゲーター/酒旅ライター/MC
「ワイン」選びに迷ったら?ワインナビゲーターが死ぬまでに飲んでおきたい、コスパ抜群な「新世界ワイン」

みんな大好き「お酒」だけれど、もっと大人の飲み方をしたいあなた。文化や知識や選び方を知れば、お酒は一層おいしくなります。シャンパーニュ騎士団認定オフィシエによる「お酒の向こう側の物語」 ♯4:アルゼンチン・メンドーサのオススメ「ワイン」

岩瀬大二
ワインナビゲーター/酒旅ライター/MC
「いなり寿司」は関東と関西で形が違う!?「初午」(はつうま)の2/7にこそ知るべき、いなり寿司の由来

日本古来の伝統食は、日本の気候や風土、歴史によって長年育まれてきた大切な食文化です。中でも、暮らしの節目節目にくり返される「行事食」には、日本人のスピリットが凝縮されています。本連載は、日本の伝統食、行事食にスポットを当て、知っておきたい基本知識について、日本料理研究家の柳原尚之さんにお話しいただき、さらに覚えておけば日々の食ライフがランクアップする、日本料理の基本レシピも随時紹介!

柳原尚之
江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰
なぜ節分に「恵方巻き」を食べるのか? 全国に広まった理由は? 恵方巻きのルーツとおいしい作り方

日本古来の伝統食は、日本の気候や風土、歴史によって長年育まれてきた大切な食文化です。中でも、暮らしの節目節目にくり返される「行事食」には、日本人のスピリットが凝縮されています。本連載は、日本の伝統食、行事食にスポットを当て、知っておきたい基本知識について、日本料理研究家の柳原尚之さんにお話しいただき、さらに覚えておけば日々の食ライフがランクアップする、日本料理の基本レシピも随時紹介!

柳原尚之
江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰
全国200以上の蔵を訪問した、唎き酒師・女子アナがこっそり通う、ヒミツの日本酒酒場『サケストーリー』

唎酒師、一級フードアナリストの資格をもち、大の日本酒好きとして各メディアで活躍中のフリーアナウンサー・あおい有紀が、選りすぐりの和酒のお店を訪れ、お店とお酒、人の魅力に迫る! #1:『SAKE STORY』

あおい有紀
フリーアナウンサー/一級フードアナリスト/酒サムライ/唎酒師/焼酎唎酒師