この夏行きたい電車での小旅行! 千葉・勝浦までわざわざ食べに行きたくなるポークソテーの衝撃的な出逢い

クレイジーケンバンドのギターにして、その食情報の確かさで多くのグルメなファンも持つ、小野瀬雅生さん。彼の愛する店、どうしても食べたくなる料理を教えていただく。

2017年07月13日
カテゴリ
賢人コラム
  • 連載
  • プレミアム記事
  • 千葉
この夏行きたい電車での小旅行! 千葉・勝浦までわざわざ食べに行きたくなるポークソテーの衝撃的な出逢い
Summary
1.検索の下位で見つけた、野球で代打満塁逆転ホームランを打ったように心踊った知られざる一軒
2.「勝浦タンタンメン」が名物の勝浦のさらに先、鵜原で見つけた桃源郷
3.精肉店併設の老舗食堂で見つけた分厚いポークソテーのこの上のないうまさ

おいしい料理は世の中に星の数ほどありますが、その中で私を本気で満足させてくれるものはほんの僅かです。その僅かというのも他の方から見たらすごくいっぱいあるように思えるかも知れませんが気にせずに話を進めましょう。

奇跡的な出逢いを求めて心揺さぶる店を探す

おいしい料理はどこにあるか。身近にも色々とありますが、自分の生活圏内から大きく離れた場所に興味深い料理の情報を見つけた時の興奮度はかなり高い。私はいつもインターネットなどで色々検索して、検索結果の50位やら100位やらの結果に目をこらしています。宇宙の彼方から宇宙人が送っているかも知れない微弱な電波を受信するように、検索の下位にあるたった一つの情報を探します。それが料理でなく全く別の情報であっても曲や歌詞のアイディアに繋がったりすることがあるので一挙両得。そして実際にその料理を食べに行って本当に美味しかったと感じた時の高揚感たるや。代打満塁逆転ホームランを打った打者のように拳を天に突き上げます(心の中でね)。まあそうした劇的な出逢いは年間に一度あるかないか。それでもいつ代打コールされても良いようにベンチ裏でバットを振って準備を続けています。

わざわざ出かける気持ちにさせたポークソテーの破壊力

情報として見つけた料理が興味深いものであっても、実際にそれを食べに行けるタイミングに当たるかどうか、そして自分の重い腰を上げさせるバイタリティがそのタイミングにあるかどうか、色々と条件が整わないと巡り逢えません。それでも今年の夏は一つの大きな収穫がありました。場所は千葉県勝浦市。勝浦と云えば勝浦タンタンメンと云うのが有名ですが、これを食べられるお店を色々と調べていた時にふと見つけた一枚の料理写真。私の心を射貫きました。射貫かれたらどうするか。
行ってみましょう勝浦へ。

この記事にはまだ続きがあります

今すぐ続きを読む

プレミアム記事をすべて読むには、ぐるなびプレミアム会員登録が必要です

関連記事

なぜ正月に「雑煮」を食べるのか? 日本人なら知っておきたい、雑煮のルーツと江戸雑煮のおいしい作り方

日本古来の伝統食は、日本の気候や風土、歴史によって長年育まれてきた大切な食文化です。中でも、暮らしの節目節目にくり返される「行事食」には、日本人のスピリットが凝縮されています。本連載は、日本の伝統食、行事食にスポットを当て、知っておきたい基本知識について、日本料理研究家の柳原尚之さんにお話しいただき、さらに覚えておけば日々の食ライフがランクアップする、日本料理の基本レシピも随時紹介!

柳原尚之
江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰
なぜ年末に「年越しそば」を食べるのか?【日本料理研究家/江戸懐石近茶流嗣家・柳原尚之】

日本古来の伝統食は、日本の気候や風土、歴史によって長年育まれてきた大切な食文化です。中でも、暮らしの節目節目にくり返される「行事食」には、日本人のスピリットが凝縮されています。本連載では、日本の伝統食、行事食にスポットを当て、知っておきたい基本知識について、日本料理研究家の柳原尚之さんにお話しいただき、さらに覚えておけば日々の食ライフがランクアップする、日本料理の基本レシピを随時紹介します!

柳原尚之
江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰
【dressing読者は期間限定で入店可能に!】オトナが注目する街・四谷荒木町の紹介制隠れ家

【連載】幸食のすゝめ #055 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン
「日本酒」選びに迷ったら? 騎士団オフィシエがこっそり教える、年末年始に飲むべき旨い「日本酒」

みんな大好き「お酒」だけれど、もっと大人の飲み方をしたいあなた。文化や知識や選び方を知れば、お酒は一層おいしくなります。シャンパーニュ騎士団認定オフィシエによる「お酒の向こう側の物語」 ♯3:年末年始にオススメの「日本酒」

岩瀬大二
ワインナビゲーター/酒旅ライター/MC