この夏行きたい電車での小旅行! 千葉・勝浦までわざわざ食べに行きたくなるポークソテーの衝撃的な出逢い

クレイジーケンバンドのギターにして、その食情報の確かさで多くのグルメなファンも持つ、小野瀬雅生さん。彼の愛する店、どうしても食べたくなる料理を教えていただく。

2017年07月13日
カテゴリ
賢人コラム
  • 連載
  • プレミアム記事
  • 千葉
この夏行きたい電車での小旅行! 千葉・勝浦までわざわざ食べに行きたくなるポークソテーの衝撃的な出逢い
Summary
1.検索の下位で見つけた、野球で代打満塁逆転ホームランを打ったように心踊った知られざる一軒
2.「勝浦タンタンメン」が名物の勝浦のさらに先、鵜原で見つけた桃源郷
3.精肉店併設の老舗食堂で見つけた分厚いポークソテーのこの上のないうまさ

おいしい料理は世の中に星の数ほどありますが、その中で私を本気で満足させてくれるものはほんの僅かです。その僅かというのも他の方から見たらすごくいっぱいあるように思えるかも知れませんが気にせずに話を進めましょう。

奇跡的な出逢いを求めて心揺さぶる店を探す

おいしい料理はどこにあるか。身近にも色々とありますが、自分の生活圏内から大きく離れた場所に興味深い料理の情報を見つけた時の興奮度はかなり高い。私はいつもインターネットなどで色々検索して、検索結果の50位やら100位やらの結果に目をこらしています。宇宙の彼方から宇宙人が送っているかも知れない微弱な電波を受信するように、検索の下位にあるたった一つの情報を探します。それが料理でなく全く別の情報であっても曲や歌詞のアイディアに繋がったりすることがあるので一挙両得。そして実際にその料理を食べに行って本当に美味しかったと感じた時の高揚感たるや。代打満塁逆転ホームランを打った打者のように拳を天に突き上げます(心の中でね)。まあそうした劇的な出逢いは年間に一度あるかないか。それでもいつ代打コールされても良いようにベンチ裏でバットを振って準備を続けています。

わざわざ出かける気持ちにさせたポークソテーの破壊力

情報として見つけた料理が興味深いものであっても、実際にそれを食べに行けるタイミングに当たるかどうか、そして自分の重い腰を上げさせるバイタリティがそのタイミングにあるかどうか、色々と条件が整わないと巡り逢えません。それでも今年の夏は一つの大きな収穫がありました。場所は千葉県勝浦市。勝浦と云えば勝浦タンタンメンと云うのが有名ですが、これを食べられるお店を色々と調べていた時にふと見つけた一枚の料理写真。私の心を射貫きました。射貫かれたらどうするか。
行ってみましょう勝浦へ。

この記事にはまだ続きがあります

今すぐ続きを読む

プレミアム記事をすべて読むには、ぐるなびプレミアム会員登録が必要です

関連記事

【京おんなが教える京都のツウな遊び方】今や花街は旦那衆だけのものじゃない!祇園・先斗町のはしご酒3選

【連載】「京おんなの粋な夜遊び」第2夜 京都は三方を山に囲まれた小さな街。ここでは終電や終バスを逃し、タクシーで帰ってもさほど高額になることはなく、時間を気にせずはしご酒を楽しむのが当たり前。観光客仕様ではなく、京都人が日常遣いする店を今宵、地元の京都美人に案内してもらう。

居酒屋フリーク、立ち飲み好き、武蔵小山ツウなら知ってる「ムサコ飲み」の終着点『長平』が帰ってきた

【連載】幸食のすゝめ #051 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン
なぜ酒はバーで飲むべきなのか?

【店づきあいの倫理学】店は生きものであり「おいしさ」や「楽しさ」は数値化できない。だから顔の見えない他者からの情報「評価」を比較して店や食べるメニューを決めたりすることは無効だ。その店だけの「固有の身体感覚」のようなものがあり、その場その時の「代替不可能な店側/客側のコミュニケーション」が、その店の真価を決定づけている。「店と客の関係性」をもとに「よりおいしく食べるための店づきあい」の方法とは?

【ほっとする店をお探しのあなたへ】通うだけで心も体も健康になりそうなビストロを学芸大で見つけた

【連載】幸食のすゝめ #050 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン