上から目線で店や料理を「評価してやろう」というスタンスの「自称グルメ」のショボい輩に告ぐ

【連載】正しい店とのつきあい方。 店や街とのつきあい方がわからない人が増えている。初めてなのに常連と同じように扱われないと怒る人や金さえ払えば何でもしてくれると思う人。お客様は神様、などではない。客としてのあり方を街と店に深い考察を持つ江弘毅氏が語る。

カテゴリ
賢人コラム
  • 連載
  • プレミアム記事
  • 和食
  • 心斎橋
上から目線で店や料理を「評価してやろう」というスタンスの「自称グルメ」のショボい輩に告ぐ
Summary
1.何カ月も先の決められたものを食べるのではなく、その日その時の「何を食べるか」が重要なこと
2.地図通りの街歩きでは、あらかじめ「ゴールを想定」したたものだからつまらないということの意味
3.カウンター割烹の醍醐味が楽しめる店、大阪・心斎橋のある店の場合

うまいものにありつくことは、その都度初めての経験だと思う。
店に行ったときのお腹の空き具合や口や舌が何を求めているのか、加えて気分という厄介なものに応じて、その日その時の「何を食べるか」がピタッとくること。

いろんな店をあっちこっちと食べ歩いた経験やそれで得た知識から学び得る部分がないわけではないが、ものを食べるということは毎回違った体験になるからこそ面白いのだ。

他者の評価を頼りに何カ月も前に予約して行くような店の退屈極まりないこと

何日か前(2カ月前というのも多い)の予約の際に食べるものをあれこれ決めてしまうことや、席に座って「おまかせで」のやりかたは、「その瞬間のおいしい変数群」の何もかもが少しずつずれると思うので、そういう店には行かなくなってしまった。

星の数や他人の評価を頼りに、それ目当てでやってくる観光客やグルメたちがその日の午後6時45分に店に集合し、一斉に同じものを順番に食べるスタイルのカウンター割烹が京都に多いが、一方的に板前のルーティーン的にやっているパフォーマンスを見せられているようで退屈極まりない。

というか、次は行きたくない。ライヴ・コンサートではないのだ。

季節やその日の食材によるメニューは変わっても、本来「今日はこんなん食べたい」という客と、「今日はこれが良いですよ」といった店とのコミュニケーションからメニューや調理や味付けが決まったりするのが「カウンター割烹」の醍醐味だと思うからだ。

だからうまいものについて書くライターが書くべきことは、その都度試みた結果を列挙することではない。
それはどこまで行っても「ネタ」にとどまっている。

自称グルメに多い「評価してやろう」という態度について

うまいものを食べることは、あらかじめ店や料理つまり「ネタにアクセスすること」ではない。その地図通りの街歩きは、あらかじめ「ゴールを想定」したうえでの街歩きだからつまらない。

「ゴール」という発想はこのところビジネス用語でよく使われているが、よりうまいものにありつこうという楽しみとは違う。
「予想通り」のうまいものは、「予想する主体」つまりあなたの「おいしい味覚」をあらかじめ措定しているから、それ以上のものにははらない。
未知、未経験の感覚領域を排された上でのことなので、いっつも「違うじゃないか」と怒ることになる。
自称グルメに多い「評価してやろう」というスタンスの人々は、そこのところがチョロいのだ。

この記事にはまだ続きがあります

今すぐ続きを読む

プレミアム記事をすべて読むには、ぐるなびプレミアム会員登録が必要です

関連記事

呑兵衛のパラダイス武蔵小山の星『豚星』の新展開は何とアメリカンピザという驚き

【連載】幸食のすゝめ #049 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン
渋谷区と世田谷区の境界で、いま呑兵衛が注目しはじめた知る人ぞ知るツウな街・代田橋を堪能する

【幸食秘宝館】#010 グルメサイトでもなかなか表れない、本当は教えたくない至福の隠れ家。街をさすらい、街に愛された賢人だけが知っている、店選びの黄金律。人気のレビューでは辿り着けない、「幸食の秘宝」そっと教えます。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン
お米屋さんなのに、タパスが楽しめるバル? 神田小川町で毎日通いたい2017年的大衆酒場のこと

【連載】幸食のすゝめ #048 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン
長年愛されたレストランの「イズム」を引き継ぐということ。~大井町『トラットリア ヨシダ』の場合~

【連載】通わずにいられない逸品  トレンドに流されず、一つのお店を長く観察し、愛しつづける井川直子さんにはその店に通い続ける理由がある。店、人、そして何よりその店ならではの逸品。彼女が通い続けるそのメニューをクローズアップする。

【京おんなが教える京都のツウな遊び方】ガイド本じゃ物足りない貴方のための烏丸界隈・大人のはしご酒3選

【連載】「京おんなの粋な夜遊び」第一夜 京都は三方を山に囲まれた小さな街。ここでは終電や終バスを逃し、タクシーで帰ってもさほど高額にはなることはなく、時間を気にせずはしご酒を楽しむのが当たり前。観光客仕様ではなく、京都人が日常遣いする店を今宵、地元の京都美人に案内してもらう。