なぜ年末に「年越しそば」を食べるのか?【日本料理研究家/江戸懐石近茶流嗣家・柳原尚之】

日本古来の伝統食は、日本の気候や風土、歴史によって長年育まれてきた大切な食文化です。中でも、暮らしの節目節目にくり返される「行事食」には、日本人のスピリットが凝縮されています。本連載では、日本の伝統食、行事食にスポットを当て、知っておきたい基本知識について、日本料理研究家の柳原尚之さんにお話しいただき、さらに覚えておけば日々の食ライフがランクアップする、日本料理の基本レシピを随時紹介します!

2017年12月30日
カテゴリ
賢人コラム
  • そば
  • 食文化
  • 食知識
  • 日本料理
  • プレミアム記事
なぜ年末に「年越しそば」を食べるのか?【日本料理研究家/江戸懐石近茶流嗣家・柳原尚之】
Summary
1.年越しそばの歴史をたどると、意外に知られていないことばかり!
2.「そば」から現在の「そば切り」へ。江戸前そばはこう進化した
3.私の大好きなそば屋の老舗と、家庭で年越しそばをよりおいしく作るコツ

連載1回:年越しそばの由来と歴史について【日本料理研究家/近茶流嗣家・柳原尚之】

今回から始まる日本古来の食文化にまつわる連載企画。第1回目は「年越しそば」の由来や歴史についてうかがった。

お話しいただくのは、NHK『きょうの料理』講師でおなじみ、NHK大河ドラマ『龍馬伝』や時代ドラマ『みをつくし料理帖』の料理監修や時代考証も多数手がける、「柳原料理教室」副主宰であり、江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)の柳原尚之さんです。

なぜ大晦日にそばを食べるのか?

日本料理は、年中行事との関わりが強くあります。その中で最もなじみの深いのが、「年越しそば」や「雑煮」「おせち」などの年末年始に味わう行事食でしょう。

大晦日から元旦にかけての時間、また、その間の行事を「年越し」、または「年取り」といい、大晦日の夜にそばを食べる風習は日本全国にあります。その時に食べるそばを「年越しそば」と呼びますが、実は大晦日に食べるそばを「年越しそば」と呼ぶようになったのは明治になってから。

江戸時代中期頃から、江戸市中では毎月の晦日(月末)や節分にそばを食べる風習がありました。節分とは、立春、立夏、立秋、立冬のそれぞれの前日で、年に4回の節分があり、今は立春の前日だけが主だっています。節分に食べるそばを「節分そば」と言い、今も東京・調布市にある深大寺などでは節分にそばを食べるイベントが行なわれています。

一方、大晦日に食べるそばは「晦日(みそか)そば」「年取りそば」と呼ばれていました。昔は「数え年」でしたので、正月を迎えると一歳年をとるとされていたことから、「年取り」と呼ばれたわけです。他にも「年取り魚」といって、鰤や鮭などを食べる風習のところもあります。川柳では「晦日そば」と詠まれているものが多いようですね。

「長く伸びる=長寿」「そばを打つ=相手を討つ」「切る=悪いものを断ち切る」

では、なぜこの日にそばを食べるのでしょうか。諸説あるようですが、そばは長く伸びることから、長寿への願いが込められていますし、災厄をすぱっと断ち切る意味もあります。あとはそばは「打つ」ものなので、「手打ち」ということで相手を討つ、つまり勝つ、という意味もあるようです。

また、江戸でこれだけそば打ちが普及した理由の一つは、年末の忙しい時でも手早く作れること。そばはうどんと違い、練ったら寝かせる必要がなく、すぐ切ってゆでて食べられるということも、江戸っ子の気質に合ったんでしょう。

正月のおせちに代表されるように、日本人は、料理の一つひとつに願いを込めてきました。大晦日、新しい年を迎えるにあたって、悪いものを断ち切り、長寿を願い、幸せを呼ぶ願いを込めて食べるのがこの「年越しそば」なんですね。忙しい中で、家族全員が集まる特別な時間に味わう「年越しそば」。せっかくですから、家庭で食べる場合はひと手間かけて、自家製のそばつゆを作ってみてはいかがでしょうか。そばのおいしさがぐんとアップしますよ。

そばの発祥は奈良時代以前。醤油やみりんの普及が「そば切り」の発展につながった

そばが日本に伝来したのは、奈良時代以前と言われています。最初は粒のまま粥に仕立てたり、そば粉をお湯で練った「そばがき」や、餅のようについて丸めた「そば餅」にしたりして食されました。またそばは米より保存性が高く、痩せた土地でも作付ができるために、「救荒食」として生産され、飢饉の時には多くの人の命をつなぎました。

▲『合類日用料理抄』(1689年)


そばが現在のそばに近い、麺の形に切ってゆでる「そば切り」となったのは、江戸時代になってから。当初は小麦粉が入らず、そば粉だけで作っていたことから、とても切れやすかったのだと思います。そばにお湯を入れてねばりを出して練ったものを伸ばして切ったそうです。

▲『合類日用料理抄』(1689年)


日本で最初のレシピ本と言われる『料理物語』(寛永20年(1643))にはそば切りの製法が記されており、米を炊く時に出る、ねばりのある湯を使ったり、豆腐を入れてつなぎにしていたりと、創意工夫が見られます。また少し時代がさがった『合類日用料理抄』(元禄2年(1689))には、そばの打ち方、ゆで方も丁寧に記されています。元禄8年(1695)の『本朝食鑑』では、そばの効能のほか、東北で多く作られており、信州産が特に良品だと記載されています。

江戸中期~後期になると、小麦粉を混ぜた打ちやすく安価な「二八そば」が誕生し、さらに醤油とみりんが工業化され安価になったことで、急速に一般に普及しました。醤油やみりんを使う以前は、「煮貫(にぬき)」といって、味噌汁を煮詰めて漉して、鰹節を加えた汁でそばを食べていたそうです。私も作ってみましたが、これはこれで結構おいしいのですが、やはり醤油とみりんに砂糖を加えたそばつゆの方が奥深い味になります。改めてベースの「返し」ができたことで、大きく発展したのだと実感します。やはり、おいしいつゆの存在は大事ですね。

私の大好きな「そば屋さん」をこっそり教えます

江戸時代には年に4回の節分にそばを食べる「節分そば」という風習がありました。そばで有名な東京・調布市の深大寺では、2月の「節分そば」の風習が今も残っています。江戸後期に書かれた『江戸名所図会』では、深大寺の周りにはそば畑があり、栽培もされていたという記述があります。私の妻の実家が調布なので、ことあるごとに深大寺を訪れていますが、20軒以上のそば屋さんが軒を連ねていて、そば汁の香りに誘われ、つい、そばを食べてしまいます。

そばはいろいろなスタイルがありますが、私が子供の頃からよく訪れていて、特にお気に入りのそば店は2軒あるので、こっそり教えましょう。さらに自分で作るおいしいそばつゆの作り方も公開するので、ぜひ家庭で作っていただきたいですね。

この記事にはまだ続きがあります

今すぐ続きを読む

プレミアム記事をすべて読むには、ぐるなびプレミアム会員登録が必要です

関連記事

なぜ正月に「雑煮」を食べるのか? 日本人なら知っておきたい、雑煮のルーツと江戸雑煮のおいしい作り方

日本古来の伝統食は、日本の気候や風土、歴史によって長年育まれてきた大切な食文化です。中でも、暮らしの節目節目にくり返される「行事食」には、日本人のスピリットが凝縮されています。本連載は、日本の伝統食、行事食にスポットを当て、知っておきたい基本知識について、日本料理研究家の柳原尚之さんにお話しいただき、さらに覚えておけば日々の食ライフがランクアップする、日本料理の基本レシピも随時紹介!

柳原尚之
江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰
【dressing読者は期間限定で入店可能に!】オトナが注目する街・四谷荒木町の紹介制隠れ家

【連載】幸食のすゝめ #055 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン
「日本酒」選びに迷ったら? 騎士団オフィシエがこっそり教える、年末年始に飲むべき旨い「日本酒」

みんな大好き「お酒」だけれど、もっと大人の飲み方をしたいあなた。文化や知識や選び方を知れば、お酒は一層おいしくなります。シャンパーニュ騎士団認定オフィシエによる「お酒の向こう側の物語」 ♯3:年末年始にオススメの「日本酒」

岩瀬大二
ワインナビゲーター/酒旅ライター/MC
渋谷からたった5駅の知らない街。自由が丘と学芸大の間の超穴場な・都立大のさらにディープな店案内

【幸食秘宝館】#011 グルメサイトでもなかなか表れない、本当は教えたくない至福の隠れ家。街をさすらい、街に愛された賢人だけが知っている、店選びの黄金律。人気のレビューでは辿り着けない、「幸食の秘宝」そっと教えます。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン