賢人コラム

293件中 281-293件を表示

【連載】正しい店とのつきあい方。~鮨屋について その1~

【連載】正しい店とのつきあい方。~鮨屋について その1~

店や街とのつきあい方がわからない人が増えている。初めてなのに常連と同じように扱われないと怒る人や金さえ払えば何でもしてくれると思う人。お客様は神様、などではない。客としてのあり方を街と店に深い考察を持つ江弘毅氏が語る。

江弘毅
江弘毅
編集者/著述家
【連載】「幸食のすゝめ」

【連載】「幸食のすゝめ」

食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン
【連載】クレイジーケンバンド小野瀬雅生の想う店・想う味

【連載】クレイジーケンバンド小野瀬雅生の想う店・想う味

【連載】クレイジーケンバンド小野瀬雅生の想う店・想う味 第1回  クレイジーケンバンドのギターにして、その食情報の確かさで多くのグルメなファンも持つ、小野瀬雅生さん。彼の愛する店、どうしても食べたくなる料理を毎月2回にわたって教えていただく。

小野瀬雅生
小野瀬雅生
クレイジーケンバンド リードギタリスト
【連載】小石原はるかの「いま、飲みにゆきます」

【連載】小石原はるかの「いま、飲みにゆきます」

トレンドに詳しく、「東京最高のレストラン」から「東京カレンダー」などに至るまで、引っ張りだこの小石原さん。そんないろんな店を知り尽くした彼女が愛している店とは?ホントの、いい店うまいい店に飲みに行っていただく。

赤坂の焼肉の隠れ家でシメに食べたいのは、シャトーブリアンを使った牛カツサンド!

赤坂の焼肉の隠れ家でシメに食べたいのは、シャトーブリアンを使った牛カツサンド!

人と仲良くなるには食事が一番。でも、いきなり鍋って感じじゃない。会話が弾まないテーブルでも綺麗なサシの肉が出てくると「わー!」っと歓喜の声が上がる。そう、肉は人をつなぐ。出逢いのMeetであり肉のMeat。そんな思いを込めて肉ラヴァーに贈るDJ TAROさんのナイスな肉話。

DJ TARO
DJ TARO
ラジオDJ/クラブDJ
【連載】通わずにいられない逸品~パネッレの話~

【連載】通わずにいられない逸品~パネッレの話~

トレンドに流されず、一つのお店を長く観察し、愛しつづける井川直子さんにはその店に通い続ける理由がある。店、人、そして何よりその店ならではの逸品。彼女が通い続けるそのメニューをクローズアップする。

井川直子
井川直子
フリーライター
【連載】金曜日のシャンパーニュ

【連載】金曜日のシャンパーニュ

ここ数年、シャンパーニュを飲む人が増えている。香り、味わい、爽快感…他の「泡」では得られない満足感はシャンパーニュならでは。そこで、ちょっとリッチに過ごしたい金曜の夜に飲みたいシャンパーニュを日本を代表するワインジャーナリストでシャンパーニュ通として知られる柳忠之さんにセレクトしていただいた。

柳忠之
柳忠之
ワインジャーナリスト
【連載】肉の兵法 第一回

【連載】肉の兵法 第一回

肉に向かうときに雑になってはならぬ。どこでどんな肉を食べるのか、組み立てるのが大人のたしなみであり、男の作法。「大人の肉ドリル」著者である松浦達也氏が旨い店の肉をさらに旨く食べるための作法を解説する。

松浦達也
松浦達也
編集者/ライター/フードアクティビスト
大阪・新世界の串カツ屋ににみる「コテコテ」と言われる店と客との濃すぎる関係性について

大阪・新世界の串カツ屋ににみる「コテコテ」と言われる店と客との濃すぎる関係性について

店や街とのつきあい方がわからない人が増えている。初めてなのに常連と同じように扱われないと怒る人や金さえ払えば何でもしてくれると思う人。お客様は神様、などではない。客としてのあり方を街と店に深い考察を持つ江弘毅氏が語る。

江弘毅
江弘毅
編集者/著述家
  1. 1
  2. 11
  3. 12
  4. 13
  5. 14
  6. 15