ふっくらモッチモチ! 土鍋で簡単に作れる「もっちりカンパーニュ」がおいしすぎて毎日食べたい

カテゴリ
レシピ
  • パン
ふっくらモッチモチ! 土鍋で簡単に作れる「もっちりカンパーニュ」がおいしすぎて毎日食べたい
Summary
1.土鍋を使って焼き上げる、外はパリッと中はもっちりの土鍋カンパーニュ
2.ハーブの香りが食事のおいしさを引き立てる
3.専用の型がなくてもコロンとかわいいフォルムに

「もっちり土鍋カンパーニュ」の作り方

鍋シーズンの冬に大活躍する「土鍋」。冬が終わると食器棚の奥にしまってしまう…なんて人も多いのでは? でも実は、土鍋の活用方法はたくさん!
今回は、土鍋で焼く「カンパーニュ」の作り方をご紹介。パン生地を作ったら、土鍋で発酵させてそのままオーブンへ。焼いている間にメインディッシュを作れば、テーブルに料理が揃うタイミングで熱々のパンもいっしょに楽しめる。 どんなお食事とも相性の良いカンパーニュの作り方、さっそくチェックしよう。

■材料(直径20cmの土鍋1個分)

・強力粉 … 300g
・砂糖 … 小さじ2
・塩 … 小さじ1/2
・ドライイースト … 5g
・オリーブオイル(こねる用) … 大さじ1
・ぬるま湯 … 180ml
・オリーブオイル(仕上げ用) … 大さじ1
・ローズマリー … 3本
・岩塩 … 適量

■作り方(調理時間:60分 ※発酵時間を除く)

① ドライイースト、砂糖をぬるま湯に入れ、混ぜ合わせたら5分ほど置く。

<ポイント>
ぬるま湯で予備発酵させると、冬場や寒い時でも発酵しやすくなる。

② ボウルに強力粉、塩を入れ、①を加えながらヘラで混ぜていく。

③ 生地がまとまってきたら手でこね、オリーブオイルを加えてなめらかになるまでさらにこねる。

④ 生地を丸くまるめてボウルに入れ、ラップをする。温かい場所で2倍に膨らむまで一次発酵させる。(35℃で30分ほどが目安)

<ポイント>
オーブンの発酵機能がなければ、ぬるま湯で湯煎させたり、ポットの横に置いておくとよい。

⑤ 軽く押してガス抜きをし、丸め直す。

⑥ 土鍋にオーブンシートを敷き、⑤を入れ、蓋をする。温かい場所で2倍に膨らむまで二次発酵させる。(35℃で20分ほどが目安)

⑦ 包丁で十字に切り込みを入れ、オリーブオイルをかけ、ローズマリー、岩塩を散らす。

⑧ 250℃に温めたオーブンで、蓋をした状態で5分焼く。 230℃に温度を下げ、蓋を外してさらに15分焼いたら完成。

コロンとしたフォルムがなんとも可愛いらしい、まんまるカンパーニュの完成。土鍋で焼くことで、ゆっくりじんわりと熱が入り、ふっくらモチモチのおいしい生地に仕上がる。
土鍋は保温効果が高く通気性もよいので、焼きあがったあとはそのまま土鍋に入れたままにしておけば、食事中も温かいまま食べられる。
1年中、土鍋を大活躍させることができる簡単カンパーニュレシピ。棚に閉まってしまう前に、ぜひ試してみて!

<レシピ作者プロフィール>
鈴木麻友子
フードコーディネーター。1987年生まれ。
桑沢デザイン研究所卒業後、インテリアショップでディスプレイなどを担当。祐成陽子クッキングアートセミナーで学び、フードコーディネート、スタイリングをしながら日々活動中。
“おいしく食べて、心も体も内側からキレイに”をテーマに、体にいいものや、旬の食材を取り入れたレシピをメインに研究している。
Blog :http://ameblo.jp/5050kamui
Instagram:http://instagram.com/mayu_uco
(編集、メニュー監修:河瀬璃菜/フードクリエイティブファクトリー http://foodcreativefactory.com/

関連記事

レシピ本には書かれていない「クッキー作り」最大のコツとは?意外なテクニックがサクホロ食感を作り出す!
レシピ本には書かれていない「クッキー作り」最大のコツとは?意外なテクニックがサクホロ食感を作り出す!

洋菓子レシピは巷に溢れているが、ホンモノを知りたいなら専門家に聞くのがイチバン! 洋菓子レッスンは半年待ち、各メディアで大活躍中の洋菓子研究家・たけだかおる先生にdressing編集部が弟子入り。秘伝メゾットとこだわりレシピを大公開します!