6,000円で食べられるクエ鍋から真っ当なコロッケまで全4選

【連載】マッキー牧元の「ある一週間」 第18週  日本を代表する食道楽の一人、マッキー牧元さん。彼はどんなものを食べて一週間を過ごしているのか。「教えていいよ」という部分だけを少しのぞき見させていただく。

2016年01月18日
カテゴリ
賢人セレクション
  • イタリアン
  • 中華料理
  • 和食
  • 東京
  • 長崎
6,000円で食べられるクエ鍋から真っ当なコロッケまで全4選
Summary
1.平戸に通う理由が生まれた訳
2.真っ当が少ない時代のホンモノ
3.ライトン?ブレザオラ?

12月9日「長崎・平戸名物クエ」

こんな山の中で、クエが食えるのかい?
ダジャレを言っている場合ではない。クエは平戸の名物なのである。
不安を抱きながら山道を走ること30分、店は忽然と現れた。
出迎えたご主人はいきなり、「クエ見ます?」。
いらっしゃいました水槽に、40キロ近いクエ様が、泰然自若としてこちらを睨んでいる。
なにしろあなたは、これで40万円もするのだからね。

刺し身は、意外にもあっさりとして、噛んで行くとほのかな旨みが滲み出る。
そして鍋は、攻めのコラーゲンである。
グニュ、ふわっ、コリッ。様々な歯ごたえで攻めてくる。
淡味ながら、その脂と筋の部分に、獣のような野生の香りが漂っては消える。
その対比が、コーフンを呼ぶのである。
だからつい箸は、皮の部分や骨周りを狙ってしまう。

抽出されたエキスはだしに溶け、丸くなって舌を包む。
そして、その汁を吸った米は雑炊となって、幸せを運んでくる。
「どう美味しかった?」
ご主人が笑顔で尋ねる。
「高いからね、俺らは食えないんだよ。お客さんの嬉しい顔見れば、それで十分なんだよ」。
高いって、一人6,000円。
これなら毎年平戸に来てしまう。
「親父さん今度来るときは目玉もね」。
「はいよ」。

囲炉裏料理 エビス亭

住所
〒859-5153 長崎県平戸市戸石川町新杉山7-3
電話番号
0950-23-3244
営業時間
11:30~14:00、17:00~22:00
定休日
定休日 火曜
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/6uwcrthg0000/
公式サイト
http://hirado-ebisutei.com/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

12月10日「ひたすら真っ当なコロッケ」

どうしてこんなに、優しくなれるのだろう。
どうしてこんなに、心がほぐれるのだろう。
カリリ。
衣が音が立てる。

芋が穏やかな、大地の甘さを滲ませる。
牛肉が、ひっそり滋味を忍ばせる。
そのとたん僕は、ぬるま湯に浸かって体が弛緩する。
遠く昔からの温もりが、ゆったりと戻ってくる。
余計な味が一切ない。
ジャガイモと牛肉を信頼しきった味がある。
パン粉は、国内小麦粉、粗糖、天然酵母、海塩、添加物なしで特製したもの。
ジャガイモは無農薬、牛肉は信頼おける肉屋で手挽きしたもの。
油は菜種油。
でもそんなことは、一切うたっていない。
コロッケ2個と切り干し大根の煮物、玉子焼きに果物、ご飯に味噌汁がついて、1,000円。
料理の値段のコストパフォーマンスがどうのこうの言っている輩に、食べてもらいたい。
真っ当とはなにか。
今の時代真っ当を貫くことは、いかに値がはることか。
「来年で10年になります。どうにかやってこれました。今は夜はお休みしているので、赤字ですが、頑張ってやっていきます」。
そう女主人は言って微笑まれた。
日本に、こんな食堂がたくさんあればと、切実に、思う。

ひまわり亭

住所
〒150-0000  東京都渋谷区鉢山町2-1
電話番号
03-3780-0907
営業時間
11:30~14:00(L.O.) ※夜は休業中。要問合せ。
定休日
定休日 日・月・祝日(GW休、盆時期休、年末年始休)
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/5966x8mh0000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

12月14日「ライトン」

ここ数日の無理がたたったか、風邪気味である。
一応風邪薬は飲むが、信用していないのて、こういうときは、知り合いの中国料理店に飛び込む。
喉が痛い風熱タイプなので、「陳皮、大根、白菜、セロリを入れたライトンを作って下さい」と、頼む。

一口すすると、風邪がじわりと後退した。
大根や白菜の甘みが上湯に溶け込んで、粘膜をいたわるように喉を過ぎ、胃袋へと落ちていく。
滋養が体の隅々へと、染み渡っていく。
「ばあ~」。充足のため息ひとつ。
胃の辺りが春の陽だまりとなって、こりゃあたまらんと、風邪が抜けていく。

※編集部注:ライトン=例湯…日本語で「本日のスープ」のような意味だが、非常に長時間かけて弱火で素材の旨みを抽出している。

Turandot 臥龍居

住所
〒107-0052 東京都港区赤坂6-16-10 Y's CROSS ROAD1,2F
電話番号
03-3568-7190
営業時間
月~金曜 8:00~22:00 L.O.、土・日・祝日 9:00~22:00 L.O.
定休日
定休日 無
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/gc7n200/premium/
公式サイト
http://wakiya.co.jp/restaurants/akasaka/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

12月15日「ブレザオラ」

奥野シェフは爽やかな青年だけど、じつはしたたかな色気を隠し持っているのかもしれない。
彼の作ったブレザオラを食べた時、そう思った。

その赤黒い肉は、ねっとりと舌に甘えながら、滋味を滲ませてくる。
熟成して濃密になった旨みだが、これ見よがしではない優しさがある。
それでいて、こちらの心をたぶらかす脂の、甘いエロさがある。
うん、これは相当したたかでないと作れないよ。

※編集部注:ブレザオラ=イタリア北部・ロンバルディア州、その最北部でアルプスの谷筋にある、ヴァルテッリーナ地方が原産で、塩漬けにした牛肉を2~3カ月程度熟成させた干し肉のような生ハムの一種。

Ristrante la Brianza

住所
〒106-0045 東京都港区麻布十番2-17-8 パークIビル1F
電話番号
03-5440-8885
営業時間
12:00~15:00(L.O.14:00)、18:00~23:30(L.O.22:00)
定休日
定休日 日曜
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/g605900/
公式サイト
http://www.la-brianza.com/ristrante/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

旬の「さつまいも」の濃厚な甘さを堪能!手土産選びのプロが選ぶ、大満足間違いなしの絶品お芋スイーツ6選
旬の「さつまいも」の濃厚な甘さを堪能!手土産選びのプロが選ぶ、大満足間違いなしの絶品お芋スイーツ6選

【連載】手土産選びに迷ったら、手土産のプロ・現役秘書に聞くのが正解! 接待の手土産にもオススメできる、クオリティの高い商品だけを厳選してピックアップ。今回は、旬のさつまいもを贅沢に使用した「さつまいもスイーツ」情報をお届けします。

dressing編集部

センスありすぎ! 手土産選びのプロがオススメする、ホームパーティで使える「絶品おつまみ」7選
センスありすぎ! 手土産選びのプロがオススメする、ホームパーティで使える「絶品おつまみ」7選

【連載】手土産選びに迷ったら、手土産のプロ・現役秘書に聞くのが正解! 接待の手土産にもオススメできる、クオリティの高い商品だけを厳選してピックアップ。今回は、ホームパーティや家飲みを盛り上げてくれる「絶品おつまみ」情報をお届けします。

dressing編集部