代官山でカジュアルに味わえる、ベジタブルバー&フルーツバー

オフィスで食べるごはんに飲食店のプロの味を。忙しくても自分に満足のいくフードライフを送りたい方に。dressing編集部が都内の飲食店のテイクアウトを実食し、本当においしいと思ったメニューを厳選してご紹介します。

2015年12月09日
カテゴリ
テイクアウト
  • カフェ
  • ヘルシー
  • 中目黒・代官山
代官山でカジュアルに味わえる、ベジタブルバー&フルーツバー
Summary
・「PALETAS」に併設された、東急スポーツオアシスとPALETASのコラボカフェ
・旬の野菜とフルーツが盛り込まれている
・ワンハンドで味わえるので仕事しながらでもOK

今までありそうでなかった、ナチュラルリッチなバー型キッシュがブームの兆し

今年4月のオープン以来、人気を呼んでいるのが、フローズンフルーツバーでお馴染みの「PALETAS」に併設された『si・empre café&market』。こちらでは「体の中から綺麗になる」をコンセプトに、PALETASのメニューをベースに、フィットネスクラブ「オアシス」の管理栄養士が監修した料理を提供。野菜やフルーツ本来の持ち味を生かし、おいしいだけでなく健康になれる旬のメニューが味わえる。店内で目を引くショーケースには、カラフルなベイクドベジタブルバーやフレッシュフルーツバーがズラリ。これらのメニューはすべてテイクアウトOK。

ベイクドベジタブルバーは、全粒粉入りのサクサクパイ生地に、旬の野菜を盛り込んで焼き上げたバー型キッシュ。バターや小麦粉不使用で、豆乳ベースのベシャメルソースを使っているのでヘルシーなのがうれしい。Onion bacom barは、ベーコンとマッシュルームの香ばしさと、玉ねぎの甘みが絶妙にマッチ。

フレッシュフルーツバーは、ふんわり軽やかなカスタードクリームに、フレッシュフルーツを組み合わせたもの。Mix fruit barは、一口サイズにカットされた季節替わりのフルーツがパイ生地の上に贅沢にのっている。さまざまなフルーツの甘みや酸味が感じられ、デザート感覚で味わえるので、小腹がすいた時にもピッタリ。

キュートでリッチな見た目が女子心をくすぐるだけでなく、仕事しながらでもワンハンドで手軽に食べられるバースタイル。おしゃれ女子の新定番になりそうな予感!

【最寄駅】東急東横線「代官山」駅
【場所目印】八幡通りの代官山駅入口の交差点

si empre Cafe&Market (シーエンプレカフェアンドマーケット)

住所
〒150-0034 東京都渋谷区代官山町20-23 TENOHA DAIKANYAMA&NEXT 1F
電話番号
03-6277-5620
営業時間
11:00~19:30LO※3~10月は11:00~20:30LO
定休日
定休日 12/30~1/3
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/8vz9v0sh0000/
公式サイト
http://www.paletas.jp/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事