美意識高い系バルが銀座に登場!朝摘み野菜で一日をリセット

2016年02月07日
カテゴリ
トレンド
  • 新店
  • 東京
  • 東銀座
  • 野菜料理
美意識高い系バルが銀座に登場!朝摘み野菜で一日をリセット
Summary
1. 野菜のおいしさでダントツの人気、『WE ARE THE FARM』の新店
2. 銀座にあるのに飲んで食べても平均予算3,000円!
3. 22時以降でもOK!ヘルシーで罪悪感ゼロ、だけどあまくておいしい朝摘み野菜

銀座で「おいしい野菜」を食べて、飲んで平均予算3,000円なんて店を他に聞いたことがない…!

こんなにケールのおいしさを感じるところは、この系列店以外ないのではないだろうか。千葉の佐倉に広大な自家農園を持ち、ひたすらおいしい野菜を作り続けている『WE ARE THE FARM』。2014年6月に、一号店が代々木上原にオープンした後、野菜の新鮮さとおいしさで一躍人気店になり、2015年11月、恵比寿に2号店を出したところ連日満席。その1ヶ月半後の2016年1月に、『STAND BY FARM』をオープン! ものすごい快進撃である。

今回は銀座エリアの中でもビブグルマンな店が並ぶ東銀座を選んだ。「味は銀座レベル、でも約3,000円で飲んで食べられる店にしたかった。」そうだ。だから名前も変えて気軽に立ち寄れる居酒屋スタイルにした。

ビーツっておしゃれなだけでおいしくない野菜じゃなかった…?

新店の特徴は、他の2店にはない「本日の朝摘み野菜」がメニューに加わったこと。代名詞の「オーガニックケール」をはじめ、「スノウホワイトスティック」や「ヤーコン」など、朝採れたての野菜を常時20種類ほど用意している。しかもひとつの野菜につき調理法が1〜3種類もある。これなら毎日通っても絶対に飽きることはない。しかもすべて一皿480円。こちらの野菜は無農薬、無科学肥料、露地栽培で作られているので、野菜本来の甘みを感じられ、苦手なものでも不思議と食べられるのだ。

ビーツって色だけは一丁前で味がそっけないから、おいしいと思ったことがなかった。でもこのビーツは甘くて柔らかくて大地の香りを感じる。これが手間暇かけて愛情いっぱいに育った旬の野菜だけが持つ“本物の味”なのだろう。

一品料理も充実!野菜を使ったおつまみで、ワイガヤから軽く一杯まで

この店の良いのは野菜だけじゃないところ。一品料理もかなりの充実度なのです。「ケールとキャベツの辛味噌ホルモン鍋」には唸りましたよ。

甘辛バランスが素晴らしいオリジナルの味噌スープにホルモンの旨味がプラスされ、夢のような出汁となる。そのコクの深さと言ったらどんな言葉も当てはまらないほど。キャベツとケールもたっぷりいただけて、栄養満点、元気モリモリ! 

他にも「豚のグリル瞬間燻製」や「ケールのお好み焼き」などガッツリ系もあり、0次会から3次会までいけるという、まさに銀座で探し求めていた店がここに誕生したのである!

(メニュー)
本日の朝摘み野菜/各480円
豚のグリル瞬間燻製250g/1,380円
ケールお好み焼き/1,200円
本日のおすすめグラスワイン(白・赤)/580円
オリジナルカクテル/850円
ケールのコールドプレスジュース/480円
※価格すべて税別

STAND BY FARM

住所
〒104-0061 中央区銀座3-12-7 原町ビル!F
電話番号
050-5784-1370
営業時間
17:00〜L.O.23:00
定休日
定休日 なし
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/fjpuz8j40000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

日本一、作るのが面倒な「餃子」とは? ウマすぎて、餃子LOVE芸人も唸った無類の「餃子BAR」
日本一、作るのが面倒な「餃子」とは? ウマすぎて、餃子LOVE芸人も唸った無類の「餃子BAR」

1.中野に“日本一作るのが面倒くさい”餃子が食べられるBARがあった! 2.料理人として異例の経歴を持つシェフが作る餃子は、まさに芸術品 3.BARだけど、ランチやコース料理もあるからいろんなシーンで使える