表参道の行列店『パンとエスプレッソと』がフルーツサンドの専門店をオープン! 旬のフルーツを贅沢に堪能

2017年01月10日
カテゴリ
トレンド
  • 東京
  • 中目黒・代官山
  • サンドイッチ
  • スイーツ
  • ベーカリー
表参道の行列店『パンとエスプレッソと』がフルーツサンドの専門店をオープン! 旬のフルーツを贅沢に堪能
Summary
1.懐かしいファンシーショップのような要素を取り入れたデザインの店舗でフルウツミルクを立ち飲み!
2.旬の果実がたっぷり詰まったフルウツサンド! 隠し味はきび砂糖とマスカルポーネ
3.圧巻のボリューム! 仕上げにグリルで火を通すフルーツ入りのパニーニ

表参道でとても人気のあるカフェ『パンとエスプレッソと』のサテライト店舗として、サンドイッチの専門店『フツウニフルウツ』が2016年10月20日に中目黒にオープン。同年7月にスタートしたハンバーガーショップ『Sun & Witch(サンアンドウィッチ)』に続き、パンのおいしい食べ方の提案として、『パンとエスプレッソと』のパンを使用したフルーツサンドをメインにメニューを展開している。

昔懐かしいデザインの店舗前でバナナの香りが活きたフルウツミルクをゴクリ!

『フツウニフルウツ』という店名は、フルーツをもっと日常的に、日常食であるパンと一緒に楽しんでほしいという意味をこめて名付けられたもの。鮮やかなブルーを基調とした外観は、フルーツサンドやフルーツ牛乳のイメージを意識して作られているのだそう。

ショーケースの中にはその日のメニューがズラリ。じっくり眺めながらどれにしようかと悩んでしまう。早くに品切れするメニューもあるが、店舗内で随時新しいサンドイッチを作り続けているので、夕方以降に訪れても購入は可能。

テイクアウトではなく、店舗前の三角テーブルで食していくのなら、まずはドリンクを選んでみてはいかがだろう。一番のオススメは「フルウツミルク」のバナナ。

ミルクとバナナのシンプルな組み合わせのフルーツ牛乳だが、口当たりはとてもマイルド。パンとの相性が良いドリンクなので、サンドイッチとセットで注文してみると良いだろう。2017年1月(予定)からはアボカド味が新しいレシピになって再登場する。

きび砂糖とマスカルポーネの優しい味わいのクリームと、新鮮フルーツの“フルウツサンド”

サンドイッチの人気メニューはなんといっても店名と同じ名の「フツウニフルウツ」。バナナ・キウイ・オレンジ・ピンクグレープフルーツがギッシリつまったカラフルなフルーツサンドで、パンはしっとりふかふか。実はフルーツサンド専用のパンを表参道の店舗で焼いており、『パンとエスプレッソと』ならではのパンの味を堪能できるのだ。

クリームは普段食べなれているホイップクリームと比べると優しく爽やかな味わい。そのヒミツはきび砂糖とマスカルポーネで、クリーミーでありながらヘルシーに仕上がっている。

12月中旬に新しくメニューに加わった「ミカンダケ」も冬のおすすめメニュー。ひと口頬張ると、果汁が飛び出してしまいそうなジューシーなサンドで、みかんの甘みと香りがクリームとちょうどよく調和している。

実は「ミカンダケ」にはハチミツを加えたクリームを使用していて、先ほどのフルーツサンドとはクリームの味を変えているのだそう。この商品ではより濃厚な味わいのクリームが楽しめる。

このみかんをはじめ、フルーツは中野にある『フタバフルーツ』から仕入れたものを使っている。旬のおいしい果実が味わえるよう、今後もメニューは季節ごとに新しく変わっていくのだという。

フードメニューはフルーツサンドだけではない。とてもボリューミーなパニーニも販売されている。秋から冬にかけて登場していたフルーツ入りのパニーニがこちらの「柿と生ハムモッツァレラ」。完熟のやわらかな柿がゴロゴロと入っており、その下にはモッツァレラチーズがたっぷり敷き詰められている。果肉の甘みと生ハムの塩加減がほどよくマッチし、ランチとしてもおすすめ。

種類は他に「アボカドジェノバ」やさらに温かいサンドイッチメニューとして、「リンゴ・レーズン・チーズ」など日替わりのホットサンドも用意されている。

今後もどんどん新たな旬メニューが増えていくそうなので、旬の味覚がつまったサンドを是非一度手に取ってみてはいかがだろう。

<写真・文>グルメライター/フードアナリスト/調理師 野山苺摘


<メニュー>
フツウニフルウツ 350円
ミカンダケ 350円
パニーニ 柿と生ハムモッツァレラ 650円
フルウツミルク バナナ 400円
※価格全て税込

フツウニフルウツ

住所
〒153-0061 東京都目黒区中目黒1-1-71
電話番号
03-6451-0178
営業時間
10:00〜18:00 定休日 月曜日
公式サイト
http://www.bread-espresso.jp/shop/fruits.html

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

日本一、作るのが面倒な「餃子」とは? ウマすぎて、餃子LOVE芸人も唸った無類の「餃子BAR」
日本一、作るのが面倒な「餃子」とは? ウマすぎて、餃子LOVE芸人も唸った無類の「餃子BAR」

1.中野に“日本一作るのが面倒くさい”餃子が食べられるBARがあった! 2.料理人として異例の経歴を持つシェフが作る餃子は、まさに芸術品 3.BARだけど、ランチやコース料理もあるからいろんなシーンで使える