【永久保存版】センベロのメッカ・立石にいざ出陣! 達人が指南する初心者必読の「立石呑み歩きガイド」

2017年03月19日
カテゴリ
トレンド
  • まとめ
  • 東京
  • 居酒屋
  • 焼鳥
  • 行列のお店
【永久保存版】センベロのメッカ・立石にいざ出陣! 達人が指南する初心者必読の「立石呑み歩きガイド」
Summary
1. こんなの欲しかった! 立石の歩き方決定版【平日午後編】と【土曜日編】
2. 立石の代名詞的存在『宇ち多゛』の保存版・オフィシャルガイド初公開!
3. こんな店もあった! おでんと熱燗&ヴァンナチュールの魅惑のコンビ

千円でベロベロになれるほど安く酔える店のことを指すセンベロ。センベロするならまず訪れたいのが、東京一の酒飲みの聖地との呼び声高い「立石」だ。しかし、初めての立石はちょっとハードルが高いと思う人も多いはず。確かに、独自の文化や作法がありそうだ。そこで今回は、立石の街を知り尽くした名ガイドによる、初心者向け立石・呑み歩き入門をお届けしよう。

まずは王道から! 平日だけありつける名店の味は格別! 立石ゴールデンルートを巡る【平日の午後編】

立石と言えば昼飲み。それも、平日の昼こそ格別だ。平日の午後にスタートして、思う存分立石を楽しむ方法としてまず訪れたいのは、もつ焼きの名店『宇ち多゛』。

平日しか提供されない「ツル」(写真上・右)と呼ばれる豚の陰茎や「テッポウ」と「コブクロ」をセットにした「シンキ」といった希少部位を狙って行列に並びたい。

続けて、大衆食堂の『ゑびすや食堂』に立ち寄り「ハムエッグ」や「ハムカツ」を。そして鶏の素揚げの名店から、名物ママのいる絶品もつ焼きを堪能し、さらに3軒目、4軒目、5軒目…。

〆には、『蘭州』の名物の水餃子をほおばって幸せな午後を締めくくろう。

>>>>詳しい記事はこちら

これで『宇ち多゛』デビューも怖くない! 「9つの掟&楽しみ方」をメディア初公開

酒都・立石の最強酒場『宇ち多゛』はまず押さえたい1店と先述したが、『宇ち多゛』には、暗号めいた注文方法と店独自のローカルルールがある。

「酔っている人は入店不可」の大前提ルールから、具体的な注文方法を「飲み物編」「焼き物編」「生編」「煮込み編」、さらには「お新香編」まで、『宇ち多゛』の楽しみ方は奥深い。

初めてでも『宇ち多゛』を満喫できる「9つの掟」はまず押さえておきたいポイントだ。

>>>詳しい記事はこちら

【土曜日の昼のみ】を、もつ焼きから立ち食い寿司まで達人が指南!

日曜休みの店が多い立石では、多くの人が土曜に訪れる。ここでもやはり名店『宇ち多゛』はマストで訪れたい。続いて全国的な立ち食い寿司の名店『栄寿司』。皿も箸も存在しない店で、握りたてを味わおう。

少し歩いて腹ごなしをし、続いて、うまいアテで酒が飲める『四ツ木製麺所』へ。「フライド大根」などのつまみは、平日昼間だけ登場するメニューだが、土・日・祝日なら開店から終日楽しめる。

続いて、惣菜をつまみ歩きつつ、心温まる立石のオアシス『ミツワ』、そして最後は、テイクアウトとイートインが可能なおでん屋『二毛作』で〆る。休日はのんびりほろ酔いながら、解説マップ片手に、立石散策を楽しみたい。

>>>詳しい記事はこちら

センベロの立石に新風を吹き込んだ、ナチュラルワインも楽しめる名店『おでん丸忠』

立石仲見世で30余年続くおでん種専門店『丸忠蒲鉾店』の、出来立ての手作りおでん種を丁寧に仕込んで提供する『おでん丸忠』。

毎日千住市場で仕入れる魚介類も秀逸だ。広島の「竹鶴」や埼玉の「神亀」、奈良の「どぶ」など、貴重な銘柄を酒蔵まで訪ねたというこだわりの日本酒に加え、国内外のヴァンナチュールも充実。

熱燗とワインを一度に味わえる店は、立石の貴重な存在だ。開放的な雰囲気で馴染みやすく、カップルや女性客も目立つ。

>>>詳しい記事はこちら

関連記事

イギリスの名車・ジャガーからのXmasプレゼント! 『レフェルヴェソンス』のディナーという特別な夜
イギリスの名車・ジャガーからのXmasプレゼント! 『レフェルヴェソンス』のディナーという特別な夜

1.マッキー牧元さん、高山都さん、斉藤アリスさんが大人気の名店『レフェルヴェソンス』でいただいたのは? 2.南青山でなかなか予約が取れないこの店のディナーにイギリスの名車・ジャガーがご招待 3.12月5~8日の各日1組限定で1人分の食事代をジャガーが負担。世界からゲストが訪れる生江史伸シェフの料理を

松尾大
くるなびエディトリアルプロデューサー