もっちもちの台湾スイーツ「芋園」がウマすぎてアジアで大人気!台湾発のスイーツ専門店『鮮芋仙』が初上陸

カテゴリ
トレンド
  • 赤羽
  • スイーツ
  • 初上陸
  • 台湾
もっちもちの台湾スイーツ「芋園」がウマすぎてアジアで大人気!台湾発のスイーツ専門店『鮮芋仙』が初上陸
Summary
1.アジアを中心に500店舗以上を展開する台湾スイーツ店が東京・赤羽に日本初上陸
2.伝統的なスイーツ「芋園(イモエン)」「仙草(センソウ)」「豆花(トウファ)」などをラインナップ
3.抹茶やきな粉、黒蜜を使用した“日本限定メニュー”も提供する

近年、ヘルシーな台湾スイーツを提供する店が増えてきている。2017年4月、東京・赤羽にオープンした『MeetFresh 鮮芋仙(ミートフレッシュ・シェンユイシェン)』もそのひとつだ。

『MeetFresh 鮮芋仙』は中国、韓国、ベトナムなどアジアを中心に500店舗以上展開する台湾スイーツ専門店。台湾の伝統的な製法で無添加・手作りにこだわったスイーツが楽しめる。特に看板メニュー「芋園(イモエン)」「仙草(センソウ)」「豆花(トウファ)」の3本柱は、台湾から材料を取り寄せており、本場の味を忠実に再現している。

台湾の趣あるレトロな雰囲気に近い東京・赤羽に日本1号店をオープン

『MeetFresh 鮮芋仙』は、「台湾特有のローカルの温かさを重視し、東京の赤羽に日本1号店を出店することを決めた」とオーナーの関根伸明さんは語る。地元の人の意見を聞きながら2月からプレオープンを重ねて、4月8日に正式オープン。老若男女に楽しんでいただける店作りを目指しており、早くも4月29日に2号店を同じ赤羽に出店している。

店内も台湾のレトロな雰囲気を大事にしつつ、日本オリジナルのレイアウト構成にしている。家具をはじめ、店内に置かれている小物も本場台湾から仕入れたものを配して、こだわりのある内装を展開している。落ち着いたアジアの雰囲気の中、台湾スイーツが味わえるとあって、客層は学校帰りの学生や会社帰りのサラリーマンなど様々だ。

なめらかでぷるっぷるの食感! 台湾の伝統スイーツ「仙草」を堪能しよう

メニューは、台湾を代表するデザートをはじめ、ドリンクも合わせると30種類以上と豊富。その中でも絶対オススメなのが台湾独特の「仙草(センソウ)」をゼリーにしたデザートだ。

「仙草」は、熱中症の解消や高血圧症、ダイエットなどに良いとされ親しまれている伝統スイーツ。『MeetFresh 鮮芋仙』では、仙草ゼリーにハト麦、サツマイモ、タピオカ、小豆、ピーナッツなど、トッピングの組み合わせを豊富に楽しめるメニューを提供している。その中でも「仙草3号」(写真上)は、仙草ゼリーに小豆、ピーナッツ、タピオカをトッピングした一品だ。

仙草ゼリーはなめらかでぷるっぷるの食感。ハーブの香りも楽しめる。仙草シャーベットが入っている「仙草招牌(氷)」というメニューもイチオシの一品。なお、仙草を温かいシロップにして寒い日も楽しめるようホットメニューも提供している。日本ではまだまだ珍しい「仙草」のスイーツをぜひ味わってほしい。

カラフルでもちもちした食感! 台湾定番デザート「芋園」は低カロリーでビタミンEが豊富

次は、台湾伝統の餅をトッピングした「芋園(イモエン)」を味わってみる。カラフルな見た目が印象的な「芋園」は低カロリーでビタミンEが豊富。黄色は「サツマイモ」、白は「タロイモ」をそれぞれ餅にしたものだ。

もちもちした食感が楽しめる芋園は、毎朝お店でその日の分を手作りしている。「仙草」と同様、豊富なトッピングの組み合わせがあり、オススメは、かき氷の上に小豆、タロイモ、タピオカをトッピングした「芋園4号(氷)」(写真上)。タロイモは日本ではあまりなじみのない芋だが、サツマイモよりも甘みが強く、甘いかき氷やタピオカとも相性が抜群だ。

なお、こちらも、かき氷の代わりに温かいおしること楽しむことができるホットメニューがある。おしること芋園の相性も抜群なので季節問わず味わってみてほしい。

こちらは有名な台湾のソウルフード「豆花(トウファ)」(写真上)。タンパク質が豊富に含まれており、低カロリーなヘルシースイーツとして人気が高い。本場台湾のレシピを受け継いで味を忠実に再現して作られている。「豆花2号(氷)」は冷たいシロップに豆花、ハト麦、サツマイモが入ったシンプルなデザートだが、お腹も満足するのでオススメしたい。

抹茶を使用した日本限定ドリンクも! デザートと合わせたいドリンクメニューも豊富

ドリンクメニューでオススメなのが冬瓜茶に小さな芋園を入れた「小芋園冬瓜奶霜(氷)」(写真上)。デザートのサツマイモとタロイモの芋園を小さくカットした餅が入っている。ワイドストローからもちもちした芋園の食感が味わえ、甘さ控えめの生クリームと合わせるとまるでスイーツを食べているよう。ぜひデザート感覚で味わってみてほしい。

本場にはない日本オリジナルドリンクもオススメだ。抹茶を丁寧に溶いてミルクと合わせた「抹茶珍珠鲜奶(抹茶タピオカミルク)」(写真上)は、まろやかな抹茶ミルクとタピオカの食感が楽しめる日本オリジナルメニュー。ワイドストローから味わう、弾力性のあるタピオカのもっちりとした食感とツルンとした喉ごしがたまらない。他にも抹茶ミルク、抹茶フロートなど和のテイストを味わえるドリンクが揃っている。

なお、デザートやドリンクは全種類テイクアウトも可能。日本でも気軽に味わえる、本場台湾の雰囲気と味をぜひ『MeetFresh 鮮芋仙』で体験していただきたい。

【メニュー】
仙草3号(氷) 800円(L)
芋園4号(氷) 800円(L)
豆花2号(氷) 700円(L)
小芋園冬瓜奶霜(氷) 750円
抹茶珍珠鲜奶 650円
※価格は税抜き

MeetFresh 鮮芋仙(ミートフレッシュ・シェンユイシェン) 赤羽本店

住所
〒115-0045 東京都北区赤羽2-21-2 SD.Build-1F
電話番号
03-5939-9500
営業時間
11:00~21:00
定休日
年末年始
公式サイト
http://www.meetfresh-tokyo.jp

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

並んでも食べたい!アイスモンスターや春水堂など、原宿・表参道の人気スイーツ店の期間限定「かき氷」
並んでも食べたい!アイスモンスターや春水堂など、原宿・表参道の人気スイーツ店の期間限定「かき氷」

1.真夏の暑さも吹っ飛ぶ爽やかさ! 『アイスモンスター』で味わえる、ライチ香る「キウイのかき氷」 2.ぷるぷるでシャリシャリ! 今話題の「豆花」も味わえる、『春水堂』の夏季限定スイーツ 3.日本初登場フレーバーから、ファン待望の復活フレーバーまで! 『ソルビン』の7月末までの限定メニューは必食

dressing編集部
肉汁爆発! 肉のプロフェッショナル『格之進』が本気で作る「ハンバーガー」が飛び抜けたうまさだった!
肉汁爆発! 肉のプロフェッショナル『格之進』が本気で作る「ハンバーガー」が飛び抜けたうまさだった!

1.2017年2月、肉のプロが六本木にオープンさせた『格之進Nikutell』 2.肉巻きウニ軍艦で有名な『門崎熟成肉 格之進』グループのカジュアルレストラン 3.国産熟成牛と白金豚を使用した「肉汁たっぷりハンバーガー」、黒毛和牛の「メンチカツバーガー」が名物

カメイアコ
ライター