巨大30センチのパンからチーズがはみ出るド迫力!パリ発「モッツァレラサンド専門店」がウマすぎると評判

2017年07月10日
カテゴリ
トレンド
  • 表参道・青山
  • サンドイッチ
  • 初上陸
  • 専門店
  • 東京
巨大30センチのパンからチーズがはみ出るド迫力!パリ発「モッツァレラサンド専門店」がウマすぎると評判
Summary
1.パリ発のモッツァレラサンドイッチショップ『ンーモッツァ』がオープン
2.30cmを超える巨大なサンドイッチの正体とは
3.「トレッチーズシェイク」など青山店限定のメニューが豊富にそろう

パリ発のモッツァレラサンドイッチショップ『Mmmozza(ンーモッツァ)』が日本に初上陸し、3月オープンの原宿店に続き、2号店の青山店が2017年5月26日(金)にオープンした。

『ンーモッツァ』は、2011年にパリ・北マレ地区に誕生し、フレッシュな水牛の乳から作られたモッツァレラチーズを挟んだサンドイッチがメインの人気サンドイッチショップ。30cmを超える巨大なサンドイッチは、見た目のインパクトからフォトジェニックなサンドイッチとしてフェイスブックやインスタグラムなどのSNSで話題となっている。

はみ出んばかりのモッツァレラチーズと野菜を挟んだ人気サンドイッチ

看板メニューはこちら(写真上)の水牛のモッツァレラチーズを使った「ラウラ(フルサイズ)」。パンはバゲット、チャバタ、フォカッチャの3種からチョイスすることができる。またオプションでチーズやグリル野菜のトッピングも可能だ。

写真は、定番のバゲットで水牛のモッツァレラチーズとシャルキュトリー(ハムなどの加工肉)等を挟んだもの。オーダーを受けてから、バケットをリヒートし、その間にイタリア産のシャルキュトリーがスライサーでスライスされる。そして少し温かいバゲットに、オリーブオイルをたっぷり染み込ませ、水牛のモッツァレラ、スライスしたばかりのシャルキュトリー、フレッシュなルッコラをふんだんにサンド。具材をたっぷり挟んでくれるので、パンからはみ出しそうな見た目も食欲をそそる。

味付けは、ほとんどせず、酸味とコクがある水牛のモッツァレラ、塩気のきいたシャルキュトリーが合わさり、カリッとしたハードな食感のバゲットと相まって、バランスのとれたサンドイッチが生まれる。

青山店限定のサンドイッチはお酒にも合う大人の味わい

青山店でしか味わえない限定メニューもある。それが、ゴルゴンゾーラチーズとルッコラのサンドイッチ「ゴルチェ(GORCE)フルサイズ」(写真上)だ。

こちらのパンは、濃厚なゴルゴンゾーラとの相性がよいチャバタをチョイス。このソフトな食感のチャバタに、コクとうまみが詰まったゴルゴンゾーラチーズ、シャルキュトリー、蜂蜜、砕いたクルミが挟まれる。

また、ゴルゴンゾーラに蜂蜜が加わるとさらに風味が増す。そこにクルミの甘みと食感が加わり、複雑な味わいが広がっていく。これは、お酒にも合う大人な味わいのサンドイッチだ。

もうひとつ青山店限定のメニューがチーズシェイク「トレッチーズシェイク(3 CHEESE SHAKE)」(写真上)。

クリームチーズ、リコッタチーズ、マスカルポーネチーズの3種のチーズを使った濃厚なチーズシェイクで、トッピングには、ザクロとベリーのグラニテが乗っている。ひと口飲むと、アイスクリームとケーキの中間のような新感覚の舌ざわりで、なめらかなチーズケーキを味わっている感覚になる。

サンドイッチやデザート以外にも、ディナー前に軽く一杯楽しめる“アペロ(アペリティフ)”をラインナップし、プレートでチーズや生ハムも楽しめる。イタリアの炭酸飲料や海外のビール、オーガニックワインなども豊富に揃っており、ふらりと立ち寄り、アルコールを飲むこともできる。

また、サンドイッチに使用されている水牛のモッツァレラチーズも販売。フレッシュなチーズを家庭でも味わえると好評だ。そんな「ンーモッツァ)」で、パリで愛される巨大サンドイッチを体験してみてはいかがだろうか。

【メニュー】
ラウラ(LAURA) フルサイズ 1,480円/ハーフ 880円
ゴルチェ(GORCE)フルサイズ 1,080円/ハーフ 720円
トレッチーズシェイク(3 CHEESE SHAKE) 680円
※価格は税抜

Mmmozza(ンーモッツァ) 青山店

住所
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-52-2 オーバルビル1F
電話番号
03-5778-9255
営業時間
月~木 11:00~20:00、金・土 11:00~21:00、日 10:00~20:00
定休日
不定休
公式サイト
https://www.instagram.com/mmmozza.jp/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

フレンチ界の偉才 渡辺雄一郎シェフが通う「看板のない酒場」

【腕利き料理人が通ううまい店】世の食いしん坊たちを魅了する腕利き料理人こそ、選ばれし生粋の食いしん坊。好奇心を刺激しに、疲れた身体を癒しに通う店には、間違いない味と心意気がある。料理人から料理人へ、バトンを受け継いでとっておきの一軒を追う。

須永久美
ライター