営業時間わずか2時間半! ウマすぎて売り切れ御免の具のないラーメン「澄まし麺」とは?

2017年08月23日
カテゴリ
トレンド
  • 神楽坂
  • ラーメン
  • 和食
  • 日本酒
営業時間わずか2時間半! ウマすぎて売り切れ御免の具のないラーメン「澄まし麺」とは?
Summary
1.こってりでなく、ご免なさい。「澄まし麺」の正体とは?
2.最高級昆布を使った出汁、中華麺の麺がおいしすぎ!
3.昼はラーメン屋、夜は日本料理店と二つの顔を持つ異色のお店

神楽坂の地に、2017年4月7日にオープンした『ふくぼく』が、いまラーメンフリークの間で話題になっている。それもそのはず、営業時間は、昼の11時半から14時まで、たったの2時間半しかない。しかも麺や出汁が売れ切れたら終了。メニューは、塩味の出汁で味わう「澄まし麺」と麺に醤油をかけた「醤油かけ麺」、そして冷たい出汁の「涼し麺」のみ。これらの“あっさり”を極めたシンプルなラーメンと潔さが口コミでじわじわと広がっているのだ。

実は、こちらの店、昼は『ふくぼく』というラーメン店だが、夜は『蒼穹(そうきゅう)』という日本料理店の暖簾を掲げる。

昼と夜で異なる、二毛作の営業を支えるのは、「ミシュランガイド東京」で三つ星に輝いた日本料理店、神楽坂『石かわ』で腕をふるった大塚将人さん。

また『蒼穹』の営業では、日本酒の名ソムリエともいうべき、店主の多田正樹さんが、200種以上の日本酒の中から銘柄をお薦めしてくれる。

「復朴(ふくぼく)」とは、原点に還るという意味。「これまで美味しいものを食べられてきた年配の方々が、そのシンプルさにハッとする。毎日食べたくなるようなラーメンを作りました。」と、『ふくぼく』代表の長谷川展弘さんは語る。

こってりでなく、ご免なさい。「澄まし麺」の正体とは?

シンプルの裏側にある超一流の技が冴える、「澄まし麺」がこちら(写真上)。昆布とかつお節の出汁に、塩だけで味付けしたスープに中華麺を合わせたのみ。具は一切なく、刻んだネギと海苔が薬味に付く。あっさりしすぎて、物足りないのでは?という最初の予想は、ひと口食べると見事に覆される。

絶妙な塩味と細麺の食感が合わさり、奥行きのある深みと満足感を感じさせる味に仕上がっている。ラーメンというよりも割烹の一品のようだ。

「澄まし麺」のスープは、北海道・白口浜尾札部でとれた稀少な真昆布を使用。この真昆布は、漁師が1枚1枚手作業で、だしが濁りやすい部分を切り落とし、天日乾燥させたもの。蔵の中で2年以上寝かせており、昆布の中でも最高級と言われている。

その昆布に、削りたての鰹節を合わせて出汁をひく。「鰹節は、香りが命ですから、毎日、開店前の10時に削っています。作る量に限りがあるので、出汁が終わるとラーメンは終了となります」と大塚さん。

出汁の味は、上品そのものだが、とても奥深い。美味しさを感じる舌の感覚が洗われるよう。知らず知らずのうちに飲み干してしまう。

1年がかりで仕上げた麺。もちもちした食感と心地よいのど越し!

澄んだスープに合うように1年近くかけて開発された麺についてもこだわりがすごい。麺づくりで名高い『菅野製麺』で30年以上の経験をもつ麺名人が『ふくぼく』の思想に共鳴し、麺そのものの美味しさを追求。国産小麦にしか出せない、もちもちとした食感と、なめらかな喉ごしが味わえる。

「澄まし麺」の味の変化を楽しみたい人には、薬味のネギとアオサ海苔、ゴマ油を加えるといい。なかでもゴマ油は、サラサラと白く透き通っており香り高い。埼玉県・春日部で作られるこのゴマ油は、ゴマの粒を積み重ねて自然に押しつぶす昔ながらの絞り方で作られており、「澄まし麺」によく合う。

コースに合わせた日本酒のマリアージュのセンスが見事!

前述した通り、夜は『蒼穹(そうきゅう)』という店名の日本料理店となる。8品おまかせコースが8,000円から楽しめる。本当に美味しいものを少しずつ。昼の『ふくぼく』と同じく、美食を極めた年配の方々が毎日でも通いたくなるというコンセプトは共通。旬の魚や野菜を使ったメニューが豊富だ。

▲夜の一品料理「冬瓜と湯葉 土佐酢餡 柚子」「鮎の唐揚げ」「うなぎの梅醤油の炭火焼き 万願寺とうがらし」

愛知県産の天然うなぎ(写真上)は、梅干しで香りをつけた梅醤油で香ばしく炭火焼きした一品。脂の乗ったうなぎの身はふっくら、皮はパリッとしており、ついつい日本酒が進んでしまう。

▲全国各地の日本酒約50種ほどをラインナップ

昼はラーメン店『ふくぼく』、夜は日本料理店『蒼穹』として二つの顔を持つこちらのお店。昼間しか食べられない、日本料理の技術で生み出されるシンプルなラーメン「澄まし麺」をぜひ味わってほしい。

【メニュー】
『ふくぼく』
 澄まし麺 680円
『蒼穹』
 コース 8,000円~
※価格は税込

ふくぼく

住所
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂5-7
電話番号
03-6265-0958
営業時間
11:30~14:00 ※「澄まし麺」はスープが無くなり次第終了 (『蒼穹』は17:00~22:00)
定休日
日曜・祝日

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

イギリスの名車・ジャガーからのXmasプレゼント! 『レフェルヴェソンス』のディナーという特別な夜
イギリスの名車・ジャガーからのXmasプレゼント! 『レフェルヴェソンス』のディナーという特別な夜

1.マッキー牧元さん、高山都さん、斉藤アリスさんが大人気の名店『レフェルヴェソンス』でいただいたのは? 2.南青山でなかなか予約が取れないこの店のディナーにイギリスの名車・ジャガーがご招待 3.12月5~8日の各日1組限定で1人分の食事代をジャガーが負担。世界からゲストが訪れる生江史伸シェフの料理を

松尾大
くるなびエディトリアルプロデューサー
感動! フランス国家最優秀職人章(M.O.F)シェフの味が気軽に楽しめる「日本流ビストロ」が誕生
感動! フランス国家最優秀職人章(M.O.F)シェフの味が気軽に楽しめる「日本流ビストロ」が誕生

1.フランス国家最優秀職人章の称号を持つシェフが自身の名前を店名にしたこだわりビストロを、新丸ビルにオープン 2.さすがとしか言いようがない! M.O.Fを授与されたシェフの料理は、比類なき異次元の世界 3.ハイレベルな料理とワインを営業時間中いつでもいただける幸せ

高橋綾子
フードパブリシスト