いま爆発的人気で大注目の「オトコも満足するサラダ」の秘密

【連載】NYスタイル、進行形  世界最新の食トレンドを生み出し続ける、ニューヨーク。日々新しいスタイルが提案されるこの街で、生き残るのは至難の技。そんなニューヨークのトレンドに敏感な街の「賢人」の琴線に触れた店とは?

2017年08月05日
カテゴリ
トレンド
  • 連載
  • NY
  • ヘルシー
  • 野菜料理
いま爆発的人気で大注目の「オトコも満足するサラダ」の秘密
Summary
1.ジョージタウン大学出身の3人の男性が自分たちが食べたいサラダの店をとオープン
2.2007年に創業し、2013年に就任した新社長の手腕で、いまや全米8州に70店舗以上を展開
3.「ファーム・トゥ・テーブル」から「スイート・ライフ」へというのが成功の鍵

ニューヨークにはサラダ専門店チェーンがいくつかあるが、その中で特に急成長ぶりが際立つのが『スイートグリーン』だ。

いま一番いきおいのあるサラダ専門店

現在、ニューヨーク北東部とカリフォルニア合わせて8州で70店舗以上を展開する。一番多いのはニューヨーク州で、マンハッタンだけで16店舗を構える。創業は2007年。同業のサラダチェーンや新興のファストカジュアルレストランチェーンに多い例だが、この『スイートグリーン』も健康志向の若い男性たちが起業した。ニコラス・ジャメット、ナサニエル・ル、ジョナサン・ニーマンの3人は、ワシントンDCのジョージタウン大学に在学中、ヘルシーな食べ物が身近にないことにフラストレーションを感じ、『スイートグリーン』をオープンするアイデアを思いついたという。3人は卒業後まもなくジョージタウンに1号店をオープンした。

シェイクシャック創業者も注目

急成長の影には、2013年に社長兼COO(最高執行責任者)に就任したカレン・ケリーの手腕があるといえそうだ。ケリーは『ボストンマーケット』『ジャンバジュース』『ピンクベリーベンチャーズ』とレストランチェーンを渡り歩き、オペレーションを担当。『ピンクベリーベンチャーズ』の後はヘアドライ専門チェーンの『ドライバー』の社長に就任し、資金を集めて店舗数を5倍以上に増やした実績ももつ。ケリーが『スイートグリーン』の社長になってまもなく、『グラマシータバーン』や『ユニオンスクエアカフェ』など多くのレストランをもつ「ユニオンスクエアホスピタリティグループ」の創業者で『シェイクシャック』の創業者でもあるダニー・メイヤー、『ダニエル』を初め10数軒のレストランをもつダニエル・ブールーを含むさまざまな大物たちや投資会社が多額の投資をし、それが急成長につながった。

「スイート・ライフ」とは?

では、何故『スイートグリーン』がそのような多くの投資家たちを引き付けることができたのだろう。『スイートグリーン』は「地元の食材を使う」「ファーム・トゥ・テーブル」「透明性を高くする」といった、同業他社にも見られる手法に加え、より良い生活「スイート・ライフ」を目指すコミュニティづくりに力を入れている。年1回「スイート・ライフ・ミュージックフェスティバル」を開催して多くの若者を集める一方、学校で子供たちに健康的な食生活やサステイナビリティについて教えるワークショップを開催しているのだ。小さい時から『スイートグリーン』に馴染んでいれば、固定ファンになる可能性は高い。『スイートグリーン』はテクノロジーサヴィでもあり、携帯アプリを通じて事前にオーダー・決済して、店に着いたら専用の棚から自分の注文したものをピックアップするだけですむシステムも導入している。「健康的な食生活」だけでなく「時間の節約」も提供しているのだ。

男性客に好まれるサラダの理由

『スイートグリーン』は幅広い客層をつかんでいるものの、ミレニアル世代の男性が特に目立つ。サラダというと女性に特に好まれる気がするが、『スイートグリーン』では、時には半分、または半分以上が男性客ということが珍しくない。「スイートグリーンファン」を自認する30代前半のミュージシャンの男性にどういうところが好きか聞いてみたところ、「wifiが無料、店内が清潔でシンプル、ローカルな野菜を使っていて生産元が明確にされている、遅い時間まで開いている、作っているところが見える裏表のなさ、従業員が多様」との答えが返ってきた。

味もおいしく、サラダだけでもボリュームがあっておなかがいっぱいになる。自分で好きな具をミックスしてサラダをつくってもらうこともできるが、既成のサラダの中で特に人気が高いのは、オーガニックのワイルドライス、ケール、リンゴ、ローストしたスイートポテト、ゴートチーズなどが入っている「ハーベストボウル」だ。

ケールにパルメザンチーズ、ローストチキン、トマトなどをミックスしてシーザードレッシングをかけた「ケール・シーザー」も人気メニューの1つになっている。

sweet green (55th + Park)

住所
66 E 55th St, New York, NY 10022
電話番号
646-859-0100
営業時間
10:30~22:00、土・日11:30~20:00
定休日
無休
公式サイト
http://www.sweetgreen.com/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

極上「ステーキ」も食べられる、絶品フレンチはボリューム満点! なのに超ヘルシーな『医学会キッチン』
極上「ステーキ」も食べられる、絶品フレンチはボリューム満点! なのに超ヘルシーな『医学会キッチン』

1.食材の安全性は最低でもオーガニック。今調達できる最高レベルを選りすぐり 2.ローカーボやグルテンフリーなど話題の食事法をドクターが監修。栄養素を壊さない調理法 3.医療の側面をまったく感じさせないフランス料理を大捕智之シェフが華やかに仕上げる

松井一恵
文筆家
個性的な空間で楽しむアフタヌーンティー! フードがおいしく、ヘルシーなセットもあると話題
個性的な空間で楽しむアフタヌーンティー! フードがおいしく、ヘルシーなセットもあると話題

【連載】NYスタイル、進行形  世界最新の食トレンドを生み出し続ける、ニューヨーク。日々新しいスタイルが提案されるこの街で、生き残るのは至難の技。そんなニューヨークのトレンドに敏感な街の「賢人」の琴線に触れた店とは?

杉本佳子
ファッションジャーナリスト兼美容食研究家