パリで大人気の「トリュフ専門店」が日本初上陸! サラダからデザートまで超絶トリュフまみれの食体験

2017年09月07日
カテゴリ
トレンド
  • 六本木
  • 初上陸
  • フレンチ
  • イタリアン
  • 専門店
パリで大人気の「トリュフ専門店」が日本初上陸! サラダからデザートまで超絶トリュフまみれの食体験
Summary
1. パリ本店を忠実に再現。サラダからデザートまでトリュフを堪能
2. 開放感あふれるテラス席。休日のブランチからデートまで気軽に使える
3. 絶品! ハチミツからポテトチップスまでトリュフ入り商品も必見

パリで大人気の「トリュフ専門店」が日本にやってきた!

世界三大珍味の一つとされ、「黒いダイヤモンド」とも呼ばれる高級食材トリュフ。名前を聞けば、その香りを思い浮かべることができるほど、芳醇な香りが魅力的な食材だ。

そのトリュフをカジュアルに楽しめる店「Artisan de la TRUFFE Paris(アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリ)」が六本木ミッドタウンに7月14日オープンした。

本店はパリの老舗デパート「ベー・アッシュ・ヴェー(BHV)」内にあり、上質なトリュフを堪能できる店としてパリでも大人気だ。日本初進出の旗艦店舗としてオープンした六本木ミッドタウン店は、メニューから内装までパリ本店そのままを再現している。

店内は天井までの大きなガラスウィンドウの外に、緑の景観が美しいテラスが広がり、心地よい開放感に包まれる。

黒いタイルや壁面に鏡を使った内装はモダンでシック。テーブルに飾られた、ゴツゴツした黒いランプはトリュフを模したものだとか。パリらしいエスプリを感じる。

パリ本店との違いは、なんといっても、より本格的な料理が楽しめるところにある。

シェフを務める佐藤茂樹さんは、『HÔTEL DE MIKUNI(オテル・ドゥ・ミクニ)』本店で10年間腕を磨き、渡仏後、「マンダリン オリエンタル 東京」にあるフレンチレストラン『シグネチャー』で経験を積むなど若いながら実力派のシェフだ。

佐藤シェフが披露してくれるのは、トリュフを気軽に味わうという本店のコンセプトはそのままに、さらに一歩進んで完成された一皿。

料理を盛りつける器も、パリ本店の了承を得てオリジナルを用意するほどのこだわりぶりだ。

ふわっふわの卵に芳醇な香りがたまらない「トリュフをたっぷり使ったスクランブルエッグ」

メニューはコースでもアラカルトでも楽しめる。クラシックメニューはパリ本店のレシピを再現したメニュー。まずは「トリュフをたっぷり使ったスクランブルエッグ」(写真上)でシンプルに楽しみたい。

卵はトリュフと抜群に相性の良い素材。ふわふわの卵にフワッと鼻に抜けるトリュフの芳香がたまらない。スライスされたふんだんなトリュフになんとも豊かな気分になれる。

「リコッタチーズとセップ、トリュフを贅沢に詰め込んだラヴィオリ」(写真上)は、本店と同じレシピでパスタは手作り。フォンもフランス本国から取り寄せるのではなく、キッチンで手作りしている。

「きちんとした料理を作りたい」という佐藤シェフのこだわりが、シンプルな料理にこそ生かされていると実感できる一品だ。

「和牛のロティ」はコースでいただける本日の肉料理の一つ。本格的なキッチンを備えたこちらの店だからこそ実現したメニュー。

トリュフとマデラ酒で作るソース・ペリグーは肉料理の王道ソース。トリュフ専門店ならではの贅沢な味わいを堪能したい。

トリュフを使ったデザートは、何万円もするコースでしかお目にかかれなかったりするが、こちらではアラカルトで楽しむことができる。おすすめは「トリュフにまみれたボネ」。

ボネとは、チョコレートを使ったイタリアの伝統的なお菓子。スライストリュフで飾られている他、生クリームにもトリュフをしのばせ、トリュフペーストが添えられている。まさにトリュフづくしのデザートだ。

トリュフにも旬がある! 四季折々のトリュフをカジュアルに楽しもう

主に使用しているトリュフは、パリ本店と同様に厳選された南フランス、プロヴァンス産のもの。「トリュフの魅力のひとつが四季を感じられること」と聞くと驚かされる。

例えば、サマートリュフは香りが主張しすぎず、トリュフとは合わないと言われるシトラスやレモンといった食材にもマッチする。初秋から出回る秋トリュフは、より香りが濃厚になり、断面もサマートリュフより濃い色になる。

また秋には、イタリア、アルバ州でとれる白トリュフも登場。黒トリュフより希少と言われ、品の良い香りが特徴だ。

冬トリュフは、さらにぐっと香りが増し、希少性も高く、より贅沢な食材となる。スペシャルなクリスマスディナーには欠かせない存在だ。

四季折々のトリュフをカジュアルに楽しめるのも同店の魅力のひとつだろう。

トリュフ入りの塩やオイル、ハチミツ、ポテトチップスなどの商品もお見逃しなく。人気は「サマートリュフ入りハチミツ」。

「デザートでそのおいしさを知ったお客様がお買い上げになることがよくあります」と佐藤シェフ。アイスクリームにかけたり、ラムやブランデーに入れたりと、香りを楽しむことができる。

いずれの商品もライセンス契約を結んで販売しているため、価格が現地価格とほぼ同じで、とてもリーズナブルになっている。

平日はランチタイムとディナータイムに分かれるが、土日・祝日は通しで営業。天気のいい日は、テラスでランチを楽しんで、そのあと、デザートでゆっくり午後まで過ごすといった優雅なひと時が過ごせそうだ。

トリュフが持つ多彩な魅力を堪能してみてはいかがだろうか。

【メニュー】
トリュフをたっぷり使ったスクランブルエッグ クラシックスタイル 1,500円
リコッタチーズとセップ、トリュフを贅沢に詰め込んだラヴィオリ 2,200円
トリュフにまみれたボネ 1,300円
コース
ランチコース 1,800円、2,500円、3,700円
ディナーコース 4,800円、6,000円
※価格は税抜き
※価格は変更予定あり
※テーブルチャージ料として別途1人につき300円

Artisan de la TRUFFE Paris(アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリ)

住所
〒107-0052 東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガーデンテラス1F D-0118
電話番号
03-5413-3830
営業時間
平日11:00~15:30(L.O.14:30)、17:30~23:00(L.O.22:00)/土日祝11:00~23:00(L.O.22:00)
定休日
公式サイト
http://artisandelatruffeparis.jp/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

じっくり焼き上げた「塩麹ローストポーク」が絶品! 発酵食を活かす「隠れ家レストラン」がすごすぎた
じっくり焼き上げた「塩麹ローストポーク」が絶品! 発酵食を活かす「隠れ家レストラン」がすごすぎた

1.東京・狛江で創業116年の老舗酒店『籠屋 秋元商店』がレストランをオープン 2.料理のテーマは”発酵”。麹や酒粕を使ったヘルシーかつ満足感のあるメニューがそろう 3.クラフトブルワリー併設。料理と共にオリジナルのクラフトビールを堪能しよう

中村結
ライター
『bills 横浜赤レンガ倉庫』に春色パンケーキが登場!海外で話題の”マイクログリーン”をトッピング
『bills 横浜赤レンガ倉庫』に春色パンケーキが登場!海外で話題の”マイクログリーン”をトッピング

1.『bills 横浜赤レンガ倉庫』でしか食べられない「ベリーベリーパンケーキ」が、3月末まで期間限定レシピで登場! 2.ストロベリーを主役にした、まるでイチゴ畑のような見た目に大変身 3.トッピングに使用した「ムラメ」は、海外で”マイクログリーン”と呼ばれる人気の食材

dressing編集部