『エビス バインミー ベーカリー』に行けば分かる! 本場ベトナムサンドイッチ、大ブームの予兆

2017年10月06日
カテゴリ
トレンド
  • 恵比寿
  • サンドイッチ
  • ベトナム料理
  • 専門店
  • 東京
『エビス バインミー ベーカリー』に行けば分かる! 本場ベトナムサンドイッチ、大ブームの予兆
Summary
1.スタッフが現地の研修で修得した本格派「バインミーサンドイッチ」が楽しめる
2.具材は現地で定番の焼肉をはじめ、自家製ハムやレバーパテ、揚げ魚など様々
3.こだわりのベトナムコーヒーはバインミーサンドイッチとの相性が抜群

ベトナムの本格派バインミーが日本で食べられる!バインミーサンドイッチ専門店が恵比寿にオープン

ベトナム料理を代表する料理といえば「フォー」や「生春巻き」が挙げられるが、もうひとつベトナムの食文化で外せないのがパン。

かつてフランスの植民地だったベトナムは今でもパン食の名残があり、現地でもフランスパンで挟んだベトナムサンドイッチが屋台で販売されている。

それが「バインミーサンドイッチ」である。そんなベトナムの本格派サンドイッチが食べられる専門店『EBISU BANH MI BAKERY(エビス バインミー ベーカリー)』が2017年8月8日に、恵比寿にオープンした。

『エビス バインミー ベーカリー』が店舗を構えるのは、JR恵比寿駅からすぐ近くにある「えびすストア」内。「昔ながらの古き良き商店街で、老舗のレトロ感がベトナムの現地の雰囲気に限りなく近い」という理由で、こちらの場所にオープンした。

外はパリパリ、中は軽くてサックリ!ベトナム本来の製パンにこだわった「バインミー」

「バインミー」とは、ベトナム語で「パン」のこと。このバインミーで様々な具材を挟んだサンドイッチが「バインミーサンドイッチ」なのだ。

店長の片岡亨さんはスタッフとベトナムに行き、2週間の住み込み研修で「バインミー」製法の技術を基本から忠実に学んだ。

しかし、ベトナムと日本では気候も違えば使う粉も違う。日本に帰ってきて実際バインミーを作ってみたら、高級フランスパンのような完成されたパンができ上がったそう。「もちろん完成されたパンはおいしい。けれども作りたいのはこれではない、と様々な粉で施策を繰り返しました」(片岡さん)

試行錯誤を重ねて作った「バインミー」は、ハード系のフランスパンとは違い、外はパリパリ、中は軽くてサックリとした食感のもの。焼き上がりの時に生まれる表面の大きな気泡が特徴だ。

パンは生地をミキシングするところから発酵させて焼き上げるまで全部の工程を店内のキッチンで行なっている。

甘塩っぱい現地独特の味を再現!バインミーサンドイッチの大定番「焼き豚肉のバインミー」

バインミーに挟む具材はハムやレバーパテ、焼肉、揚げ魚など実に様々。その中でもベトナムでは大定番のサンドイッチが「焼き豚肉のバインミー」(写真上)。

こちらは、オイスターソースとシーズニングソース、ヌクマムとスパイスで甘辛く味付けして焼いた豚バラ肉に、パクチー、大葉、バジルを混ぜた「クエイ」、ナマスの酢漬けを豪快に挟んだもの。

パンの気泡に甘辛い肉汁がしみ込んだ絶品のサンドイッチは、バインミー初心者にもオススメ。

自家製パテとサクサクのバインミーがよく合う! もう一本追加したくなる「自家製パテのバインミー」

「自家製パテのバインミー」(写真上)は、店内で作っている自家製のパテと、「クエイ」やナマスの酢漬けを挟んだサンドイッチ。

本場ベトナムのパテはクセがあるので、パテをミキシングして日本人向けに食べやすくアレンジしている。

ナマスの酢漬けとパテの濃厚な味がサクサクのバインミーによく合い、もう一本追加したくなる。ぜひ自家製パテとバインミーの相性を確かめてみてほしい。

本場ベトナムコーヒーはバインミーサンドイッチとの相性が抜群!

ベトナムと言えばコーヒーも有名。バインミーにはこだわりの「KUKUベトナムコーヒー」を合わせるのがオススメ。

「KUKUベトナムコーヒー」は、酸味がほとんどなくエスプレッソのような濃厚な深みとココアのような味が特徴。そこにコンデンスミルクを入れて飲むのがベトナムの飲み方だ。

飲めば飲むほどに癖になる深い味わいの「KUKUベトナムコーヒー」は、もちろんバインミーとの相性はバツグン。

片岡さん(写真上)は、お笑い芸人として活動していた経歴を持つ。芸能界引退後、イタリア料理などの飲食店に勤務。イタリアンで培った経験をもとにベトナム本来の製パン方法にこだわったバインミーサンドイッチ専門店を立ち上げた。

今やベトナムの国民食とも言えるバインミーサンドイッチは、ベトナムのリアルな生活、食文化から培った「ベトナムの味」。東京ではじわじわと専門店も増えてきており、ブームの予兆も感じる。

その中でも、べトナムの本格的なバインミーサンドイッチの味を『エビス バインミー ベーカリー』で体験してほしい。

【メニュー】
焼き豚肉のバインミー 630円
自家製パテのバインミー  630円
KUKUベトナムコーヒー(セット) 250円
※価格は税込

EBISU BANH MI BAKERY(エビス バインミー ベーカリー)

住所
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-8-14 えびすストア内
電話番号
03-6319-5390
営業時間
11:00~20:00
定休日
日曜
公式サイト
http://ebis-banhmi.com

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

日本一、作るのが面倒な「餃子」とは? ウマすぎて、餃子LOVE芸人も唸った無類の「餃子BAR」
日本一、作るのが面倒な「餃子」とは? ウマすぎて、餃子LOVE芸人も唸った無類の「餃子BAR」

1.中野に“日本一作るのが面倒くさい”餃子が食べられるBARがあった! 2.料理人として異例の経歴を持つシェフが作る餃子は、まさに芸術品 3.BARだけど、ランチやコース料理もあるからいろんなシーンで使える