アメリカの超人気店がぞくぞくオープン! 2017年、日本に初上陸した「アメリカンレストラン」まとめ

2017年10月01日
カテゴリ
トレンド
  • まとめ
  • アメリカン
  • 初上陸
  • スイーツ
アメリカの超人気店がぞくぞくオープン! 2017年、日本に初上陸した「アメリカンレストラン」まとめ
Summary
1.とろ~り半熟卵とチーズで至福の朝を! ブルックリン発の朝食レストラン『egg』
2.これぞアメリカンなボリューム! 六本木『ザ・カウンター』と『ベンジャミンステーキハウス』
3.最強のインスタ映え! 『Serendipity 3表参道』で味わう“伝説のデザート”とは?

アメリカのおいしいものたちが、2017年もたくさん日本にやって来た! ブレックファースト、カスタマイズバーガー、本格ドライエイジングビーフステーキにフォトジェニックなデザート…。いずれもアメリカ国内で大人気の有名店ばかり。どれも日本初上陸と話題性も満点だ。知っていると自慢できる、2017年上半期オープンのアメリカングルメをまとめて紹介しよう。

1. 「池袋で朝食を」が合言葉になりそう!? NYで大人気の朝食レストランが日本上陸!

池袋『egg(エッグ)』はブルックリンで大人気の、アメリカ南部発祥のブレックファーストレストラン。

看板料理は卵を自家製のブリオッシュに乗せて、チェダーチーズをかけて焼き上げた「エッグロスコ」(写真上)。とろけるチーズと卵の黄身が、ほのかな甘みのブリオッシュと相性抜群だ。

使用する卵は、ブルックリンの地元農家でとれる卵に近いものをオーナー自らがリサーチし選んだというこだわりよう。「ホワイトチェダーチーズ入りオムレツ グリルトマト」(写真上)はシンプルながら、こだわりの卵を味わえる贅沢な逸品。

>>>詳しい記事はこちら

2. パティもバンズも、チーズもソースも! 100万通りから作る“マイバーガー”の楽しさ

ロサンゼルス発のカスタムバーガーレストラン『ザ・カウンター』と言えば、“死ぬまでに食べたい20のハンバーガー”として雑誌『GQ』米国版(2005年)にも掲載された人気店。

六本木の日本第1号店では、100万通り以上の自分だけのバーガーを、テーブルでオーダーシートに記入し注文する。

自慢のパティは、ホルモン剤無使用で生育した100%ビーフ。驚きのボリュームはさすがアメリカ!

色々な組み合わせを試して、自分好みのオリジナルバーガーを見つけるのも楽しそう。

>>>詳しい記事はこちら

3. 味もボリュームも本店そのまま! 口コミで超人気のステーキハウスで、絶品熟成肉を堪能したい!

NYの超有名店『ベンジャミン ステーキハウス』が、初の海外店舗として六本木にオープンした。

メニューの主役、USDAプライムビーフのステーキは空輸後に店内の熟成専用庫で最低28日熟成。900度の高温で一気に焼きうまみを閉じ込め、外はカリっと、中は赤身とは思えないほどやわらかな仕上がり。

一番人気の「STEAK(ステーキ)」(写真上)は、骨を挟んで並ぶサーロインとテンダーロインの2種類が楽しめる、ツウも納得の一品。

>>>詳しい記事はこちら

4. メディアで話題! インスタ映えするメニューがそろう、NY老舗カフェが日本上陸

『Serendipity 3(セレンディピティ スリー)表参道』は、1954年にNYで誕生したカフェの日本1号店。本店は映画のロケ地に使われるなど、セレブも多数訪れる人気スポットだ。

看板メニューは「フローズン ホットチョコレート」(写真上・左)。高さ20cmのホイップクリームに思わず歓声が上がる。さらに、日本限定メニューとして抹茶アイスとわらび餅をトッピングしたデザートドリンク(写真上・右)も登場。どちらもインスタ映え間違いなし!

フードメニューも充実し、「エンパイア ステイト オニオンリング」(写真上)など、ビジュアルが楽しくお酒に合う料理も見逃せない。

>>>詳しい記事はこちら

関連記事

イギリスの名車・ジャガーからのXmasプレゼント! 『レフェルヴェソンス』のディナーという特別な夜
イギリスの名車・ジャガーからのXmasプレゼント! 『レフェルヴェソンス』のディナーという特別な夜

1.マッキー牧元さん、高山都さん、斉藤アリスさんが大人気の名店『レフェルヴェソンス』でいただいたのは? 2.南青山でなかなか予約が取れないこの店のディナーにイギリスの名車・ジャガーがご招待 3.12月5~8日の各日1組限定で1人分の食事代をジャガーが負担。世界からゲストが訪れる生江史伸シェフの料理を

松尾大
くるなびエディトリアルプロデューサー